あのゴディバでさえ、名古屋に来るとこうなります そのお味は「ご令嬢のしるこサンド」

あのゴディバでさえ、名古屋に来るとこうなります そのお味は「ご令嬢のしるこサンド」
拡大する(全3枚)

トーストに小倉あんを乗せた「小倉トースト」や、ビスケットにあんこが挟んだ「しるこサンド」――名古屋の人は、あんこが大好きだ。

では、そんな名古屋に、高級チョコレートで有名な「ゴディバ」が来たらどうなるか?

2021年夏、名古屋めし料理家のSwind(@swind_prv)さんが投稿したツイートにをきっかけに、こんな商品が注目を集めた。

あのゴディバでさえ、名古屋に来るとこうなります そのお味は「...の画像はこちら >>
「ゴディバが名古屋に来るとどうなるか?
知らんのか

あんこが挟まる」

Swindさんがそう呟きながら紹介したのは、東海エリア限定の「あんバタークッキー」。

名古屋人のあんこへの熱意がゴディバにまで影響を及ぼしたのだろうか。ツイッターでは、こんな声が寄せられている。

「さすが名古屋......」
「名古屋恐るべし!」
「これは食べたい!」
「きっと合うんです あんこ最強です」

ゴディバ×あんこ......いったいどんな味なのか。Jタウンネット記者は、「あんバタークッキー」を実食したSwindさんに、感想を聞いた。

「ご令嬢のしるこサンドですね」

「あんバタークッキーですが、『ご令嬢のしるこサンド』ですね(笑)
 さくっとしたラングドシャクッキーと、間に挟まれたあん入りホワイトチョコレートにほのかなあんの風味が上品にまとまっております。また、香りがとっても華やかで、さすがGODIVAと唸らされました」(Swindさん)

「ご令嬢のしるこサンド」......なんて上品な響きだろう。

ただの「しるこサンド」ならバリバリ食べてしまうが、「ご令嬢のしるこサンド」なら、そっと指でつまんでお茶と一緒に頂く......そんなイメージが湧いてくる。


この記事の画像

「あのゴディバでさえ、名古屋に来るとこうなります そのお味は「ご令嬢のしるこサンド」」の画像1 「あのゴディバでさえ、名古屋に来るとこうなります そのお味は「ご令嬢のしるこサンド」」の画像2 「あのゴディバでさえ、名古屋に来るとこうなります そのお味は「ご令嬢のしるこサンド」」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Jタウンネットの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク