【13の理由】シーズン3配信開始!見始めるなら今しかない!(※ネタバレなし)

『13の理由』のシーズン3が8月23日に配信開始され、決して軽い気持ちで見られる内容ではないにも関わらず、世界中で人気を博しシーズン3まで続いてるのには、視聴者を惹きつける理由があるはずです。 今回はその人気の秘密に迫っていきたいと思います。  

あらすじ

ティーンエイジャーのクレイ・ジェンセンが学校から帰宅すると、玄関に7本のカセットテープが入った箱が置いてあることに気がつく。 それには2週間前に自殺した同級生、ハンナ・ベイカーが自らこの世を去る決断をした13の理由が録音されていた。

このドラマでは、自殺をしてしまった女の子ハンナの口から語られる内容をベースに、その痕跡を主人公となるクレイや、テープで名前が語られた人たちがそれぞれの思惑を重ねながらも進んでいきます。

シーズン3予告編

人間関係の難しさがしっかりと描かれている

【13の理由】シーズン3配信開始!見始めるなら今しかない!(※ネタバレなし)

NEW YORK, NY - MAY 22: (L-R) Ross Butler, Dylan Minette, Alisha Boe, Christian Navarro and Devin Druid discuss "13 Reasons Why" with the Build Series at Build Studio on May 22, 2018 in New York City. (Photo by Roy Rochlin/Getty Images)

このドラマではハンナの残したテープで語られる自殺の一因となった生徒たちとの出来事を過去に振り返つつ、現実でもクレイが彼らにコンタクトを取り、真実を突き止めようとすることで話が進んでいきます。
自殺という出来事がバックにあるのですべてがすべて解決策がポンポンと浮かび、話が済むことは絶対にありません。
なので、決してテンポ良く話が進むようなドラマではないです。

しかし、それぞれの話で描かれるハンナの人間関係への苦悩は必ずしも自殺に頼らざるをえなくなってしまう人間にのみ起こるような出来事ではありません。
それは不安や恋愛、親友とのけんかなど様々なことが
むしろ誰にでも起こりえるような身近な出来事が扱われていることと、それらを非常に現実的な目線で描かれていることがこのドラマが評価されているところだと思います。

現実的に描かれているというのは、彼らに起こる事件がまるで本物のように描かれている、などという意味ではないです。
高校といういろいろなタイプ、価値観、考え方の人間がいる環境でそれぞれが同じ出来事に対して、どれだけのショックを受け、どのように感情を揺さぶられるかをそれぞれの視点から描かれている、という意味です。

また、これらの出来事が高校という閉鎖された環境で起こってしまうがゆえに、その悩みを打ち明け、相談できる相手が必ず自分の味方になってくれるのか?本当に親身になって話を聞いてくれるのか?ということも悩みになりえます。
これは上にも書いたように、ドラマだけに限らず私たちにも通ずる悩みです。

そして、何よりこのドラマの秀逸なところは現実の自分が必ずキャラクターのだれかに当てはまるのです。
クラスや学校のリーダー的存在で人気の人物や、プライドで行動してしまうキャラクターなど、多様なタイプのキャラクターがいるこのドラマ。
自分に似てるキャラクターになりきって、“自分だったらどうしよう?”と考えながら観てみると、さらに深みを増すことは間違いないです。

ネット社会の今だからこそのドラマ

【13の理由】シーズン3配信開始!見始めるなら今しかない!(※ネタバレなし)

LOS ANGELES, CA - MARCH 30: Christian Navarro, Robert Gant, Derek Luke, Keiko Agena, Selena Gomez, Dylan Minnette, Katherine Langford, Amy Hargreaves, Miles Heizer, Devin Druid Tommy Dorfman, Michele Selene Ang, Brandon Larracuente and Ross Butler attend the Premiere Of Netflix's "13 Reasons Why" - Arrivals at Paramount Pictures on March 30, 2017 in Los Angeles, California. (Photo by David Crotty/Patrick McMullan via Getty Images)

ネット社会となり、学生でも気軽にSNSなどからネットに書き込みをすることが可能になった世の中にピッタリのドラマ。

というのも、SNSでは悪口や他人に見られたくない写真を数回のタッチで大勢の人間に一斉に拡散されてしまう。
今はそんな時代なのです。
実際このドラマでも、ことの発端はメールで恥ずかしい写真が自分の知らないところでみんなに拡散されてしまったことにあります。
自分の気持ちばかりで他人の事を考えないと、思いがけないところで人を傷つけることになります。
ましてや、それがネット上でなら一生残ります。
消しても消しきれないデジタルタトゥーとして。

だからこそ、このドラマを観ることで、軽い気持ちがどれだけ他人を傷つけてしまうかを想像してみてください。
そして、今までの自分の行動を顧みて、これからの生活を考え直してみてはいかがでしょうか?
学生の人ならば、なおさらお勧めします。

国境を越えて世界中で話題になっている理由もそこにあるのではないでしょうか?

新事実が明かされていくシーズン2

【13の理由】シーズン3配信開始!見始めるなら今しかない!(※ネタバレなし)

JIMMY KIMMEL LIVE! - "Jimmy Kimmel Live!" airs every weeknight at 11:35 p.m. EDT and features a diverse lineup of guests that include celebrities, athletes, musical acts, comedians and human interest subjects, along with comedy bits and a house band. The guests for Tuesday, June 12 included Kevin Costner (Yellowstone), Katherine Langford (13 Reasons Why) and musical guest Weezer. (Randy Holmes via Getty Images)KATHERINE LANGFORD

シーズン1ではハンナ自身の言葉を軸に進んでいきます。
それとは反対に、シーズン2ではハンナの言葉ではなく、テープの対象となった人たち自身の言葉や彼女との思い出がベースになっています。
ハンナが他人に明かすべきではないと考えた交友関係がどんどんと明かされていき、主人公のクレイも視聴者同様ハンナに対する見方が大きく変わっていきます。
それだけではなく、自分の秘密や弱みが足かせになり自分が正しいと思うことを行えない難しさについても、シーズン1よりもしっかりと描かれています。

まとめ

社会派ドラマとして大きな話題を呼んだ本作。
セレーナ・ゴメスが製作総指揮を担当したことでも話題を呼びましたが、そこに甘えるのではなく、むしろ忘れさせてくれるほどしっかりと作られた作品です。

正直サラッとみれるような軽い内容ではなく、口コミも「観ていて苦しくなってきた」という趣旨のものが多いです。
しかし、それだけ一度は自分に置き換えて考えるべき内容のドラマだと思うので視聴してみてはいかがでしょうか?

8月23日からはシーズン3も配信が開始されています。

13の理由 | Netflix (ネットフリックス) 公式サイト

あわせて読みたい

海外ドラマboardの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年8月29日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。