普通の食器と何が違う? 「パスタ専用フォーク」の秘密

[OH!バンデス - ミヤギテレビ] 2020年3月19日放送の「バンデス×Chu!」のコーナーで、パスタ専用のフォークについて紹介していました。

宮城のお隣・福島で作られた「パスタ専用フォーク」が紹介されました。

このフォークは先端が「二股」に分かれているのが特徴。樹脂で作られていて、長さはおよそ18センチ。軽い力で一口サイズが巻けて、とても食べやすいとのこと。

普通の食器と何が違う? 「パスタ専用フォーク」の秘密

これがパスタ専用フォーク(三義漆器店公式サイトより)

こだわりの逸品

このフォークを開発したのは、会津若松市にある三義漆器店。3年ほどかけてこのアスタ専用フォークを開発したそう。

漆器でパスタフォークとはとても新しい発想ともいえますが、

「売れなくても何かこだわったものを作りたい」

との思いで作ったそう。

実はこのフォーク、二股に分かれている先がえぐれていて、抱き込み構造になっていいます。そこに麺の摩擦が加わって、フォークに絡みやすい作りになっているとのこと。

今までにない、見た目もお洒落なフォークですね。

(ライター:rin.)

あわせて読みたい

Jタウンネットの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月30日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。