『ウィッチャー』ゲラルト役 ヘンリー・カヴィルの履歴書

Netflixにて好評配信中の海外ドラマ『ウィッチャー』にて、主人公ゲラルト役を演じているヘンリー・カヴィルのこれまでのキャリアを振り返る!
『ウィッチャー』ゲラルト役 ヘンリー・カヴィルの履歴書

WARSAW, POLAND - DECEMBER 18: Henry Cavill attends the premiere of the Netflix series "The Witcher" (Wiedzmin) on December 18, 2019 in Warsaw, Poland. (Photo by Andreas Rentz/Getty Images for Netflix)

ヘンリー・カヴィル(Henry Cavill)

生年月日:1983年5月5日
出身地:ジャージー島 セント・ヘリア
身長:185cm
デビュー作:『Laguna』(2001年)

『ウィッチャー』ゲラルト役 ヘンリー・カヴィルの履歴書

https://www.imdb.com/name/nm0147147/mediaviewer/rm2442641152?ref_=nmmi_mi_tt_sf_21

『インモータルズ -神々の戦い-』(2011)

公開:2011年
製作国:アメリカ
監督:ターセム・シン
出演:ヘンリー・カヴィル/スティーヴン・ドーフ/ルーク・エヴァンズ/イザベル・ルーカス/フリーダ・ピントー/ミッキー・ローク ほか

遠い昔、神々が神話上の戦いでタイタンを打ち負かしてから、かなりの時が過ぎた。
邪悪な野望を持つ暴君王ハイペリオン(ミッキー・ローク)は、強大な軍隊を率いてエピロスの弓を探し求めていた。
誰もが恐れる王ハイペリオンに立ち向かうのは、人類の救世主として表れた農民上がりのテセウス(ヘンリー・カヴィル)ただひとりだった・・・。

2005年には6代目ジェームズ・ボンド役のオーディションを受け、最終選考で落選、2007年には原作者ステファニー・メイヤーたっての希望で『トワイライト』のエドワード・カレン役のオーディションを受けるも落選になるなど、あらゆる大作映画のオーディションに参加しては煮え湯を飲まされてきたヘンリー・カヴィルが、初めて大作映画の大役を手にしたのが同作。
筋骨隆々なその肉体美と安定した演技で、次代を担う若手俳優としての期待を一身に集めた彼は、その後、ハリウッドにおいて大きく飛躍を遂げていく。


あわせて読みたい

海外ドラマboardの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月22日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。