【AppleTV+】『リトル・アメリカ』の予告編が公開!配信は1月17日!

       
【AppleTV+】で新年から新たに配信がスタートするドラマ、『リトル・アメリカ』の予告編が公開になりました。2019年11月にサービスがスタートした【AppleTV+】も1月以上が経過し、今後の動向に注目が注がれています。そんな中で新たなドラマシリーズが追加された『リトル・アメリカ』さらにはその他の配信予定の作品も紹介!

『リトル・アメリカ』とは?

【AppleTV+】で、2020年から配信がスタートする新ドラマ『リトル・アメリカ』。
注目となるのは、クメイル・ナンジアニが製作に参加しているドラマということ。
クメイル・ナンジアニは、パキスタン人で現在はアメリカで俳優として活動しています。
2020年には、MCUの新章となるフェイズ4の『エターナルズ』に出演が決まっている、注目の俳優です。
クメイル・ナンジアニは俳優としてだけではなく、過去には自身が書いた脚本で主演も務めた『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』では、アカデミー賞脚本賞にノミネートされるなど高評価を獲得していました。
俳優としてだけではなく、製作など裏方としても作品作りをしている幅広いクリエイターです。

そんな注目度の高いドラマ作品が『リトル・アメリカ』。
アンソロジー・シリーズとなっており8つのエピソードから構成される、オムニバスドラマとなっています。
様々な人種が集まるアメリカのいろんな側面を描いた作品で、移民をテーマにしたコメディドラマです。
1話あたり30分ほどで構成され、アメリカのEpic Magazineで掲載された実話となる『リトル・アメリカ』を原作とする作品になります。
出演は、『マジシャンズ』などに出演するハーヴェイ・ギレンなどが決まっています。

ドラマ『リトル・アメリカ』は、AppleTV+で、2020年1月17日、第3金曜日に配信スタート。

2020年もAppleTV+は熱い!

【AppleTV+】『リトル・アメリカ』の予告編が公開!配信は1月17日!

NEW YORK, NEW YORK - NOVEMBER 01: (EXCLUSIVE COVERAGE) Actress/singer Hailee Steinfeld visits BuzzFeed's "AM To DM" to discuss Apple TV Plus’ original series "Dickinson" on November 01, 2019 in New York City. (Photo by Slaven Vlasic/Getty Images)

AppleTV+は、2020年以降も更に番組が続々と追加予定担っており、その勢いはNetflixなどに匹敵するほど。
そしてAppleTV+の特徴としては、とてもわかりやすく月額の料金で観られる作品は、オリジナルのみとなっており、その他の一般作品を見る場合は個別で課金しレンタル、または購入する必要があるということ。

その棲み分けがはっきりしていることで、オリジナル作品に多く資金を回せることも影響し今後のラインナップや、現在製作が決定しているものをあげるだけでも、錚々たるクリエイターや俳優が参加する作品が控えています。
簡単にではありますが、今後製作予定のものなどAppleTV+のオリジナル作品を紹介します。

公開日未定ながらも近々に公開予定となる作品

今最も公開が期待されているのがサミュエル・L・ジャクソンとアンソニー・マッキーが主演する映画『THE BANKER』。
本来ならば12月、もしくは新年早々に公開予定となる作品でしたが諸事情により公開が延期となってしまっている作品です。
その事情が片付くまではまだ、明確な公開時期が発表されていませんが、その後の展開がとても注目を集めています。
さらにはニコラス・ホルトもキャストにおり、銀行家を中心とするドラマ作品。
120分ほどの長編作品です。
もう一つ公開間近の注目作品としては、スティーブン・スピルバーグ監督が製作する『Amazing Stories』なども撮影が終了しており公開を控えています。

その他では、現在ヘイリー・スタインフェルド主演の『ディキンスン ~若き女性詩人の憂鬱~』や『サーヴァント~ターナー家の子守~』などシーズン2の更新が確定している作品も存在。

製作が決定している注目作品!

【AppleTV+】『リトル・アメリカ』の予告編が公開!配信は1月17日!

PARIS, FRANCE - SEPTEMBER 11: In this photo illustration, the Apple TV Plus logo is displayed on an iPhone screen on September 11, 2019 in Paris, France. Yesterday, the US multinational Apple announced at its keynote launch its video on demand web television entitled Apple TV Plus. video streaming service Apple TV + will be available from November 1, 2019 in France and in a hundred countries at a rate of 4.99 euros per month. (Photo by Chesnot/Getty Images)

AppleTV+では、『リトル・アメリカ』のように有名な俳優が出演しない作品であっても、クメイル・ナンジアニのような著名な俳優などを製作陣に起用し、話題に事欠かないような配慮をしています。
まだサービス開始して数ヶ月というだけあってこれから配信予定、または製作予定の作品にも話題となる俳優陣などの起用がされているものが控えています。
まだ、関わる人だけが発表されているものが多いので詳細はあまりわかりませんが、判明している作品を簡単に紹介していきます。

まずは、クリス・エヴァンスが主演する『Defending Jacob』。
2012年の同名小説を原作にする、犯罪ドラマです。
全8話からなるミニシリーズで、2019年の夏に撮影していたことが判明しています。

ここまでのAppleTV+の特徴としてはドラマに重きを置いた作品群で、重厚な物語となる作品が特徴でしたが、
アメコミヒーローの実写化作品にも着手していることが、アメリカ・ハリウッドリポータに報じられています。
それが『El Gato Negro』という作品で、現在はまだ製作企画段階で詳細などは不明。

Robert Rodriguez and Diego Boneta are teaming for El Gato Negro, an adaptation of a Mexican comic book being set up at Apple TV+ as a series.

Rodriguez will direct and executive produce, with Boneta starring and also exec producing via his company Three Amigos. MGM Television is the studio behind the project, which is in early development. Joel Novoa will co-produce.

出典元:https://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/robert-rodriguez-diego-boneta-team-el-gato-negro-apple-1239492

この他では『Lisey's Story』という作品も、驚くべきメンツが集うドラマシリーズになります。
J・J・エイブラムス製作で、出演はジュリアン・ムーア、デーン・デハーン、クライグ・オーウェン、サン・カンなどがキャスト入り。
そしてまだまだ驚くべき事実は、脚本です。
この作品お脚本は、なんとスティーブン・キングが執筆しているのです。
まんま映画並みのクオリティで、全8話のドラマ作品になる予定。

特筆すべき作品はまだまだありますが2020年は、AppleTV+の家族は止まることなく快進撃が続きそうです。

あわせて読みたい

海外ドラマboardの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月24日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。