【世界中で大炎上!?】勇者ヨシヒコの元ネタにもなった英コメディ「モンティ・パイソン」の映画

イラストレーターのQUESTION No.6です。前回はイギリスの伝説的コメディアン「モンティ・パイソン」とTV番組『空飛ぶモンティ・パイソン』についてガッツリ書かせていただきました。今回はTVシリーズ後につくられたパイソンズの映画シリーズをご紹介していきます!

モンティ・パイソン(パイソンズ)の基礎情報と『空飛ぶモンティ・パイソン』については、前回の記事をご覧くださいませ。

【世界中で大炎上!?】勇者ヨシヒコの元ネタにもなった英コメディ「モンティ・パイソン」の映画

「コメディ界のビートルズ」がつくった伝説の番組『空飛ぶモンティ・パイソン』は今見ても爆笑必須! | 海外ドラマboard

『モンティ・パイソン・アンド・ナウ』

映画第1作目の『アンド・ナウ』は、TVシリーズ継続中にアメリカ向けに公開された、TVシリーズの名作コントを映画用に再撮影した傑作選です。
「『空飛ぶ~』を全部観るのは長すぎるなぁ」という方には、まずこちらで有名作を観ていただくのも良いかもしれません。

ちなみに『空飛ぶ~』は日本でも吹替版でTV放送されていたのですが、残念ながら一部のエピソードしかテープが残っていないようです。
『アンド・ナウ』の日本版DVDでは、TVシリーズのスケッチも吹替版で観ることができるので、その点でもオススメですよ。
山田康雄や広川太一郎など超ベテラン声優陣たちがパイソンズを演じているのですが、元のテイストを無視したかな~り自由な吹替なので、オリジナルとはもはや別物の面白さがあるんです!

【世界中で大炎上!?】勇者ヨシヒコの元ネタにもなった英コメディ「モンティ・パイソン」の映画

『モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル』

満を辞して制作された映画オリジナルの第1作目。
ユニークでキャッチーなキャラクターがたくさん登場するので、パイソンズ映画の中でも特に人気の高い作品です。

アーサー王と円卓の騎士たちが、神の啓示を受けて「聖杯」を手に入れるべく旅をしていくのですが……。
農民たちや城の兵士にコテンパンにバカにされたり、「ニッ!」と言って脅してくる「ニッの騎士」や、人を食い殺す「殺人ウサギ」に狙われたりと、パイソンズらしいドタバタ劇が繰り広げられていきます。

特に秀逸なのが、馬に乗る代わりにココナッツの殻を打ち鳴らして蹄の音にするという、なんとも安上がりな演出方法です。
撮影地であるスコットランドのドゥーン城では、訪れたファンたちがココナッツを鳴らしながら撮影を楽しんでいるそうですよ。

【世界中で大炎上!?】勇者ヨシヒコの元ネタにもなった英コメディ「モンティ・パイソン」の映画

後にメンバーのエリック・アイドルは、本作をミュージカルにアレンジした舞台『スパマロット』を制作し、トニー賞を受賞しています。
こちらは2012年と2015年に日本でも上演されているので、ご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんね。

【世界中で大炎上!?】勇者ヨシヒコの元ネタにもなった英コメディ「モンティ・パイソン」の映画

HOLLYWOOD, CA - JULY 31: (L-R) Actors Craig Robinson, Kevin Chamberlin, Christian Slater, Rick Holmes, and Jesse Tyler Ferguson perform onstage during Monty Python Spamalot at the Hollywood Bowl on July 31, 2015 in Hollywood, California. (Photo by Mathew Imaging/WireImage)

日本版の『スパマロット』を手がけられたのは、ヒットメーカーの福田雄一監督です。
福田監督の代表作『勇者ヨシヒコ』シリーズには、「殺人ウサギ」ならぬ「殺人コアラ」など、実は『ホーリー・グレイル』からのパロディが数多く登場するんですよ。

『ライフ・オブ・ブライアン』

舞台はイギリスからエルサレムへ。主人公は、イエス・キリストと同じ日に生まれたブライアンという平凡な青年です。
ひとめぼれした女性を追って反ローマ帝国のレジスタンス活動に参加することになったブライアン君でしたが、ローマ軍に追われたり宇宙人に誘拐されたり(!)するうちに、ひょんな事からなぜか「救世主様だ!」と祀り上げられてしまいます。

クライマックスにて、磔刑にされた人々が「♪人生の明るい面をみようよ♪」と軽やかに歌う「Always Look On The Bright Side Of Life」は、シチュエーションと曲の良さのギャップがブラックすぎる名場面です。

『ホーリー・グレイル』並みのヒットが期待されましたが、本作は思わぬ「炎上騒ぎ」になってしまうのです……。

【世界中で大炎上!?】勇者ヨシヒコの元ネタにもなった英コメディ「モンティ・パイソン」の映画

なんと宗教関係者やクリスチャンたちが「キリストを冒涜している」と大激怒!クレームが相次ぎ反対デモまで起こり、場所によっては上映中止となってしまいました。
映画の冒頭で「キリストとブライアンは別人物」ときちんと説明されているのですが……そもそも映画を観ていない人が噂だけでどんどんバッシングし、パイソンズたちも事態を無視できないほど大騒ぎになってしました。

でも本作は、そうした騒ぎすらフリに思えてしまうほど、盲目的な信仰を絶妙にネタにしているんですけどね。

当時の騒動については、『Holy Flying Circus』というBBCのコメディドラマになっているほど。
パイソンズを演じる6人が全員びっくりするほど似ているので、それだけでも一見の価値アリですよ。

『人生狂騒曲』

1983年に公開された『人生狂騒曲』は、1989年にグレアム・チャップマンが他界したことで、オリジナルメンバーが全員揃った最後の作品となってしまいました。

テーマはそのものズバリ「人生の意味」。人の誕生から死までを7つのパートに渡って描く、パイソンズ流の人生哲学の物語です。
先生が生徒の目の前で性の実践講義をしたり、レストラン中をゲロまみれにする客が登場したりと、これまでのパイソンズ作品のなかでもエログロの過激さがズバ抜けています!
かなり上級者向けなので、がっつりパイソンズにハマった後にご覧いただく方が良いかもしれません。

【世界中で大炎上!?】勇者ヨシヒコの元ネタにもなった英コメディ「モンティ・パイソン」の映画

今回ご紹介した4作品以外にも、ライブ映像の『ライブ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル』『ノット・ザ・メシア』、2014年に待望の再結成をはたした記念すべき『モンティ・パイソン 復活ライブ!』など、パイソンズの映像作品はまだまだたくさんあります。(それもほとんど日本語版が出ているありがたさ!)
気になったものから、ぜひ観てみてくださいね。

【世界中で大炎上!?】勇者ヨシヒコの元ネタにもなった英コメディ「モンティ・パイソン」の映画

「映画ドラマboard」で映画レビュー&イラストも描いてます

【世界中で大炎上!?】勇者ヨシヒコの元ネタにもなった英コメディ「モンティ・パイソン」の映画

QUESTION No.6 | 映画board

関連サイト「映画board」でもレビューとイラストを描いています。記事を気に入っていただけたら、合わせてゼヒご覧くださいませ。

あわせて読みたい

海外ドラマboardの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月12日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。