麺が見えない... メンマを乗せすぎて「材木置き場」と化したラーメンが話題に

麺が見えない... メンマを乗せすぎて「材木置き場」と化したラーメンが話題に

好陽軒(画像は@pegasus_119さん提供)

田中さんによれば、話題となったメニューは「メンマ」(税込1200円)で、別名「竹」とも呼ばれる。鶏のあっさりしたスープを使用したラーメンだ。「竹」はスタンダードなタイプだが、この他にも「大盛メンマ」や「スペシャルメンマ」などが存在する。

「メンマの量が少ないと言われたことはありません。多すぎると言われてしまうのでおすすめはしてませんが、注文される方は多いです」

「竹」についてこう説明する田中さん。看板メニューと行っても過言ではないのに、特におすすめしているわけではないらしい。いったいどれほどのメンマがのっているのか、気になるその量を聞いてみたが、

「本数は数えたことがないし、重さを量ったこともないです。薄く切れば本数は増えるし、水ぶくれしたら重くなりますから」

とのことだ。

見た目はそれこそ木材のように固そうだが、食感はどうだろうか。

3、4時間かけて食べに行ったというツイッターユーザーの@pegasus_119さんは「柔らかいというか食べ応えがあるメンマです」とコメントしている。

田中さんによれば、好陽軒のメンマは独自の手法で1週間かけて仕込む。乾物のメンマは食感を気にしなければ2日ほどで戻せるが、「固くもなく柔らかくもない、ほどよい食感」にこだわっているという。

お客さんは女性が多い

そしてもう一つ驚きなのが、注文しているのは女性が多いということ。田中さんによれば「食物繊維が多く、おなかの調子が良くなる」という理由で人気なのだとか。

ここで「材木置き場」という呼び名が実際に使われているのか聞いてみると、

「そんな感じですね。そう呼ばれる方もいます」

と田中さん。メンマがツイッターで話題になったことについて「お客さんに教えてもらって知りました、ありがたいことです」と話していた。

ちなみに「竹」に使用しているメンマは、好来系ラーメンの蔘好来(しんこうらい、中区)と、田中さんの息子が経営する一陽軒(天白区)で、同様の手法で作ったものを使用している。

あわせて読みたい

Jタウンネットの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「麺が見えない... メンマを乗せすぎて「材木置き場」と化したラーメンが話題に」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    以前、津田沼のがばらーめんで、もっとすごいのあったけど。

    1
  • 匿名さん 通報

    食べてみたい。

    1
  • 匿名さん 通報

    メンマメインメン

    0
この記事にコメントする

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月23日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。