これは二度見しちゃう 事実しか書いてないのに危険に見える水筒が話題

これは二度見しちゃう 事実しか書いてないのに危険に見える水筒が話題

「職質されても責任は負いかねます」

そんなコメントとともに紹介された水筒が、ツイッターで注目を集めている。

持っているだけで職務質問の危険があるとは、いったいどんな水筒なのか。早速ご覧いただこう。

これは二度見しちゃう 事実しか書いてないのに危険に見える...の画像はこちら >>

危なそう...(もにゃゐずみさんのツイートより)

こちらはツイッターユーザーのもにゃゐずみ(@Monyaizumi)さんによる2020年7月10日の投稿。写真に映っているのは、危険な雰囲気が漂う容器。素手では触れられないような薬品が入っていそうだ。

しかしコレは、ただの水を入れるための水筒だという。

デカデカと書かれた「一酸化二水素」という怪しそうな物質は、化学式で書けば「H2O」。つまり水のこと。

「使用上の注意」にもびっしりと記載があるものの、よくよく読むと

「手などの皮膚に長時間触れるとふやけて剥離することがあります」「加熱した際は皮膚に触れないようにしてください。重篤なやけどの原因になります」「固体化した際は長く皮膚に触れないようにしてください。凍傷の原因になります」

など、考えてみれば当たり前のことばかりが書かれている。

これは二度見しちゃう 事実しか書いてないのに危険に見える水筒が話題

もにゃゐずみ(@Monyaizumi)さんのツイートより

取材に応じたもにゃゐずみさんは、水をあたかも危険物質のように表現する「理系あるあるジョーク」が大好きだという。それを応用し、水筒を化学容器に見立てることができれば面白くなるかもしれないと考えたそうだ。

自分用に作ってツイートしたところ、「欲しい」という声が多く寄せられたためリメイクし、10日から販売を始めたそうだ。


当時の記事を読む

Jタウンネットの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月19日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。