ウィンナーコーヒーはなぜ「ウィンナー」なのか 意外と知らないカフェ用語の由来

ウィンナーコーヒーはなぜ「ウィンナー」なのか 意外と知らないカフェ用語の由来

[ちちんぷいぷい-毎日放送]2020年12月23日放送の「へえ~のコトノハ」のコーナーでは、カフェでよく目にする言葉の由来を紹介していました。

番組が訪れたのは、1946年創業の老舗店「純喫茶アメリカン」(大阪市)。同店のメニュー表を見ながら、そこにあるカフェ用語を調査していました。

ウィンナーコーヒーはなぜ「ウィンナー」なのか 意外と知ら...の画像はこちら >>

カフェ用語の由来を調査(画像はイメージ)

パフェとサンデーの違いって?

まず取り上げたのは「アメリカンコーヒー」。

これは和製英語で、アメリカの西部開拓時代、ドリップマシーンがなかったため浅煎りのコーヒーを飲むスタイルが誕生。そこからアメリカ人が好むコーヒー=「アメリカンコーヒー」となったとのこと。

アメリカ人が薄いコーヒーを頼むときは「Weak Coffee(弱めのコーヒー)」と注文するそうです。

「ウィンナーコーヒー」の由来は、オーストリアのウィーンから。

しかし本場オーストリアでは「ウインナーコーヒー」ではなく、「アインシュペンナー」(=一頭立ての馬車)と呼ばれています。馬車の御者が休憩中に飲むコーヒーが冷めないように、クリームでふたをしたのが由来とのこと。

コーヒーとクリームの量が半々くらいで、日本のウィンナーコーヒーとは見た目が違うようです。

ところで、メニュー表に「サンデー」と「パフェ」がありましたが、いったい何が違うのでしょうか?

「サンデー」はアメリカのアイスクリーム店で毎週日曜日に売られていたことが由来で、「パフェ」はフランス語で「完全な」という意味から「完璧なデザート」を表すとのこと。誕生した国が違うだけで中身は同じです。

ただ、「サンデー」は平皿で出されることが多いようです。

キリスト教文化では日曜日は安息日。

パフェのような華美で豪華なものはあまり食べないほうが...ということで、ちょっと簡素化したデザートが始まったという説もあるようでした。

(ライター:まみ)

当時の記事を読む

Jタウンネットの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月11日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。