「エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY」でワトソンを好演!ルーシー・リューおすすめ作品5選!

映画「チャーリーズ・エンジェル」で一世を風靡し、現在では吉田羊に似ていると話題のルーシー・リュー。実は小柄で160cmの身長しかない彼女は、ハリウッドで最も成功したアジア系女優と言える。ハリウッドを開拓した女優ルーシー・リューのおすすめ作品5選を紹介する。

ルーシー・リューおすすめ作品5選!その1:映画「ペイバック」(1999年)

「エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY」でワトソンを好演!ルーシー・リューおすすめ作品5選!

当時「ナイスガイ」メル・ギブソンが初めて悪役を演じるということが話題になった。

Mel Gibson during Westwood Premiere of "Beloved" at Mann Bruin Theatre in Westwood, California, United States. (Photo by SGranitz/WireImage)

海外ドラマ「アリーmyラブ」の出演でエミー賞助演女優賞を受賞し注目されたルーシー・リューは、メル・ギブソンが人気絶頂の際、初の悪役を演じた「ペイバック」で中国系娼婦を演じ、世界的にも注目された。

本作は、アメリカの人気作家リチャード・スタークの犯罪小説「悪党パーカー/人狩り」の2度目の映画化作品。

1973年にはロバート・デュバル主演で「組織」という名前で映画化されていたが、本作はメル・ギブソンが主演である。

製作費9,000万ドルに対し、全米で8,000万ドル、総興行収入は1億6,000万ドルのヒットを記録した。

基本的にルーシー・リューはチョイ役であるが、彼女のキャリアを考えた場合にとても重要な作品であるので、おすすめ作品に入れた。

ルーシー・リューおすすめ作品5選!その2:映画「チャーリーズ・エンジェル」シリーズ(2000年、2003年)

「エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY」でワトソンを好演!ルーシー・リューおすすめ作品5選!

「チャーリーズ・エンジェル」が勢揃い!

LUCY LIU, CAMERON DIAZ AND DREW BARRYMORE during THE NY PREMIERE OF "CHARLIE'S ANGELS FULL THROTTLE" at Loews Lincoln Square in New York, New York, United States. (Photo by Sylvain Gaboury/FilmMagic)

ルーシー・リューと言えば、このシリーズと言って過言ではないであろう。

キャメロン・ディアス、ドリュー・バリモアという当時のハリウッドを牽引する女優たちと混じって、ルーシー・リューが「チャーリーズ・エンジェル」に抜擢され、話題をさらった。

探偵社で働くおちゃめな3人組探偵のナタリー、ディラン、アレックス。

顔が見えない雇い主チャーリーの依頼を受け、事件を解決していくアクション映画シリーズである。

1作目「チャーリーズ・エンジェル」は、全米で1億2,000万ドル、総興行収入が2億6,000万ドルを超える大ヒット。

2作目「チャーリーズ・エンジェル フル・スロットル」は、全米で1億、総興行収入が約2億6,000万ドルと一大ブームを築き上げた。

ルーシー・リューは、今でもキャメロン・ディアス、ドリュー・バリモアと親交があるらしく、2019年5月に行われたハリウッド・ウォーク・オブ・フェイムの授賞式に彼女たちも参列している。

オリジナル予告のため、日本語字幕がありません。

オリジナル予告のため、日本語字幕がありません。

ルーシー・リューおすすめ作品5選!その3:映画「キル・ビル」シリーズ(2003年、2004年)

「エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY」でワトソンを好演!ルーシー・リューおすすめ作品5選!

2004年の写真。前髪下ろしてもキレイですね!

SANTA MONICA, CA - FEBRUARY 28: Lucy Liu arrives at the 2004 IFP Independent Spirit Awards February 28, 2004 in Santa Monica, California. (Photo by Carlo Allegri/Getty Images)

当時のハリウッドで中国系女優が演じる役は、だいたいがカンフーが得意な中国人というステレオタイプ化された役柄が多かったが、本作も同様。

2003年、2004年と続編が作られた、ユマ・サーマン主演、クエンティン・タランティーノ監督の人気アクションシリーズである。

日本愛が強いタランティーノ監督が、日本刀を片手にアクションを展開する、日本を舞台にした作品であることから、日本でもヒットを記録した。

第1作目の「キル・ビル」は、全米で約7,000万ドル、総興行収入が約1億8,000万ドル、第2作目の「キル・ビルvol.2」は、全米で約6,600万ドル、総興行収入が約1億5,000万ドルである。

ルーシー・リューは、オーレン・石井という母親が日本人のハーフである中国系アメリカ人の殺し屋を演じている。

オリジナル予告のため、日本語字幕がありません。

オリジナル予告のため、日本語字幕がありません。

ルーシー・リューおすすめ作品5選!その4:映画「デタッチメント 優しい無関心」(2011年)

「エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY」でワトソンを好演!ルーシー・リューおすすめ作品5選!

ハリウッド・ウォーク・オブ・フェイムの式典にて

HOLLYWOOD, CALIFORNIA - MAY 01: Lucy Liu at Lucy Liu's Hollywood Walk of Fame star ceremony on May 01, 2019 in Hollywood, California. (Photo by Morgan Lieberman/FilmMagic)

エドワード・ノートン、エドワード・ファーロング共演の映画「アメリカン・ヒストリーX」(1998年)で話題をさらったトニー・ケイが監督を務めた社会派作品である。

荒れた高校へと着任したヘンリーは、代理教師ながらも高校を変えていこうとするのだが…という話。

アメリカ社会の教育の問題点を暴露した内容となっていて、いわゆる学級崩壊、モンスターペアレンツなど日本でも問題になっている問題が描かれている。

ルーシー・リューは、荒れた高校で悩みながら勤務しているスクールカウンセラー・ドリス役を演じた。

ほぼ興行収入はないようなもので、日本でもビデオスルーされた作品であるが、ヴァランシエンヌ国際アクション冒険映画祭の最優秀作品賞、ドーヴィル映画祭の批評家賞などを受賞し、批評的な評価は高い作品。

出演者も豪華で、エイドリアン・ブロディが主演を務め、医療ドラマ「コード・ブラック 生と死の間で」(2015年-2019年)のマーシャ・ゲイ・ハーデン、人気ドラマ「マッドメン」(2007年-2015年)のクリスティーナ・ヘンドリックスが出演している。

オリジナル予告のため、日本語字幕がありません。

ルーシー・リューおすすめ作品5選!その5:海外ドラマ「エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY」(2012年-2019年)

エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY

「エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY」でワトソンを好演!ルーシー・リューおすすめ作品5選!

原題 :ELEMENTARY

アメリカ

more
「エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY」でワトソンを好演!ルーシー・リューおすすめ作品5選!

「エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY」を撮影中のルーシー・リュー

NEW YORK, NY - MARCH 28: Lucy Liu is seen on movie set of 'Elementary' on March 28, 2012 in New York City. (Photo by Ignat/Bauer-Griffin/GC Images)

シャーロック・ホームズものは多数映像化されているが、ワトソン役を女性に変えた作品は初めてであり、しかも、その役をルーシー・リューが演じることで話題になった作品。

本作の舞台は、現代のアメリカ合衆国に置き換えているというところもあり、設定が突飛なので、あまりうまく行かないのではないかと思っていたが、7シーズンも続く人気ドラマシリーズになった。

ニューヨーク市警の捜査に協力をしているイギリス出身のホームズ、元医師のワトソン。

ある殺人事件で容疑者となったワトソンをかばい、ホームズは国外退去になってしまうが、恩義を感じたワトソンは、ホームズを追って、様々な事件を解決していく。

ホームズを演じるのは、映画「トレインスポッティング」(1996年)、「T2 トレインスポッティング」(2017年)で有名なジョニー・リー・ミラー。

ティム・バートン監督、ジョニー・デップ主演の「ダーク・シャドウ」(2017年)にも出演している。

まとめ

「エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY」でワトソンを好演!ルーシー・リューおすすめ作品5選!

女性版ワトソンはハマリ役!

NEW YORK - NOVEMBER 19: Lucy Liu stars in ELEMENTARY on CBS Television Network. (Photo by Patrick Eccelsine/CBS via Getty Images)

いかがだっただろうか。

前述したとおり、「ハリウッド・ウォーク・オブ・フェイム」での殿堂入りを果たしたルーシー・リューは、すでに中国系アメリカ人という枠を超えて、ハリウッドを代表する女優となった。

紹介した作品以外にも「カンフー・パンダ」や「ティンカー・ベル」シリーズで声優も務めており、様々な分野での活躍が続いている。

今後のルーシー・リューの活躍を楽しみにしていきたい。

あわせて読みたい

海外ドラマboardの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月30日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。