米ドラマよりもオモシロい! Netflixのスペイン発『ペーパー・ハウス』がブッチ切リでおススメ!

最近は配信サービスで、英語圏以外のドラマも鑑賞できるようになりましたよね。とはいえ、ついハリウッド作品を見てしまうという人が少なくないと思いますが、食わず嫌いは良作を見逃してしまう原因!そこで今回はハリウッドのドラマよりも見応えアリな、Netflixによるスペインのドラマ『ペーパー・ハウス』を紹介します!

『ペーパー・ハウス』ってどんな作品!?

『ペーパー・ハウス』というタイトルを聞くと、“ハウス=家” でファミリードラマか何かだと勘違いしてしまいそうですが、全く違うタイプのドラマです。

本作は、スペインのマドリードにある造幣局を狙った強奪事件を描くアクションドラマ。

“教授” と呼ばれる謎の男が、犯罪歴のある男女8人をリクルートしてチームを結成。造幣局に11日間にわたり籠城し、24億ユーロ(約3100億円)もの紙幣を印刷して、史上最大の強奪作戦に挑むというスリリングな内容です。

チームのメンバーは本名を伏せ、ベルリンやトーキョー、ナイロビをはじめとする都市の名前で呼ばれます。自分の身元や過去を仲間に明かすことを禁じられ、教授はメンバーと合宿のような体制を取り、緻密な計画を達成するために徹底的な“教育”を施していきます。

そして実行の日。チームメンバーは造幣局に立てこもり、67名の人質を制圧。計画は順調に進んでいたように見えたが…。

ストーリーは造幣局内で起こるハプニングと、外から指示を出す教授の周りで起こる出来事、そして過去が同時に綴られます。

とにかくチームメンバーの個性が強烈で、ラテンのノリでグイグイとストーリーが推し進められるのですが、彼らが計画に加担した動機やキャラクター描写、脚本の練りが緻密かつ巧みなため、全く強引さを感じさせません。

かなり中毒性が高いシリーズで、本当に見だしたら止まらない! かくいう筆者もシーズン1をイッキ見して、シーズン2のリリースを首を長~くして待っていたクチです。

脱獄と強奪でテーマは違いますが、『プリズン・ブレイク』を彷彿とさせるものがあり、極上のクライム・サスペンスを楽しみたい人にイチオシのドラマシリーズです!

では、シリーズに登場するキャラクターを、ネタバレにならない程度に説明していきたいと思います。

アルバロ・モルテ(教授役)

米ドラマよりもオモシロい! Netflixのスペイン発『ペーパー・ハウス』がブッチ切リでおススメ!

https://ia.media-imdb.com/images/M/MV5BYzlmOTVlZjgtMDUxYy00NjEwLTlkYjYtOGUyZGQ0NzdkYWRjXkEyXkFqcGdeQXVyNjUxMTE1NTE@._V1_.jpg

メンバーを教育して、強奪計画中も指示を出すチームのブレイン的存在。

なぜ、彼が造幣局を狙った強奪を計画したのか、その理由もストーリーの中で明らかになります。

計画の実行中に、事件を担当するムリージョ刑事と思わぬ展開になり、事態が予想外の方向へ向かうことに…。

イツィアル・イトゥーニョ(ラケル・ムリージョ刑事)

米ドラマよりもオモシロい! Netflixのスペイン発『ペーパー・ハウス』がブッチ切リでおススメ!

https://ia.media-imdb.com/images/M/MV5BZDgxN2VkYWUtODdhMS00NGQ2LWExNmMtYzBjOWMyYzc4N2E0XkEyXkFqcGdeQXVyNjI4MTY4MjA@._V1_.jpg

強奪計画を解決に導くべく、事件を担当することになる刑事。

夫に虐待された過去を持つシングルマザーでもある彼女の背景や状況も、事件の展開に大きく関わってくるところとなります。

ウルスラ・コルベロ(トーキョー役)

米ドラマよりもオモシロい! Netflixのスペイン発『ペーパー・ハウス』がブッチ切リでおススメ!

https://ia.media-imdb.com/images/M/MV5BZmQxZWExMDktZmQwNS00ZWYyLTlkYjctZDNkNzFkNWM1ZmE5XkEyXkFqcGdeQXVyNDg4MjkzNDk@._V1_.jpg

過去に銀行を襲い、恋人を射殺されたことあるトキオ。

血の気が多い彼女は、かなりのトラブルメーカー。教授に禁止されていたにも関わらず、チームメンバーのリオと恋仲になってしまいます。

ペドロ・アロンソ(ベルリン役)

米ドラマよりもオモシロい! Netflixのスペイン発『ペーパー・ハウス』がブッチ切リでおススメ!

https://ia.media-imdb.com/images/M/MV5BNTkwMmZlZDctOWIyMi00MWQzLWJmYzgtMmQxNjcxNmNmMGQwXkEyXkFqcGdeQXVyNzU5MDY2NDc@._V1_.jpg

チームのリーダー的存在である彼は、不治の病に侵されていて余命いくばもない…という設定。

サイコパス的なところがある一方で、人質に取った女性に恋してしまうという繊細な面も持ち合わせています。

ミゲル・エラン(リオ役)

米ドラマよりもオモシロい! Netflixのスペイン発『ペーパー・ハウス』がブッチ切リでおススメ!

https://ia.media-imdb.com/images/M/MV5BZjM3OWZhYzMtMTM4OS00YjA2LWFlYjItZTk2NTI1YmU3YTUwXkEyXkFqcGdeQXVyNDg4MjkzNDk@._V1_.jpg

チーム最年少でイケメンのリオは、トーキョーと恋人同士に。

コンピューターに強くIT面を担当する彼は、ある出来事がきっかけで仲間割れし、一時は人質の輪に放り込まれてしまいます。

アルバ・フローレス(ナイロビ役)

米ドラマよりもオモシロい! Netflixのスペイン発『ペーパー・ハウス』がブッチ切リでおススメ!

https://ia.media-imdb.com/images/M/MV5BODUxZDE0ZmMtY2UwNy00NzI1LTk0OGEtYTY5MWE0NzZkNTViXkEyXkFqcGdeQXVyNDg4MjkzNDk@._V1_.jpg

トーキョーと同じく血の気が多くケンカっぱやい性格のナイロビは、元ドラッグ依存症者。

それが理由で一人息子を手放すことになってしまったため、強奪で大金を得て子供を取り戻し、悠々自適に暮らそうと計画に参加。

ハイメ・ロレンテ(デンバー役)

米ドラマよりもオモシロい! Netflixのスペイン発『ペーパー・ハウス』がブッチ切リでおススメ!

https://ia.media-imdb.com/images/M/MV5BOTA3YjAzYTctNDQ0NS00N2UwLTg0MTktMDcxMWI2NTU1MmJiXkEyXkFqcGdeQXVyNDg4MjkzNDk@._V1_.jpg

父親のモスクワと親子で強奪計画に参加し、ちょっと下品な特徴ある笑い方がトレードマーク。

気性が激しい性格ですが、人質の一人であるモニカと図らずも恋に落ちてしまうという、かなりロマンチックなところもあって、つい母性本能をくすぐられてしまうキャラクター。

エステル・アセボ(モニカ役)

米ドラマよりもオモシロい! Netflixのスペイン発『ペーパー・ハウス』がブッチ切リでおススメ!

https://ia.media-imdb.com/images/M/MV5BNDBmYjQxYzAtMjhiNi00NTk1LWI3MzYtYzIxYmJhZjM1ZDVjXkEyXkFqcGdeQXVyNDg4MjkzNDk@._V1_.jpg

造幣局に勤務しているモニカは、上司との不倫で妊娠したことが発覚したばかりで、身重の体で人質に…。

ところが、ちょっとしたことがきっかけでデンバーと急接近! 全てを捨ててデンバーとの恋に賭けるのか、彼女の選択も見どころのひとつです。

パコ・トウス(モスクワ役)

米ドラマよりもオモシロい! Netflixのスペイン発『ペーパー・ハウス』がブッチ切リでおススメ!

https://ia.media-imdb.com/images/M/MV5BZDk2ZTIxZGUtOTE0MS00ZTA4LThlMWMtYzgwYWQxYTExMDk5XkEyXkFqcGdeQXVyNTA5Mzc4MDU@._V1_SY1000_SX640_AL_.jpg

デンバーの父親で、モニカと息子の関係を案ずるモスクワ。

息子に「美人で頭がいい彼女は、お前とは格が違う」と忠告し、現実を突き付ける厳しい面も見せていましたが、息子を愛するがゆえの親心でしょう。

ダルコ・ペリッチ(ヘルシンキ役)

米ドラマよりもオモシロい! Netflixのスペイン発『ペーパー・ハウス』がブッチ切リでおススメ!

https://ia.media-imdb.com/images/M/MV5BNTgyZDUzZjktOGY2NC00YjI1LTk4OWYtOGJhOTc5N2E3ZTk0XkEyXkFqcGdeQXVyNDg4MjkzNDk@._V1_.jpg

双子のオスロと兄弟で強奪に参加。

後に、計画の筋書きになかったハプニングで、かなり辛い思いをすることに…。

ロベルト・ガルシア・ルイーズ(オスロ役)

米ドラマよりもオモシロい! Netflixのスペイン発『ペーパー・ハウス』がブッチ切リでおススメ!

https://ia.media-imdb.com/images/M/MV5BM2ZiNmRmZDgtYzQ4NS00MzU3LThiODktMTNkZGUxMDcxNTQ1XkEyXkFqcGdeQXVyNDg4MjkzNDk@._V1_.jpg

ヘルシンキの双子の兄弟。

計画の途中で不測の事態に巻き込まれ、危機に瀕してしまいます。

シーズン3では新キャラクターが続々登場!

ネタばれになるので詳細は避けますが、シーズン3では新キャラクターが続々と登場します。

まずは、もともとスペイン造幣局の籠城&強盗計画に参加するはずだった、教授とベルリンの旧友で一癖アリなパレルモ(↑)という男や、3人の昔からの友人であるマルセイユが登場! やはり、新キャラクターも都市の名前が付けられているところは同じです。

彼らと教授が率いるオリジナルの強盗チームは、シーズン3で今度はスペイン銀行に押し入り籠城する展開に。その経緯は伏せることにして、その計画にはボゴダというダンディな親父も参加し、さらにシーズン4ではマニラというLGBTQキャラクターも活躍します。

登場人物が増え続けても、キャラクターの掘り下げ方が甘くなったり散漫な印象にならないのは、才能あふれる脚本家による絶妙なチームワークの賜物でしょうか。

シーズン4では涙なしでは観られない‟別れ”もあり、とにかく見どころ満載で、4月3日に配信スタートしたシーズン4を早くも観終わった筆者は、まだ更新されていないシーズン5が待ち切れない思いで一杯です!

口コミで人気が広がり世界中で大ヒット!

この投稿をInstagramで見る

El Profesor⁣ Palermo⁣ Lisboa⁣ Marsella⁣ 3.04 | #LCDP4

La Casa de Papel(@lacasadepapel)がシェアした投稿 -

『ペーパー・ハウス』は、英語圏以外のドラマシリーズで最も視聴されたNeflixの作品となり、そのブッチ切りの面白さでSNSでも大きな話題に!

「見だしたら本当に止まらない!」といったコメントでシリーズを絶賛するファンが雪だるま式に増え、口コミでジワジワと人気が高まっています。

本シリーズは、Netflixでシーズン1~4が配信中。正直なところ、そこら辺のハリウッド製のドラマ作品に負けず劣らず…、いや、それ以上の高いクオリティを誇るシリーズではないでしょうか。

アメリカのドラマではないからと無視せず、話題になっている傑作を見逃さないよう、まずは1話をチェックしてみてください。

そうすれば、筆者がイチオシする理由が分かってもらえると思います!

米ドラマよりもオモシロい! Netflixのスペイン発『ペーパー・ハウス』がブッチ切リでおススメ!

https://ia.media-imdb.com/images/M/MV5BNGIyZGFmNzUtMDg5YS00MTYxLTllYjYtZWVkOGViM2Q4Y2JiXkEyXkFqcGdeQXVyNDg4MjkzNDk@._V1_.jpg

「『ペーパー・ハウス』にまつわる興味深~い製作秘話6選」(↓)では、シリーズに関するトリビアや舞台裏話なども紹介しているので覗いてみてください!

Netflix『ペーパー・ハウス』にまつわる興味深~い製作秘話6選「ダリのマスクに込められた意味は…?」他 | 海外ドラマboard

あわせて読みたい

海外ドラマboardの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月28日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。