米メディアが選んだ「過去20年における最高のドラマシリーズ10作品」を発表!あの傑作法律ドラマも登場!

       
Netflixをはじめとする配信サービスの台頭で、日本でも海外ドラマの視聴者数が増えてきていますが、やはり海外と日本では好まれる作品に微妙な差があるような気がします。そこで、海外ではどんな作品が高く評価されているのか、米メディアが選んだ「過去20年における最高のドラマシリーズ10作品」をご紹介!

『ジ・アメリカンズ』

この投稿をInstagramで見る

Your mission isn’t over. Binge every season of #TheAmericansFX on FX+

The Americansさん(@theamericansfx)がシェアした投稿 -

★本記事は米エンタメ情報サイト『TV Line』が選出した、「過去10年における最高のドラマシリーズ10作品」をもとにしています。原文記事には“2010年代のシリーズ”とありますが、2010年より前に放送スタートした番組も含まれているので“過去20年”としています。

米ソの冷戦が激化していた1980年代を舞台にした『ジ・アメリカンズ』の主人公は、アメリカの首都ワシントンD.C.に潜入した旧ソ連のスパイ、エリザベス&フィリップ・ジェニングスの諜報活動を超スリリングに描いたシリーズ。

郊外に住む平凡なアメリカ人夫婦を演じるために、子どもまでもうけた2人のバレそうでバレないスパイ活動にハラハラされる傍ら、ジェニングス夫妻の家族関係も大きくフィーチャーされた異色スパイドラマで、エミー&ゴールデン・グローブ賞で多数ノミネート&受賞を果たしました。

エリザベスを演じるのは『フェリシティの青春』に主演し、『スター・ウォーズ/ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー』への出演も決まっているケリー・ラッセル。フィリップ役は、ファミリードラマ『ブラザーズ&シスターズ』の次男ケヴィン役で知られるマシュー・リスが演じています。

ジ・アメリカンズ

米メディアが選んだ「過去20年における最高のドラマシリーズ10作品」を発表!あの傑作法律ドラマも登場!

原題 :THE AMERICANS

アメリカ

more

『ブレイキング・バッド』

アメリカに負けない勢いで、日本でも大きな話題となった『ブレイキング・バッド』も選出されました!

余命いくばくもない温厚な化学教師ウォルター・ホワイトが、ドラッグディーラーの元教え子と結託して高純度ドラッグを精製し、図らずも裏世界でキングピンになっていく姿が描かれる衝撃作。

クリエイターのヴィンス・ギリガンによる伏線が張り巡らされた緻密な脚本が秀逸で、キャストの文句がつけようがない演技も相まって、すべておいてこれ以上ないぐらいの極上ケミストリーを生み出していました。

主演したブライアン・クランストンと、相棒ジェシー・ピンクマンを演じたアーロン・ポールは何度も賞レースを席捲! 本シリーズと比べたら、巨額の予算を投入した大作シリーズもかすんでしまうほどの傑作シリーズです。

ブレイキング・バッド

米メディアが選んだ「過去20年における最高のドラマシリーズ10作品」を発表!あの傑作法律ドラマも登場!

原題 :BREAKING BAD

アメリカ

more

『ベター・コール・ソウル』

この投稿をInstagramで見る

Watermelon, pickles. Those are grieving words. #BetterCallSaul

Better Call Saulさん(@bettercallsaulamc)がシェアした投稿 -

そして本家に負けてはいられないとばかりに、『ブレイキング・バッド』のスピンオフ版『ベター・コール・ソウル』も、「過去20年における最高のドラマシリーズ10作品」に名を連ねています!
 
スピンオフ版は、オリジナル版に登場した悪徳弁護士ソウル・グッドマンが、ジミー・マッギルという本名を名乗っていた時代を描く前日譚シリーズ。

あちこちにブラックなユーモアを効かせつつも、かなりハードボイルドかつダークなトーンで仕上げられていた『ブレイキング・バッド』とは異なり、『ベター・コール・ソウル』は超オフビートで大量にユーモアが投入されています。それでも、オリジナルのコアになる世界観はしっかりと踏襲され、本家のファンのハートも鷲掴みに!

スピンオフ版はオリジナル版よりもインパクトに欠けてしまうケースが多々ありますが、『ベター・コール・ソウル』は独立したシリーズのような存在感を放ち絶賛されていて、シーズン5が2020年よりAMCで放送開始予定です。

ベター・コール・ソウル

米メディアが選んだ「過去20年における最高のドラマシリーズ10作品」を発表!あの傑作法律ドラマも登場!

原題 :BETTER CALL SAUL

アメリカ

more

『FARGO/ファーゴ』

『FARGO/ファーゴ』は、1996年に公開された映画『ファーゴ』のドラマ版。

シーズン1は映画が下敷きになっていますが、シーズン2以降は、毎シーズンごとに実際に起きた奇想天外な事件が異なるキャストで描かれるアンソロジースタイルに。

こんな奇妙な事件が本当に起きていたなんて…と、かなり肝を潰されるような内容で、現時点で製作されている全4シーズンにおいて期待を裏切られることはありません。

何シーズンにもわたり同じキャストで継続されるシリーズは途中で中ダルミしがちですが、1シーズンで物語が完結するアンソロジーは、そんな心配は無用で鑑賞できる安心感がポイントです。

FARGO/ファーゴ

米メディアが選んだ「過去20年における最高のドラマシリーズ10作品」を発表!あの傑作法律ドラマも登場!

原題 :FARGO

アメリカ

more

『FRIDAY NIGHT LIGHTS』

2004年に公開されたアメフト青春映画『プライド 栄光への絆』のドラマ版『FRIDAY NIGHT LIGHTS』は、日本では未上陸です。

映画版は実話をもとに、優勝を目指してアメフトに情熱を注ぐ高校生チームの厳しい道のりと選手の人間模様をドキュメンタリータッチで描かれ、5シーズンにわたりNBCで放送され高い評価を得ました。

ドラマ版は主人公のアメフトチームのコーチ、エリック・テイラー役にファミリー・サスペンスドラマ『ブラッドライン』に主演したカイル・チャンドラーを迎え、アメフト選手の中心となるティム・リギンスを演じたテイラー・キッチュ(『TRUE DETECTIVE/ロサンゼルス』)が、本シリーズでブレイクしました。

こういった骨太で見応えある青春ドラマが、日本でリリースされていないのが残念です…。

『ゲーム・オブ・スローンズ』

この投稿をInstagramで見る

I’m defending our family. #GameofThrones

gameofthronesさん(@gameofthrones)がシェアした投稿 -

HBOが生み出した傑作大河ファンタジードラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』は日本でも大きな人気を博しているシリーズなので、それほど説明は必要ないかと思います。

本シリーズは、ジョージ・R・R・マーティンの小説「氷と炎の歌」シリーズのドラマ化となりますが、第六章でドラマ版が原作を追い越してしまうという異例の事態になった珍しいパターン。

壮大な撮影ロケや激しい戦闘シーンの美しきシネマトグラフィー、複雑に絡み合ったキャラクター相関図といい、ドラマファンが夢中にならずにはいられない要素が全部盛りで、エミー&ゴールデン・グローブ賞を総ナメにしたシリーズです。

ところが、ファイナルとなる肝心の第八章が駆け足でチャッチャとまとめられてしまい、ファンの間で不満が爆発!

ネットでファンが最終章を製作し直すよう署名運動を開始し、なんとも後味が悪い幕切れになってしまったのが非常に悔やまれます…。もうこれは、これから出版されるマーティンの小説に希望を託すしかないですね。

ゲーム・オブ・スローンズ

米メディアが選んだ「過去20年における最高のドラマシリーズ10作品」を発表!あの傑作法律ドラマも登場!

原題 :GAME OF THRONES

アメリカ/イギリス

more
米メディアが選んだ「過去20年における最高のドラマシリーズ10作品」を発表!あの傑作法律ドラマも登場!

※上記WATCHA 平均数字は6月5日時点

『グッド・ワイフ』

『グッド・ワイフ』は、夫のスキャンダルを機に弁護士として復帰することになった主人公アリシアを中心に、試練に耐えながらもたくましく生きる女性たちを描く法廷ドラマシリーズ。

本シリーズは地上波局CBSが製作したとは思えない、まるでHBOの作品を彷彿とさせる真に迫る完成度で高い評価を得ました。

自分の殻を破る勇気がない人や常に自分を押し殺している人は、アリシアや他の女性キャラクターが自立していく姿を観て必ず勇気づけられるはず!

本シリーズで、7シーズンにわたりダイアン・ロックハートを演じた、クリスティーン・バランスキーを主人公にしたスピンオフ版『The Good Fight/ザ・グッド・ファイト』も好評を博し、シーズン4へ余裕の更新を果たしました。

グッド・ワイフ

米メディアが選んだ「過去20年における最高のドラマシリーズ10作品」を発表!あの傑作法律ドラマも登場!

原題 :THE GOOD WIFE

アメリカ

more

『JUSTIFIED 俺の正義』

『JUSTIFIED 俺の正義』は、人気犯罪小説家エルモア・レナードの短編小説を下敷きにした骨太な犯罪アクションシリーズ。ケンタッキー州の田舎町ハーランに戻って来た主人公の連邦捜査官レイラン・ギヴンズが、街に蔓延る犯罪に立ち向かう姿が激しいアクション満載で描かれます。

日本では少し知名度が低いドラマシリーズですが、アメリカでは「観だしたら止まらない!」と評されている秀作。レイランの幼なじみで、悪に染まり彼と対立するようになったボイド・クラウダーとレイランの運命がハードボイルドタッチで綴られ、『ブレイキング・バッド』系の作品が好きな人におススメしたい一本です。

『MAD MEN マッドメン』

『MAD MEN マッドメン』は1960年代のニューヨークを舞台に、広告業界で働く男達の野心や欲望が描かれるシリーズ。優秀な広告マンの主人公ドン・ドレイパーは美しい妻と可愛い子供達に囲まれ、表向きは絵に描いたような幸せな生活を送っています。

ところが裏では不倫をしまくり、自身が立ち上げた会社の経営が危機に見舞われるわ、妻との離婚やアルコール依存の問題も抱えるわで、欲望に突っ走った挙句に転落人生を歩むことに…。

そんな、ドンのアメリカドリームの影と栄光のコントラストが色濃く綴られる本シリーズは、エミー&ゴールデン・グローブ賞を多数受賞。企業文化にドップリと浸かりがちな男性から絶大なる支持を集めた作品ですが、女性の社会進出と昇進が難しかった60年代に秘書からコピーライターへと出世したキャラクター、ペギー・オルセンが大いに女性の共感を呼んでいました。

マッドメン

米メディアが選んだ「過去20年における最高のドラマシリーズ10作品」を発表!あの傑作法律ドラマも登場!

原題 :MAD MEN

アメリカ

more

『レクティファイ 再生』

『ブレイキング・バッド』のプロデューサーが贈るサンダンスTV製作による『レクティファイ 再生』の主人公は、10代の時に恋人を殺害した容疑で死刑判決を受け、19年間も服役したダニエル・ホールデン。

最新のDNA鑑定で無実が証明されて故郷に帰省したダニエルですが、彼の有罪を信じる元検事と議員たちはダニエルを刑務所に戻そうと常に監視の目を向け、再び投獄されそうなダニエルは失った人生を取り戻せるのか…というストーリー。

本シリーズはフィクションながらも、Netflixの実話を基にしたドラマ『ボクらを見る目』やドキュメンタリーシリーズ『殺人者への道』を彷彿とさせる内容で、手堅い演出と重厚な脚本で視聴者はグイグイと引き込まれてしまうはず。

冤罪の道を歩む運命に定められた男の悲哀がズシ~ンと心に響き、本シリーズをを観たらどれだけ自分が恵まれていて、どれだけ毎日を大切に生きなければならないか…と痛感させられると思います。

レクティファイ 再生

米メディアが選んだ「過去20年における最高のドラマシリーズ10作品」を発表!あの傑作法律ドラマも登場!

原題 :RECTIFY

アメリカ

more

Best TV Shows of the Decade: ‘Breaking Bad,’ ‘Americans,’ More Dramas | TVLine

あわせて読みたい

海外ドラマboardの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年7月2日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。