『ゴシップガール』リブート版、あのキャストの出演が決定!

ゴシップガール』のリブート版に、オリジナルキャストの1人が出演することが決定しました。そのキャストとは…現在も超売れっ子のあの人!

クリスティン・ベル、新『ゴシップガール』で再びナレーターを務めることが決定!

『ゴシップガール』リブート版、あのキャストの出演が決定!

LOS ANGELES, CALIFORNIA - SEPTEMBER 22: Kristen Bell attends IMDb LIVE After the Emmys Presented by CBS All Access on September 22, 2019 in Los Angeles, California. (Photo by Rich Polk/Getty Images for IMDb)

HBO Maxでリブートが決定した『ゴシップガール』に、オリジナル版で6年間ナレーター役を務めたクリスティン・ベルが戻ってくるようだ。Hollywood Reporterなどが伝えている。
7日に出された声明文にて、プロデューサーのジョシュ・シュワルツとステファニー・サヴェージは「クリスティン・ベルは、これまでもこれからもずっとゴシップガールの声です。」と述べている。

オリジナル版のショーランナー、ジョシュア・サフランがペンをとる『ゴシップガール』のリブートは、すでに全10話の製作が決定している。内容はオリジナル版の延長で、ゴシップガールのウェブサイトが消えた最終話から8年後が舞台となる。
ニューヨークの私立校に通う新世代のティーンたちが、ゴシップガールによる監視の世界に導かれるのだが、新シリーズでは、数年の時を経てソーシャルメディアやニューヨークの景色がいかに変わったかを映し出す。

『ゴシップガール』全6シーズンにおいて、クリスティンは声だけの出演だったが、シリーズ最終話では本人役でカメオ出演を果たした。出演シーンでは『The O.C.』のレイチェル・ビルソン(本人役)と共に、ダンの小説を基にした脚本を読んでいる。

『ゴシップガール』の契約が決まったのは、クリスティンが『グッド・プレイス』最終シーズンの撮影を終え、声優を務める『アナと雪の女王2』の劇場公開を控えたタイミング。また、クリスティンは他にも、Appleのアニメ『セントラルパーク』声優や、ディズニー+の番組『Encore』のエグゼクティブプロデューサー兼ホストも務めるなど、映画やドラマに引っ張りだこ。最近では、Huluで復活した『ヴェロニカ・マーズ』シーズン4にも主人公ヴェロニカ役でカムバックしている。
そんな多忙な中リブート版に戻ってきてくれることは、オリジナルのファンにとって非常に嬉しいニュースだ。

『ゴシップガール』のリリース日は、現時点で未定。アメリカ本国におけるHBO Maxのローンチは2020年5月だが、日本にサービスが上陸するかは不明だ。

『ゴシップガール』全6シーズンは、Netflixで配信中。

Gossip Girl | Netflix

Kristen Bell Returning for 'Gossip Girl' Update at HBO Max | Hollywood Reporter

あわせて読みたい

気になるキーワード

海外ドラマboardの記事をもっと見る 2019年11月8日の海外セレブ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「不倫」のニュース

次に読みたい関連記事「不倫」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。