「DLsite」新サービス「みんなで翻訳」 同人漫画と翻訳者をマッチング

「DLsite」新サービス「みんなで翻訳」 同人漫画と翻訳者をマッチング
拡大する(全1枚)

日本最大級の二次元コンテンツのダウンロード販売サービス「DLsite」が、作者より翻訳許可の出た日本の同人漫画に対する翻訳作業が誰でも可能になる新サービス「みんなで翻訳」を発表した。

サービスに登録した翻訳者がWeb上で漫画の翻訳を行い、完成された翻訳作品を「DLsite」の専門スタッフが基準に達しているか確認。その上で「DLsite」から販売される(12月からを想定)。

収益は漫画の作者と翻訳者の双方に分配される。翻訳可能なのは英語、韓国語、中国語(簡体字、繁体字)の3ヶ国語。今後の商業漫画への対応も予定している。

11月9日(火)より日本語の漫画の翻訳を行う翻訳者の募集がはじまっているが、現在3000以上の作品の翻訳許可が得られており、このうち好きな作品から作業を開始することができる。

クリエイターと翻訳者のマッチングサービス「みんなで翻訳」

「みんなで翻訳」はクリエイターと翻訳者のマッチングによって、日本の漫画作品を翻訳し世界中に届けるサービス。

翻訳作業システムには、吹き出しとテキストを自動検出機能によって、専用のツールなしにブラウザ上で直感的な翻訳が可能な「Mantra Engine for みんなで翻訳」(Mantra株式会社の漫画専用翻訳システム)が採用されている。

増える海外からのニーズと海賊版

海外でも人気を博している日本の漫画は、近年その需要が急速な高まりを見せている。

しかしながら、そのニーズに翻訳のスピードが追いついていない、というのが現状だ。そのため不可抗力ながら、無許諾のまま翻訳された「海賊版」が多く生まれる要因の一つとなっていた。

「みんなで翻訳」のサービスは、速度とクオリティーを兼ね備えた正規の翻訳作品を、「DLsite」の海外ユーザー124万人および海外ファンに届けることが狙い。

海賊版流布の抑制によって、クリエイターと翻訳者、そしてコンテンツを楽しむ全ての人々が幸せになれる世界の実現を目指す。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

KAI-YOU.netの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

マンガ・アニメニュースランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る
お買いものリンク