ふりかけ「ゆかり」の意外な歴史 発売当初はまったく売れなかったが...

[みみよりライブ 5up-広島ホームテレビ]2020年2月13日放送「5up!NEWS」のコーナーで、広島発の定番ふりかけ「ゆかり」のヒットのきっかけを紹介していました。

1970年に誕生した三島食品のゆかり。今では同社の看板商品になっています。

しかし、これまでの道のりは順風満帆ではありませんでした。店で売れ残ったまま賞味期限が近づき、返品されることも多かったといいます。

ふりかけ「ゆかり」の意外な歴史 発売当初はまったく売れなかったが...


子供達が「赤いごはん作って」

あることをきっかけに、ゆかり人気に火がつきました。給食です。

ゆかりは、発売から2、3年後に東海地方の学校給食に使われることになりました。すると、子どもから「給食と同じ『赤いごはん』作って」と言われた保護者から、学校に問い合わせが相次いだそうです。

それからゆかりは三島食品を代表する商品になっていきます。

三島食品の工場に潜入。中に入るとゆかりのエプロンを身にまとった人たちが。漬け込んだ赤しそが1樽60キロで工場に届き、赤しそを細かく裁断。脱水したものを調味料と合わせ、味付けし、乾燥させると普段食べているゆかりの状態に。

数々の厳しいチェックに合格したものが袋詰めされ、消費者のもとに届けられていくのです。

ゆかりが返品されることが多かったとは知りませんでした。ヒットにつながったきっかけが広島の学校ではなく、東海地方の学校給食に使われてブームになったと知り、驚きです。

(ライター:tama35)

あわせて読みたい

Jタウンネットの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「ふりかけ「ゆかり」の意外な歴史 発売当初はまったく売れなかったが...」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    東海地方出身ではありませんが、70年代終わりの頃、保育園に通っていた時に、給食にゆかりご飯が出て来てました。 現在海外在住ですが、アジア系スーパーでたまにゆかりの素を買って食べてます。

    1
この記事にコメントする

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月24日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。