supercell ryo約4年ぶり初音ミク曲『罪の名前』 あとがきで心境綴る
拡大する(全1枚)

音楽集団・supercellのryoさんが、ボーカロイド・初音ミクボーカルの新曲「罪の名前」を6月8日に配信限定でリリース。

また、10日にはニコニコ動画に楽曲を投稿。イラストには細田守監督による劇場版アニメ『おおかみこどもの雨と雪』の漫画版を手がけた優さんが起用された。

ryoさんによる「feat.初音ミク」の楽曲リリースは「ODDS & ENDS」以来、3年9カ月ぶり。

ニコニコ動画での再生数は現在までに30万回を突破しており、ユーザーからは「神曲じゃん」「黎明期思い出す」「新参も古参も全員かっさらっていくううう」といった絶賛コメントが投稿されている。

同楽曲はiTunes、レコチョク、moraなどの配信サービスから購入可能。

supercellのコンポーザー・ryoとは?

ryoさんはイラストレーターやデザイナーが集うクリエイター集団・supercellの中心人物であり、作詞・作曲・製作をつとめている。

supercellに固定のボーカルはおらず、1stアルバムでは初音ミクを起用。2ndアルバムまでの楽曲ではnagi(やなぎなぎ)さんを、その後は、こゑださんをゲストボーカルに迎えている。

また、テレビアニメ『化物語』のEDテーマ「君の知らない物語」などでも知られている。

ryo(supercell) feat.初音ミク 『ODDS&ENDS』

ryoさんは個人名義でボカロPとしても活動。代表曲には「メルト」「ワールドイズマイン」「ブラック★ロックシューター」などがある。