異界と交わってしまいそう... 「逢魔が刻」の奈良の古刹が、怖いくらいに美しい
拡大する(全1枚)
「化物とすれ違いそうな逢魔ノ刻」

そんなコメントと共に投稿された写真が、ツイッター上で話題になっている。

異界と交わってしまいそう... 「逢魔が刻」の奈良の古刹が、...の画像はこちら >>

こちらはツイッターユーザーのTAKU(@maybeeeeem)さんが2022年6月20日に投稿した写真。夕焼けで真っ赤に染まり上がった田園風景は、どこか妖しげな者の訪れを感じさせるような、ただならぬ雰囲気を醸し出している。

水田に反射しているのは、聖徳太子ゆかりの法起寺(奈良県・斑鳩町)の三重塔。現存最古の三重塔で、国宝に指定されている。

投稿者によると秋にはコスモスで彩られまた違った景色を見せるという。

TAKUさんが投稿した1枚には、ツイッター上でこんな反応が寄せられている。

「あっ。確実に出るタイミングやな...」
「鬼滅で出てきそう」
「確かに、何やら出そうな雰囲気があるね...」

この世のものとは思えない光景に、身の危険を感じるツイッターユーザーが続出している。

いざ目の前にすると、逃げ出す前にその美しさに魅入られてしまいそうなのがより恐ろしい。(ライター:Met)