テリー・ギリアム最新作『ゼロの未来』 日本文化から大きな影響

テリー・ギリアム最新作『ゼロの未来』 日本文化から大きな影響
拡大する(全1枚)

映画『未来世紀ブラジル』、『ブラザーズ・グリム』の監督として知られる鬼才テリー・ギリアムさんの最新作映画『ゼロの未来』が、今年春に開業することで話題のYEBISU GARDEN CINEMA、新宿武蔵野館を皮切りに、5月16(土)より全国公開される。

日本を思わせるような雑多な都市が登場する予告映像と、強烈なアートワークのポスタービジュアルが解禁された。

近未来SFの巨匠テリー・ギリアム
テリー・ギリアムさんは、アメリカに生まれでその後イギリスに国籍を移した映画監督。イギリスの代表的なコメディグループ「モンティ・パイソン」のメンバーの1人であり、これまでに『未来世紀ブラジル』、『12モンキーズ』などの近未来SFや、『ブラザーズ・グリム』、『Dr.パルナサスの鏡』などのファンタジー映画を手がけてきた。

今回、公開となる『ゼロの未来』のポスタービジュアルは『未来世紀ブラジル』や、『12モンキーズ』などの近未来SF映画の巨匠として活躍してきた、往年のギリアムファンの期待に応えるかのような世界観で、幻想的かつ鮮烈なビジュアルに仕上がっている。
ゼロの未来 予告編

主演は、クエンティン・タランティーノ監督作『ジャンゴ 繋がれざる者』でアカデミー賞助演男優賞を受賞しているクリストフ・ヴァルツさん。

併せて解禁となった予告編では、近未来を想起させる冒頭から、孤独に生きる天才プログラマー・コーエンが“ゼロの定理”の解明に挑む中で人々と触れ合い、人の心の葛藤を浮き彫りにしながらも、壮大なスケールを予感させるサイエンス・フィクションとなっている。

テリー・ギリアム監督は、以下のようにコメントし、本作が日本文化から大きな影響を受けていることを明らかにしている。

私が初めて日本を訪れたときに、とても西洋化されたホテルに宿泊し、そのあと秋葉原に行ったんだ。
秋葉原駅で電車を一歩降りると、騒音や映像やダンスをしている姿や洗濯機やタイプライターや踊っている人の姿が目や耳に入ってきて…あんなカルチャーショックを受けたのは生まれて初めてだった。
『ゼロの未来』のオープニング・シークエンスは、私の秋葉原旅行そのものなんだ。

テリー・ギリアム監督のコメント

当時の記事を読む

KAI-YOU.netの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年2月20日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。