【新作ドラマ・レビュー】『ホワイト・ドラゴン』 ヒッチコック・スタイルの陰謀渦巻く英国ミステリー

12月14日(土)よりAXNミステリーにて放送される英国ミステリー『ホワイト・ドラゴン』。政情不安が続く現代の香港を舞台に、思いがけず陰謀の渦中へと巻き込まれてしまう大学教授を描いた本作の見どころを解説いたします!
【新作ドラマ・レビュー】『ホワイト・ドラゴン』 ヒッチコック・スタイルの陰謀渦巻く英国ミステリー

C) Two Brothers and all3media international

 ‘18年9月より英国ITVにて放送された全8話のミステリードラマ『ホワイト・ドラゴン』。主な舞台となるのは、学生運動に揺れる政情不安定な現代の香港です。長期出張中の妻が現地で交通事故死したとの一報を受け、すぐさま香港へと飛んだロンドンの大学教授ジョナ。しかし、事故の詳細が不明なうえに警察の対応も要領を得ず、ジョナは疑問と不信感を強めます。そればかりか、妻ミーガンには現地人の夫と娘がいたことまで発覚。いったい、妻は香港で何をしていたのか。やがて、妻が死の直前にスマホで録音していた音声データが見つかり、ジョナは彼女がプロの手によって暗殺されたことに気付きます。なかなか言葉の通じない異国の地で、たった一人で真相の究明に乗り出すジョナ。しかし、そんな彼の行く手に地元警察の妨害や隠蔽工作が立ちはだかり、さらには強大な権力を持つ何者かによる陰謀の影が浮かび上がることになります。

 製作は『ザ・ミッシング~消えた少年~』(’13)や『ザ・ミッシング~囚われた少女~』(’16)、『ザ・ウィドウ~真実を求めて~』(’19)など、優れた英国ミステリーを次々と手掛けている兄弟コンビのハリー・ウィリアムズとジャック・ウィリアムズ。映画『アンコール!』(’12)や『アイヒマン・ショー/歴史を映した男たち』(’15)のポール・アンドリュー・ウィリアムズ監督が、全エピソードの演出を担当しています。

 主人公の大学教授ジョナを演じるのは、アメリカでリメイクもされた『ステート・オブ・プレイ~陰謀の構図~』(’03)や『時空刑事1973 ライフ・オン・マーズ』(‘06~’07)で有名な英国俳優ジョン・シム。その妻の現地人の夫デヴィッド役に、『インファナル・アフェア』(’02)シリーズでもお馴染みの香港を代表する名優アンソニー・ウォンが出演しているのも話題です。アラフィフ世代の映画ファンには、『八仙飯店之人肉饅頭』(’93)の猟奇殺人鬼役も印象深い人ですね。これまで200本以上の作品に出演していますが、英国ドラマへの出演はこれが初めて。そのほか、映画『戦場のピアニスト』(’02)やドラマ『法医学捜査班 silent witness』(‘04~)で知られるエミリア・フォックス、『ハリー・ポッター』シリーズのチョウ・チャン役で親しまれたケイティ・リューング、『男たちの挽歌』(’86)シリーズのケネス・ツァンなどが脇を固めています。


あわせて読みたい

海外ドラマboardの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月11日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。