【Netflix】『ロック&キー』の予告編が到着!アメコミ原作のサスペンス・スリラー!

プロデュースに、『IT/イット"それ"が見えたら終わり』のアンディ・ムスキエティが参加するNetflixのドラマシリーズ、『ロック&キー』の予告編が公開になりました。公開は2020年2月7日を予定しているドラマ作品。配信前にちょこっと解説!

Netflixドラマ『ロック&キー』の予告編が到着!

Netflixで2月7日に公開が予定されているドラマ、『ロック&キー』の予告編が公開になっています。
しかし2020年1月9日現在、日本版も同時に公開されたものの削除されています。
原因は分からず定かではありませんが、おそらく予告編の内容が際どいために差し戻されたものだと思われます。
際どい部分とは、血の表現などが考えられます。

本作品は、スリラー作品となっており霊などの超常現象を題材にした作品で、アメリカでは人気のあるアメコミシリーズです。
過去には、FOXやHuluなどでパイロット版が制作されていますが、結果として本シリーズに発展することはありませんでした。
そしてかねてより、Netflixが新プロジェクトとして『ロック&キー』を考えていることで、3度目の正直ともなる今回、ようやく全10話のドラマシリーズとして本格的にリリースが決定しています。

『ロック&キー』は近年のスリラー作品の主流となっている、キッズアドベンチャー要素もかねており、狙うは第2の『ストレンジャー・シングス』としてNetflixがどれだけ力を入れているのかが、予告編からも伝わる内容です。

『ロック&キー』とは?

【Netflix】『ロック&キー』の予告編が到着!アメコミ原作のサスペンス・スリラー!

https://images.squarespace-cdn.com/content/v1/554d1c8ee4b0a8858a71e97e/1477323419123-J5QNXMA15KTQWF527MDW/ke17ZwdGBToddI8pDm48kKPQ1QFN2WKn6hZGJSJq14VZw-zPPgdn4jUwVcJE1ZvWhcwhEtWJXoshNdA9f1qD7Xj1nVWs2aaTtWBneO2WM-snYSx4586ok2dalSaoXipmUQhd9CF_tZh9Sh2ZHNSnDw/lockvolume1.jpg?format=300w

『ロック&キー』には、原作が存在します。
その原作はいわゆる漫画作品、アメリカンコミックと言われるアメコミのひとつで、原作は作家のジョー・ヒル、作画をガブリエル・ロドリゲスというアーティストによって描かれています。
特に原作を担当したジョー・ヒルは、あの有名なミステリー作家スティーブン・キングを父に持つことで知られています。
そのジョー・ヒルも父に負けずと名作を生み出している小説家で、過去には、ダニエル・ラドクリフ主演の『ホーンズ』など数々の映像化作品も手掛けており、父親に負けじと様々なスリラー作品を手がけている作家です。

作画を担当しているガブリエル・ロドリゲスは、アーティストというだけあってその活動は、コミック作家だけにとどまっていません。
現在では漫画家として知られた存在ですが、それまでは建築家を本業としてコミックで食べていけるまで生活をしていた人物。
彼はチリ人で、この『ロック&キー』のヒットにより本格的にコミック作家として成功を手にしています。

そんなふたりで生み出しているのがこの『ロック&キー』で、2008年から2017年までに全8巻がリリース済です。
そして2019年のコミコンで、ジョー・ヒルが新たな物語が進行中だと明らかにしていました。
2020年に『ロック&キー』は新作の発売が控えていると、伺えます。

物語は、ロック家の3人の兄妹を中心に、先祖が残した鍵の家<キーハウス>を中心に、超常現象に見舞われながらもある霊の存在に立ち向かっていくという内容。

『ロック&キー』は”IT”シリーズの特色がある?

【Netflix】『ロック&キー』の予告編が到着!アメコミ原作のサスペンス・スリラー!

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BNjZkNzY4M2ItOWY0Ni00Y2ViLWE1NjItOTIyYzZjMzg5M2E1XkEyXkFqcGdeQXVyMTkxNjUyNQ@@._V1_SY1000_CR0,0,675,1000_AL_.jpg

『ロック&キー』は、制作総指揮にアンディ・ムスキエティが参加しています。
アンディ・ムスキエティは、2017年に公開したホラー映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』を監督した人物です。
『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』はホラー映画史上No.1となる興行収入を打ち立てており、大ヒットを記録した作品です。
その監督が制作総指揮として、『ロック&キー』に参加しており、その特色が随所に現れているのも特徴です。
『ロック&キー』の主演は、ジャクソン・ロバート・スコット。
彼は、子役ながらも素手のとても有名な存在です。
そう、それがまさしくアンディ・ムスキエティの特色ともいうべきキャスティングで、ジャクソンは、『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』で冒頭で印象的なシーンとなった物語の鍵を握る少年、ジョージー役を演じている子役です。
その他このドラマにプロデュースとして参加しているのはアンディ・ムスキエティの他に、姉であるバーバラ・ムスキエティも参加しています。
バーバラは、アンディ・ムスキエティを一躍有名にした『MAMA』(2013年)でもプロデューサーとして参加するなど、敏腕ぶりを発揮している映画プロデューサー。
さらには作家であるジョー・ヒルも参加しており、過去2度『ロック&キー』の映像化に失敗している経験を活かし、とても期待度の高いクオリティを作り出しています。

映像化に失敗しているとはいえ、裏を返せば2度も企画されるほどに作品化が望まれていた名作でもあるということ。
前回の企画の時に、Huluで制作されたパイロット版でもアンディ・ムスキエティが製作していたとされており、その企画が暗礁に乗り上げた途端にNetflixに切り替わり、新プロジェクトとして発足している本作品。
Hulu版がそのまま引き継がれたわけではなく、一部では流用しているもののほぼ新プロジェクトとして立ち上がり、Netflixが本格的にジョー・ヒルの念願叶って作品化となる『ロック&キー』は、2020年2月7日にNetflixで配信予定。

あわせて読みたい

海外ドラマboardの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月9日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。