【スコットランドが舞台の最新英国ミステリー】「証拠は語る~誰が母を殺したのか」ドラマの魅力に迫る!

2019年12月に放送開始されたばかりの最新英国ミステリー「証拠は語る~誰が母を殺したのか」。スコットランドを舞台に、最近の犯罪もののいろんなトレンドが詰まった見どころ満載な作品。2/8(土)のAXNミステリーでの放送前に、その魅力をご紹介します。

萩原麻理(はぎはら・まり/ライター)

スコットランドで繰り広げられる、女性たちのドラマ

このドラマでまず思ったのは、最近の犯罪もののいろんなトレンドが組み合わさっていること。例えば謎解きの部分は、『CSI』シリーズから始まった科学捜査がメイン。ぎりっとしたリアルな心理劇の部分からは、北欧ミステリーの影響も感じられます。さらに女性中心のスタッフによる女性たちのドラマ、というところはグローバルな流れ。けれどいちばん新鮮なのは、そういったものをたっぷり吸収したストーリーが、スコットランドの小都市、ダンディーで繰り広げられるところです。だからこそキャラクターに親しみが湧くんですよね。アメリカのドラマのように派手なアクションやスター・キャストはなく、北欧ドラマのような容赦のなさもなく、現代的だけれども普通にいる人々の物語として描かれる。ドラッグなどダークな側面も出てきますが、それも「地元の生活の一部」という感じなのです。

【スコットランドが舞台の最新英国ミステリー】「証拠は語る~誰が母を殺したのか」ドラマの魅力に迫る!

©UKTV

【スコットランドが舞台の最新英国ミステリー】「証拠は語る~誰が母を殺したのか」ドラマの魅力に迫る!

©UKTV

主人公エマは、故郷で母の死の謎に直面する

主人公エマ(モリー・ウィンザー)は、ダンディーの大学内にある科学捜査研究所=SIFAで助手として働きはじめた若い女性。彼女は実は7歳までダンディーで暮らしていましたが、母を亡くし、叔母と暮らすためマンチェスターに引っ越していました。そして戻ってきた故郷で母の死について新たな事実を知り、真相を追うことになる。大きなきっかけは、SIFAのオンラインのコースで出てきた「架空の事件」があまりにも母親の事件に似ていたこと。そのショックによって過去に目が向くことで、エマの周辺で人間関係が絡み合い、新たな出来事も発生します。


あわせて読みたい

海外ドラマboardの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月17日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。