映画『アナと雪の女王2』:劇場公開で新記録達成

11月22日より日米同時公開している映画『アナと雪の女王2』(Frozen 2)は、多くの観客がつめかけ大盛況です。ディズニー・アニメ待望の続編映画は、日本でも前売りの段階で史上最高枚数を記録しました。

『アナと雪の女王2』

北米地域4440館で上映を開始した、ディズニー・アニメの続編『アナと雪の女王2』。この週末だけで推定1億2400万ドルの興行収入を記録する勢いです。

公開日にアメリカ国内だけで4180万ドル、同日公開した国で5780万ドルを記録し、1日で合計1億ドルに届く成績を上げています。

Varietyのよると、ディズニーは公開された金曜日から日曜日にかけての週末で、1億ドルを記録すると予測していました。しかしそれを大きく上回る、嬉しい結果となりそうです。

一方日本では、デジタル映画鑑賞券「ムビチケ前売券」の販売枚数で、史上最高額を達成しました。時事通信によると、この記録は『トイ・ストーリー4』(Toy Story 4)を抜いて歴代1位です。

1作目の『アナと雪の女王』(Frozen)は、アメリカで、2013年の感謝祭の週末に公開されています。挿入歌「レット・イット・ゴー」(Let It Go)のヒットも手伝い、映画はディズニー長編アニメ映画として史上最高の興行成績を上げました。

このときは公開日にアメリカで9360万ドル、公開終了までに世界で12億ドル以上を達成しています。

前作の3年後の王国が舞台の『アナと雪の女王2』は、エルサにだけ聞こえる歌声に導かれ、新たな冒険が始まります。エルサの不思議な力の謎、平安を築いていた王国の新たな危機、姉妹の強い絆などが物語のキーワードです。

声の出演はアナ役のクリステン・ベル(Kristen Bell)、エルサ役のイディナ・メンゼル(Idina Menzel)、クリストフ役のジョナサン・グロフ(Jonathan Groff)、オラフ役のジョシュ・ギャッド(Josh Gad)など。

また今作には、マティアス中尉役のスターリング・K・ブラウン(Sterling K. Brown、『THIS IS US/ディス・イズ・アス』)、イデュナ女王役のエヴァン・レイチェル・ウッド(Evan Rachel Wood、『ウエストワールド』)も出演しました。

あわせて読みたい

海外ドラマboardの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月24日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。