「君......この池は   」←続きは何? 経年劣化で大喜利素材と化してしまった看板がこちら

屋外に貼り出されているポスターや看板が、経年劣化で色あせているのを見たことがある人は多いだろう。

注意書きの看板は、一番大事な部分を強調するために赤い文字で書く場合も多いのだが、赤や黄色のインクは紫外線を受けると退色しやすい。そのため、長年外に出ていると、文字の一部が消えて「何を言いたいの?」という状態になってしまうこともある。

例えば、こんな風に。

「君......この池は   」←続きは何? 経年劣化で大喜利素材と化してしまった看板がこちら

よごれんさんのツイートより

こちらは、松尾池(岐阜市)にある注意書き。

「君......
この池は」

という文字だけが残り、あとは空白になっている。おそらく余白部分には何かメッセージが書かれていたのだろうが、もはや跡形もない。

「松尾池の景観を守る会」の代表世話人を務めるよごれん(@yogoren)さんが2020年6月9日、

「だから赤色は使うなとあれほど...」

というコメントとともに写真を投稿したところ大きく注目を集め、

「めっちゃ、気になる」
「これがホラーゲームによくある『文字が消えていて読めない』ってやつか...」
「消えた文字の謎が逆に怖さを醸し出してる...」

など話題になっている。

そのほか、この写真をまるで大喜利の素材のように加工するユーザーも。こうした動きには、よごれんさんも、続く投稿で「もはや大喜利用看板と化した感がありますが...」とつぶやいていた。

続く言葉は...?

Jタウンネット編集部の取材に応じたよごれんさんによると、写真は5月23日に撮影したもので、注意書きは池の南側のフェンスに取り付けられていたものだ。


あわせて読みたい

Jタウンネットの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月9日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。