他人とは「アヌビスヒヒ5頭分」の距離取って 専門的すぎて全然ピンと来ない動物園の案内が話題

緊急事態宣言が2020年5月14日に解除された広島。店舗や施設に対する休業要請の多くが解除され日常が戻りつつある。

広島市安佐動物公園も18日から一部施設を除いて営業を再開。緊急事態宣言が解除されたとはいえ、新型コロナウイルスの感染対策は引き続き行っていく。

園内ではその一環として、「ほかの人と距離をとってゆっくりお楽しみください」と題した、こんな看板を設置している。

他人とは「アヌビスヒヒ5頭分」の距離取って 専門的すぎて全然ピンと来ない動物園の案内が話題

2メートルなのか...(画像は広島市安佐動物公園提供)

「やっとハレム(群れ)を持ったブラックバックがお気に入りの雌にアピールをがんばる距離」

看板に登場するのは、シカのような角が特徴的なウシ科の動物・ブラックバックだ。

雄のブラックバックはブィブィと鳴きながら「何で、にげるんだよぉ~」とすがりつく。対して雌は「わかんないの?」と冷ややかだ。情けない雄の姿は人間の男女関係に通ずるものがあり、何だかいたたまれない気持ちになる。

なぜいきなりブラックバックの恋愛事情が...と不思議に思うかもしれないが、これは「2メートル」の目安。来園者に保ってほしいソーシャルディスタンス(社会的距離)を動物の知識、時にはユーモアを交えて掲示しているのだ。

広島市安佐動物公園の公式ツイッターでは、このような掲示を19日から複数回にわたって紹介。多くのリツイートやいいねを獲得し、反響を呼んでいる。

来園者は「自主的に間隔あけている」

Jタウンネットは22日、広島市安佐動物公園の企画広報係を取材した。


あわせて読みたい

Jタウンネットの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月23日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。