はるしにゃんの幾原邦彦論 Vol.2 ウテナと革命の精神分析にゃん

はるしにゃんの幾原邦彦論 Vol.2 ウテナと革命の精神分析にゃん

私、はるしにゃんによる幾原邦彦を論じる原稿の連載第2回目では、『少女革命ウテナ』を取り上げる。

幾原邦彦が原案・監督をつとめた最初の作品でもある『ウテナ』は、1997年に放送され、いまなおカルト的な人気を誇り、アニメ史的にも重要な位置付けとされている。

ここでは、友情と恋愛をモチーフに「永遠の不可能性」を扱った『ウテナ』において、どのように革命が成就されたのか、その物語構造から2回にわけてひも解いていく。

連載記事
Vol.1 少女的理想と現実の狭間にゃん

永遠を欲望することで駆動する物語

『ウテナ』は、王子様に(なりたいと)憧れる女性の主人公が、ヒロインを賭けて、ある閉鎖的な学園で繰り広げられる決闘ゲームに身を投じる様を描いている。

ひと言で言えば、主人公・天上ウテナとヒロイン・姫宮アンシーの「友情」を巡る関係性、桐生冬芽や西園寺莢一といった「決闘者=デュエリスト」たちとウテナの戦い、そして鳳暁生という「男性」=「零落した王子様」を巡る物語である。

デュエルを行う生徒会メンバーは語る。

卵の殻を破らねば、雛鳥は生まれずに死んでいく。我らが雛で、卵は世界だ。世界の殻を破らねば、我らは生まれずに死んでいく。世界の殻を破壊せよ、世界を革命するために!
1話「薔薇の花嫁」桐生冬芽のセリフより



これは、しばしば指摘されるように、独作家ヘルマン・ヘッセの『デミアン』からの援用である。

鳥は卵の中から抜け出ようともがく。卵は世界である。生まれ出んと欲するものは、一つの世界を破壊せねばならない。
ヘルマン・ヘッセ『デミアン』


あわせて読みたい

KAI-YOU.netの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「少女革命ウテナ + 映画」のおすすめ記事

「少女革命ウテナ + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

「少女革命ウテナ + 最終回」のおすすめ記事

「少女革命ウテナ + 最終回」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「宇宙戦隊キュウレンジャー」のニュース

次に読みたい関連記事「宇宙戦隊キュウレンジャー」のニュースをもっと見る

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年3月14日のマンガ・アニメ記事

キーワード一覧

  1. 少女革命ウテナ 映画
  2. 少女革命ウテナ 最終回
  3. 少女革命ウテナ 漫画

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。