この発想はなかった...! 身近な「アレ」の内側で、SF的空間が発見される
拡大する(全3枚)

ごく身近にある物でも、ほんの少し見方を変えるだけで新たな発見があるかもしれない──。

そんなことを考えさせてくれる写真が、ツイッター上で話題になっている。

この発想はなかった...! 身近な「アレ」の内側で、SF的空...の画像はこちら >>

こちらは、 東京都在住のフリーカメラマン・金本凜太朗さんが 2022年 6月16日、自身のツイッターアカウント(@torintaro)に投稿した写真だ。

丸みのある緑色の空間。上の方には窓のようなものがあって、近未来の建物の中のような雰囲気だ。

この写真に、ツイッター上ではこんな声が。

「テントや宇宙船の中みたいでワクワクしますね」
「発想が天才すぎる...!」
「『封筒の中の宇宙』っていう写真集ができたら買っちゃいそうです」

一体、これは何なのか。金本さんは写真にこんなつぶやきを添えている。

「突然封筒の中を撮りたくなったので撮ってみた。水道料金通知書はSF感強めの空間」

ふと中を覗いてみたら...

普段はあまりまじまじと見ることはない「封筒の中」で待っていた、意外な発見。

23日、Jタウンネット記者の取材に応じた金本さんによると、「封筒の中身」を撮影したのは16日のことだ。

「次々と届く支払いの封筒を整理していて少し憂鬱な気持ちになりつつ、ふと開いて中を覗いてみると鮮やかな色と模様で溢れていたので、カメラで撮ってみるとより綺麗に写るのではないかと思いました」(金本さん)
この発想はなかった...! 身近な「アレ」の内側で、SF的空間が発見される

金本さんが撮影したのは、緑色の水道料金、茶色の市税・県民税、ピンク色の国民健康保険料の通知のために使われていた3つの封筒だ。


この記事の画像

「この発想はなかった...! 身近な「アレ」の内側で、SF的空間が発見される」の画像1 「この発想はなかった...! 身近な「アレ」の内側で、SF的空間が発見される」の画像2 「この発想はなかった...! 身近な「アレ」の内側で、SF的空間が発見される」の画像3