【まとめ】マーベル・シネマティック・ユニバース<フェーズ4>で重要になるTVシリーズ5選

マーベル・シネマティック・ユニバース<フェーズ4>において、重要な役割を果たしそうなTVシリーズ作品の詳細と配信日をまとめて紹介!

マーベル・シネマティック・ユニバース<フェーズ3>は、現在公開中の映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』で幕を閉じるが、今後の新たな展開である<フェーズ4>では、Disney+配信のTVドラマが中心的な役割を果たしそうだ。
ここでは、Disney+で配信予定の各作品の詳細と配信日に迫る!!

『THE FALCON AND THE WINTER SOLDIER』

本作は、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)で、スティーブ・ロジャース=キャプテン・アメリカから盾を受け継いだファルコンと、キャップの親友であるバッキー扮するウィンター・ソルジャーがコンビを組み、新たな戦いに身を投じていく姿が描かれる。

出演は、MCUでサム・ウィルソン=ファルコンを演じたアンソニー・マッキー、バッキー・バーンズ=ウィンター・ソルジャーを演じたセバスチャン・スタンに加え、2016年公開の映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』でヘルムート・ジモ役を演じたダニエル・ブリュールもカムバック!
現在、エージェント13役のエミリー・ヴァンキャンプも出演に向けて、交渉中のようだ。

新たな‘‘キャプテン・アメリカ’’の誕生を予感させるタイトルロゴが印象深い『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』は、全6話~8話構成となり、2020年秋に全米で配信開始予定。

『WandaVision』

本作は、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015)でアベンジャーズに加わったワンダ=スカーレット・ウィッチとヴィジョンが主人公となる作品だ。
しかしながら世紀の衝撃作と言われた2018年の『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』ですでにヴィジョンは絶命しており、何かしらのサプライズが待ち受けていることが予想される。
現にマーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長は「これまでとは異なる作風だ」と語っていることから、これまでのMCU作品とは一線を画すシリーズとなりそうだ。

出演は、ワンダ・マキシモフ=スカーレット・ウィッチ役のエリザベス・オルセン、ヴィジョン役のポール・ベタニーに加えて、新キャストとしてテヨナ・パリスがモニカ・ランボー役で出演することになっており、『キャプテン・マーベル』でキャロルの親友だったマリアの娘モニカが成長した姿を観ることができるのかもしれない。

2021年公開の『ドクター・ストレンジ』続編『Doctor Strange in the Multiverse of Madness』と直接的な繋がりのある作品だと伝えられており、フェーズ4最重要作品と言っても過言ではないだろう。

全6話構成の『ワンダヴィジョン』は、2021年春に全米で配信開始予定。

『LOKI』

『マイティ・ソー』シリーズの悪名高きソーの弟ロキを主人公とした作品。
ロキは『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)でサノスの手にかかり、その後、消息不明の状態だが、どうやら『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)後のロキの姿が描かれ、彼が人類の歴史のあらゆる場面に現れては、思いもよらぬ影響を及ぼしていくというストーリーになるという。

出演は、もちろんトム・ヒドルストンがロキ役としてカムバック!
『ロキ』は、2021年春に全米で配信開始予定となっている。

『HAWKEYE』

映画『アベンジャーズ』シリーズの弓矢の名手ホークアイが単独スピンオフ化!
クリント・バートン=ホークアイが、自身の後継者となるヤング・アベンジャーのケイト・ビショップを育て上げる様が映し出される。
『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)で見せたローニンとしての‘‘闇の側面’’にもフォーカスした内容になるようだ。

主演はもちろん、ジェレミー・レナーが務める。
ビショップ役に関しては、現在、目下キャスティング中だ。

『ホークアイ』は、2021年秋に全米で配信開始予定となっている。

『WHAT IF…?』

本作は、マーベル・シネマティック・ユニバース史上初となるアニメーション・シリーズとなり、その内容は、MCUの歴史の中で、「もしも、こうなっていたら?」という物語が展開される。
『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』で、「スティーブ・ロジャースではなくペギー・カーターが超人血清を投与されていたら・・・?」や「スティーブ・ロジャースがハワード・スタークからアーマー・スーツを受け継いでいたら?」などのエピソードになるという。
原作コミックスでも、人気作品としてシリーズ化されている話題作だ。

出演は、ナレーション的な役割を果たすザ・ウォッチャー役に『ウエストワールド』のジェフリー・ライト、その他、MCU出演俳優たちが自身の役柄の声を担当すると伝えられており、現時点では、『ブラックパンサー』ブラックパンサー役のチャドウィック・ボーズマン、キルモンガー役のマイケル・B・ジョーダン、『キャプテン・アメリカ』バッキー役のセバスチャン・スタン、ペギー役のヘイリー・アトウェル、ハワード・スターク役のドミニク・クーパー、『アベンジャーズ』サノス役のジョシュ・ブローリン、ハルク役のマーク・ラファロ、ホークアイ役のジェレミー・レナー、ニック・フューリー役のサミュエル・L・ジャクソン、『マイティ・ソー』ソー役のクリス・ヘムズワース、ジェーン役のナタリー・ポートマン、『アントマン』ポール・ラッド、ハンク役のマイケル・ダグラス、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』ネビュラ役のカレン・ギランなど、そうそうたる顔ぶれが出演することになっている。

『WHAT IF…?』は、2021年夏に全米で配信開始予定となっている。

これまでマーベル・シネマティック・ユニバースを追いかけてきたファンとして、2020年以降は、かなり楽しみなラインナップが控えている。
これらの作品を自宅のTVで楽しめるというのは、最高の気分である。

あわせて読みたい

海外ドラマboardの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年7月24日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。