【イケメン発掘】『ピーキー・ブラインダーズ』シーズン5ついに公開!サム・クラフリンが最強すぎる

       
ドラマで見つけたイケメンをピックアップ!今回ご紹介するのは、ついに日本でもNetflixで配信された『ピーキー・ブラインダーズ』シーズン5に登場の、サム・クラフリン。正統派英国俳優の演じる悪役が最強すぎる!

『ピーキー・ブラインダーズ』

【イケメン発掘】『ピーキー・ブラインダーズ』シーズン5ついに公開!サム・クラフリンが最強すぎる

https://pbs.twimg.com/media/EGCeZAJWsAAcHgi.jpg:large

イギリスBBCが製作。英国外ではNetflixが配信する人気ドラマシリーズ『ピーキー・ブラインダーズ』。第一次大戦後のイギリス・バーミンガムを舞台に、帽子のつばにカミソリを隠し持ち、ケンカの際にはその刃で相手の目を切り裂く事からその名が付けられた、ならず者集団ピーキー・ブラインダーズが、時代の波に揉まれながらも、頭角を現してゆく姿が描かれます。
ピーキー・ブラインダーズを率いる主人公のトミー・シェルビーには、『ダンケルク』(2017)や『インセプション』(2010)、『ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦』(2016)のキリアン・マーフィー。これまで、トム・ハーディサム・ニール、エイドリアン・ブロディなど豪華キャストがゲスト出演していることでも注目のドラマです。
バーミンガムのギャングだったシェルビー兄弟ですが、シーズンを重ねるごとにビジネスを急拡大させ、徐々に合法組織に変革。そして今シーズン、ついに議員となったトミー・シェルビーは、国政に活躍の場を広げます!

今シーズンの敵はファシスト!

これまでも敵対するギャングや政府の役人、国内外の過激派組織など、様々な強敵と対峙してきたトミー。力と機転、度胸を武器に、辛くも切り抜けてきたピーキー・ブラインダーズでしたが、今シーズン彼らを脅かす事になるのは、英国にファシズム旋風を巻き起こした実在の人物、オズワルド・モーズリー。
モーズリーは、後にイギリスファシスト連合を設立する人物。英国ファースト、外国人労働者の排除などを謳い、第一次大戦と世界恐慌に疲弊した英国市民を扇動して行きます。モーズリーは、トミーの地元の隣、スメスウィック選挙区の選出議員であることから、トミーを取り込み、地域の支配力を高めようと近づいてきます。

ドラマで描かれるモーズリーは、準男爵という家柄にパリっとした外見、そして饒舌な弁論で人々を魅了しますが、その裏で女性を意のままに手に入れ、あらゆる人を見下し、右手を掲げて「ユダヤ人を亡ぼせ」と挨拶する姿には、嫌悪感を抑えることができません。
これまで登場してきた強敵に勝るとも劣らない、最強のヴィランの登場です。

サム・クラフリン

【イケメン発掘】『ピーキー・ブラインダーズ』シーズン5ついに公開!サム・クラフリンが最強すぎる

LONDON, ENGLAND - JULY 03: Sam Claflin attends day 3 of the Wimbledon Tennis Championships at the All England Lawn Tennis and Croquet Club on July 03, 2019 in London, England. (Photo by Karwai Tang/Getty Images)

そんなモーズリーを演じるのは、サム・クラフリン。
イギリス・サフォーク州出身の33歳。4人兄弟の3番目で、弟のジョーも英国で活躍する俳優です。
子供の頃はサッカー選手を志していたものの、2度にわたる足首の怪我でキャリアを断念し、演技の道へ。そこで実力が認められ、ベネディクト・カンバーバッチらを輩出したイギリス最古の演劇学校、LAMDA(ロンドン・アカデミー・オブ・ミュージック・アンド・ドラマティック・アート)で演技を学びます。
卒業後は、2010年に放送されたミニドラマシリーズ『Any Human Heart(原題)』と、エディ・レッドメインやヘイリー・アトウェル出演のドラマ『ダークエイジ・ロマン 大聖堂』に出演し俳優デビュー。翌年には、『ユナイテッド -ミュンヘンの悲劇-』で映画デビューも果たします。『ユナイテッド~』では実在するマンチェスター・ユナイテッドのサッカー選手、ダンカン・エドワーズを演じました。

【イケメン発掘】『ピーキー・ブラインダーズ』シーズン5ついに公開!サム・クラフリンが最強すぎる

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BZTMxN2U1M2ItZTQ1ZC00MmY0LTkwNTktMGE5ZjJiZmNiYmJjXkEyXkFqcGdeQXVyMjExMjk0ODk@._V1_SY1000_CR0,0,704,1000_AL_.jpg

正統派英国俳優が…

これまで、『あと1センチの恋』(2014)や『レイチェル』 (2017)、『ハンガー・ゲーム』シリーズなど、好感度の高い青年役の多かったサムですが、今作では堂々たる悪役ぶりを見せています。 
新シーズン放送前にリリースされた画像からすでに、異彩を放っていましたが、ふたを開けてみると予想の上を行く怪演。ヒトラーを思わせるマスタッシュ(口ひげ)を蓄え、黒髪を撫でつけた姿はそれだけで観ているこちらの不快感を誘います。性行為中に鏡に自分を映して悦に入る様子は、ナルシズムの極み。これまでのサムが演じてきた役柄からは、ほど遠いイメージで、今作が、サムのキャリアにおいて転換点となることは間違いなし。トム・ハーディやデイヴィッド・テナントに匹敵する、演技派俳優に成長しそうな予感です。

プライベートでは

【イケメン発掘】『ピーキー・ブラインダーズ』シーズン5ついに公開!サム・クラフリンが最強すぎる

LONDON, UNITED KINGDOM - JUNE 18: Sam Claflin and Laura Haddock attend Transformers The Last Knight Global Premiere at Leicester Square on June 18, 2017 in London, England.PHOTOGRAPH BY Barcroft ImagesLondon-T:+44 207 033 1031 E:hello@barcroftmedia.com -New York-T:+1 212 796 2458 E:hello@barcroftusa.com -New Delhi-T:+91 11 4053 2429 E:hello@barcroftindia.com www.barcroftimages.com (Photo credit should read Barcroft Media via Getty Images / Barcroft Media via Getty Images)

気になるプライベート。サムは今年8月にインスタグラム・ストーリーにて、『トランスフォーマー/最後の騎士王』(2017)などに出演するローラ・ハドックと離婚を発表したばかり。二人は2013年8月に結婚、3歳の男の子と1歳半の女の子がいます。

『トランスフォーマー/最後の騎士王』が公開された際には、プレミアイベントに、ローラのパートナーとしてレッドカーペットにも登場。妻やガールフレンドをレッドカーペットに同伴する男性セレブは一般的ですが、その逆、夫やボーイフレンドを伴ってプレミアイベントに参加する女性セレブは決して多くありません。プレミアでは妻の活躍を誇らしげにサポートしていただけに、破局は残念でした。

サムにとって、今は仕事でもプライベートでも、過渡期にある様子。今後の活躍に注目です。

あわせて読みたい

海外ドラマboardの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月8日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。