あなたの家のブロック塀、実は「普通」じゃないのかも? 地域ごとに特徴違う「透かしブロック」の奥深い世界
拡大する(全5枚)

日本中どこにでもある「ブロック塀」。あまりにもありふれた存在で普段意識することは少ないかもしれないが、意外にもその世界は深い。

例えば、こんなブロック塀を見たことがあるだろうか。

あなたの家のブロック塀、実は「普通」じゃないのかも? 地域ご...の画像はこちら >>

こちらツイッターユーザーのblockwork(@greatblockwork)さんが2022年5月24日に投稿した写真だ。

ブロック塀には、通気性や装飾性を確保するために穴の空いた「透かしブロック」と呼ばれるものがある。3つの山が重なったようなデザインになっている「青海波」と呼ばれるデザインが代表的だが、投稿に映っている透かしブロックは、なんと魚のデザインになっているのだ。

この写真はblockworkさんが、北海道函館市内で撮影したものだという。海の幸が豊富な北海道ならではのデザインなのかもしれない。

よくぞ見逃さなかったと感心してしまうが、blockworkさんにはある趣味があるのだ。

まだまだあった驚きの「透かしブロック」

blockworkさんの趣味は「ブロック塀」探索。

15年ほど前からこれまでに、5000以上のブロック塀を撮影してきたと語る。しかも、全国各地で。

その記録を見ていくと「透かしブロック」がいかにバリエーション豊富なのかがわかる。

あなたの家のブロック塀、実は「普通」じゃないのかも? 地域ごとに特徴違う「透かしブロック」の奥深い世界

こちらは島根県にあったブロック塀。青海波の上に設置されているのは鳥の透かしブロックだ。青海波と鳥の組み合わせで縁起の良いとされる「波に千鳥」を表しているのだろうか。

動物のデザインもインパクト抜群だが、植物の柄でも珍しいものがあるそう。続いて紹介するのは、徳島県内で出会ったという、チューリップ模様の透かしブロックだ。


この記事の画像

「あなたの家のブロック塀、実は「普通」じゃないのかも? 地域ごとに特徴違う「透かしブロック」の奥深い世界」の画像1 「あなたの家のブロック塀、実は「普通」じゃないのかも? 地域ごとに特徴違う「透かしブロック」の奥深い世界」の画像2 「あなたの家のブロック塀、実は「普通」じゃないのかも? 地域ごとに特徴違う「透かしブロック」の奥深い世界」の画像3 「あなたの家のブロック塀、実は「普通」じゃないのかも? 地域ごとに特徴違う「透かしブロック」の奥深い世界」の画像4
「あなたの家のブロック塀、実は「普通」じゃないのかも? 地域ごとに特徴違う「透かしブロック」の奥深い世界」の画像5