ネットフリックス おすすめコメディドラマ

ついに2020年が始まった!?どうせなら、笑って新年を迎えたい!!ネットフリックスのコメディドラマで笑って新年を迎えよう!!

GLOW

制作:リズ・フラハイヴ、カリー・メンシュ
キャスト:アリソン・ブリー、ベティー・ギルピン、シドル・ノエル、ブリトニー・ヤング、マーク・マーロン、ブリット・バロン、ケイト・ナッシュ、ガイル・ランキン

ネットフリックスの数あるドラマの中でもかなりオリジナリティーの強いGLOW。同ドラマはゴージャス・レディース・オブ・レスリングという新米のプロレスリング広報宣伝部のストーリーだ。シーズン1から人気を博した同作のシーズン2はネットフリックス史上最高のドラマであるといえる。ただただ、面白く、キャラクターの個性豊かで、エンターテイメント性抜群の作品だ。

ストーリー:売れない新人女優のルース(アリソン・ブリー)は、ギラギラド派手なスパンデックスの衣装にまとい、女子プロレスの世界へ挑戦する。B級映画監督サムに導かれ、12人のハリウッドの落ちこぼれたちと共に新たな挑戦へと挑む!!

ネットフリックス おすすめコメディドラマ

https://tvseriesfinale.com/wp-content/uploads/2017/06/glow-netflix-canceled-renewed-e1497996799657.jpg

グッドプレイス

制作:マイケル・シュア
キャスト:クリステン・ベル、ウィリアム・ジャクソン・ハーパー、ジャミーラ・ジャミル、ダーシー・カーデン、マニー・ハシント、テッド・ダンソン

『グットプレイス』はいわば、『ロスト』にシットコム(シチュエーションコメディの略称)の要素、さらに哲学的深みやヒューモアが加わえた作品となっている。(『ロスト』を見たことがない読者は、心にジンときながらもコメディー要素を持つドラマと理解してもらえればと思う)。

ストーリー:自己中心的で傲慢な人生を送ってきたエレノアは死後の世界で「バットプレイス」に行くことのなっていたのだが、偶然「グットプレイス」に行くことになる。「バットプレイス」では人生で今まで行った悪行が拷問などのよって自分に降りかかる。何とか「グッドプレイス」にとどまろうと奔放するエレノアをめぐる物語。

ネットフリックス おすすめコメディドラマ

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/a02nd_afterglow/20180527/20180527154315.jpg

ジ・オフィス

制作:スティーブン・マーチャント、ステファン・マーチャント、リッキー・ジャーヴェイス
キャスト:リッキー・ジャーヴェイス、マーティン・フリーマン、マッケンジー・クルック、ルーシー・デイヴィス、ラルフ・イネソン、スターリング・ギャラハー、パトリック・バラディー

『ジ・オフィス』はイギリスで社会現象的な人気を博したのち、2005年アメリカ版でリメイクされ、エミー賞獲得など、高評価を得ているドラマだ。イギリス版、アメリカ版それぞれ2シーズンずつ。

ストーリー:製紙会社ダンダー・ミフリンのペンシルベニア州スクラトン支社のスティーブン・カレル演じる見栄っ張り社長とその部下たちとのやりとりをコミカルに描いたドラマ。毎回、セットが同じ「シチュエーションコメディ」で大きな事件は起きないが、オフィス内の日常のやりとり、人間模様がユーモアたっぷりで誰もが笑える作品。イギリス版はシニカルでブラックジョークが多い反面、アメリカ版はハートフルなエピソードが多い。

ネットフリックス おすすめコメディドラマ

https://news.aol.jp/2017/12/28/the-office-revival-in-the-works-at-nbc/

セックスエジュケーション

制作:ローリー・ナン
キャスト:エイサ・バターフィールド、ジリアン・アンダーソン、ンクーティ・ガトワ、エマ・マッキー、コナー・スウィンデルス、ケダル・ウィリアムズ・スターリング

2019年1月11日に配信が開始された「セックスエデュケーション」。その驚異的な視聴者数と高評価で配信開始からわずか4週間後に第2シーズンの制作が発表された。10代が持つ性の悩みをはじめ、同性愛や中絶といったシリアスなテーマも取り扱い、今までのティーンコメディとは一味違ったドラマ!!

あらすじ:セックスセラピストの母親をもつ高校生オーティス。性に対してオープンな家庭に育つが、社会性乏しい引っ込み思案のオーティスは、ひょんなことから童貞ながら豊富な知識を生かして性に悩みを持つ生徒たちを対象にセックス相談を始める。その的を得たセラピーが“顧客”たちからの人気を集め、たちまち一目置かれる存在になっていくさまがコミカルに描かれる。

ボージャックホースマン

制作:ラファエル・ボブ=ワクスバーグ
キャスト:ウィル・アーネット、エイミー・セダリス、アリソン・ブリー、ポール・F・トンプキンズ、アーロン・ポール、パットン・オズワルト、クリステン・シャール、スタンリー・トゥッチ、オリヴィア・ワイルド、J・K・シモンズ、ラファエル・ボブ=ワクスバーグ

ブラックな笑いの合間に、人生の憂鬱感と抑うつ的な精神を描き、生きていくための微かな希望と回復に人生をかけていくストーリー。シニカルであると同時に切実な悲痛さも同時に描写する同ドラマは、笑って泣けてしまう深いストーリー。

あらすじ:主人公のボージャック・ホースマンは90年代に『馬か騒ぎ』というシットコム(シチュエーションコメディ)で人気タレントとなる。ハリウッドのショービジネス界で酒やドラッグに浸った90年代を過ごし、現在は憂鬱感を抱え、コメディアンとしての姿は消え去った。彼の伝記を出す話が持ち上った際にゴーストライターを雇い.....

あわせて読みたい

海外ドラマboardの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月14日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。