海のほとりにひっそり佇む、世にも珍しい「青い鳥居」 どうしてこんな色になったの?知られざる歴史に迫る
拡大する(全3枚)

神社の鳥居といえば、朱色のものを思い浮かべる人がほとんどだろう。

しかし、中にはこんな珍しい色をした鳥居も存在する。

海のほとりにひっそり佇む、世にも珍しい「青い鳥居」 どうして...の画像はこちら >>

こちらは、九州在住のツイッターユーザー・埋火(@akeyoake)さんが2022年6月22日に投稿した写真だ。山を背景にひっそりと建っている小さな神社。その前の階段と少し離れた位置には、赤ではなく青く塗られた鳥居が並んでいる。

埋火さんが「青い鳥居」を発見したのは、5月の初めごろ。場所は宮崎県延岡市東海(とうみ)町の海岸にある港神社。まさに、海の目の前にある神社だ。

「宮崎に住んでいる親戚に『この付近に何やら変わった鳥居がある』と聞いてやってきました。
現地には目立った案内板もなく、半信半疑で海辺の道沿いをウロウロしていると、親戚の話の中で出てきたようなそれっぽい場所にたどり着きました。
そして海に続く道を降りると、明け方のひっそりと静まり返った暗い入り江の奥のほうで、鳥居の青色が浮かびあがっていたので、これが例の場所なんだと思いました」(埋火さん)

普段と見慣れない色なだけで「こうも印象が変わるんだと驚きました」という埋火さん。朱色の鳥居ばかり見てきたためにずっと違和感が拭えず、夢の中の光景にしか思えなかったという。

この鳥居、一体どうして青いのだろうか? Jタウンネット記者がその謎に迫った。

船底用の青い塗料を使った?

港神社の鳥居は、なぜ青いのか。記者はまず延岡市役所や市役所の東海町支所、市の観光協会に尋ねてみたが、有力な情報は得られなかった。


この記事の画像

「海のほとりにひっそり佇む、世にも珍しい「青い鳥居」 どうしてこんな色になったの?知られざる歴史に迫る」の画像1 「海のほとりにひっそり佇む、世にも珍しい「青い鳥居」 どうしてこんな色になったの?知られざる歴史に迫る」の画像2 「海のほとりにひっそり佇む、世にも珍しい「青い鳥居」 どうしてこんな色になったの?知られざる歴史に迫る」の画像3