【冬ドラマ】『恋はつづくよどこまでも』各話あらすじ&ネタバレ情報

上白石萌音と佐藤健のW主演ドラマ『恋はつづくよどこまでも』。 毎週火曜夜10時から放送している、病院を舞台にした胸キュンラブストーリーです。 そんな本作の各話のあらすじ&ネタバレ情報をご紹介します。 ※最終話までのあらすじ&ネタバレを更新しました。(2020年3月19日)

『恋はつづくよどこまでも』とは

ある日、偶然起きた出来事で運命の男性となる医師と出会った主人公・佐倉七瀬(さくら・ななせ)。
それから5年…。
運命の王子様である彼を追い看護師となった七瀬は、ついに憧れのドクター・天堂浬(てんどう・かいり)と再会する。

しかし、天堂は七瀬が思い描いていたような理想的な人ではなかった!
超がつくほどのドSで、誰にでも厳しい天堂は「魔王」のような恐ろしい性格だったのだ。

そんな天堂に憤慨しつつも、仕事に恋にどこまでも真っすぐに向き合う七瀬。
持ち前の根性と明るさで、次々と起こる困難に食らいついていく。

頑張る七瀬を応援したくなる、見ていて元気が出てくる胸キュンラブストーリー。

第1話『恋はつづくよどこまでも』

1月14日放送
視聴率:9.9%

【あらすじ】

修学旅行で東京観光をしていた高校生の佐倉七瀬(上白石萌音)は、初老の女性が目の前で意識を失い倒れるところに遭遇する。
慌てふためく七瀬だったが、偶然通りかかった医師・天堂浬(佐藤健)が介抱したことで女性は意識を取り戻す。
スピーディに対処する天堂の姿に一目ぼれした七瀬は、彼に会いたい一心で看護師を目指すことを決意。

それから5年後――。
晴れて看護師になった七瀬は、憧れの天堂が務める日浦総合病院に勤めることに。
再会早々天堂に愛の告白をするが、5年前のことを微塵も覚えていない天堂にこっぴどく振られたあげく、厳しい言葉で罵られてしまう。

落ち込む七瀬は、同じく新人看護師の仁志琉星(渡邊圭祐)、酒井結華(吉川愛)、菅野海砂(堀田真由)と共に、各科を研修で回ることに。
七瀬は天堂が所属する循環器内科で研修をすることになるが、天堂に早く看護師として認められたい気持ちが空回りし、ミスを連発、叱責されてしまう。

天堂から看護師は向いていないと言われ気落ちしていた七瀬は、何度も入退院を繰り返す小児科の患者・杏里(住田萌乃)に出会う。
杏里の優しい言葉に看護師としてのやる気を取り戻した七瀬は、急な不整脈で入院してきた神田の看護を担当することに……。

出典元:https://www.tbs.co.jp/koitsudu_tbs/story/ep1.html

ネタバレ

天堂から叱責され落ち込む七瀬を杏里は用務室に連れていく。
そこでは大体新人たちが人知れず泣いているのだとか。
優しい杏里は、七瀬に涙を拭うためのトイレットペーパーを渡し励ますのだった。

元気を取り戻した七瀬だったが、その数日後杏里の病状が急変。
退院日が延期になったことから杏里を心配する七瀬だったが、気丈に振る舞う杏里を見て安心する。

だが備品を取りに用務室に向かった七瀬は、涙を拭くためのトイレットペーパーが減っていることに気付く。
「杏里は実はとても傷づいていたのだ」と勘繰った七瀬だったが、その時すでに杏里は病室を抜け出していた。

病院中を探し回る七瀬は、屋上から飛び降りようとしている杏里を発見する。
「私の病気のせいでみんなに迷惑がかかる」と叫ぶ杏里に、七瀬は力強い言葉を必死に語りかける。

だが、足を滑らせすんでのところで繋ぎとめている絶体絶命の状況。
「誰か助けて!」と叫んだその時、天堂がやってきて一緒に杏里を救出してくれる。

杏里救出後、七瀬は改めて天堂に、離れずについていくと強い意志を語るのだった。

その後、七瀬と天堂が同じマンションの隣同士だということが発覚。
浮かれる七瀬の目の前で、天堂の自室から謎の美女(香里奈)が出てくるのだった。

第2話『恋はつづくよどこまでも』

1月21日放送
視聴率:10.5%

【あらすじ】

5年振りに再会した天堂浬(佐藤健)が、偶然にも隣の部屋に住んでいることが分かり、有頂天となる佐倉七瀬(上白石萌音)。
しかしその直後、謎の美女・流子(香里奈)と一緒に住んでいると知り、七瀬は落胆。
さらには、なんと流子から強引に2人の“愛の巣?”に招かれることに…!?
初めて、天堂のプライベートな姿を垣間見て淡い妄想を膨らませる七瀬だが、天堂からは「うちの科にくるなら手加減しない」と一喝されてしまう。

そんな中、循環器内科に正式配属された七瀬は、天堂の下に付くことに。
天堂に一人前の看護師として認められたい七瀬だが、相変わらずミスを連発し、罵声を浴びせられていた。

一方、急な不整脈で入院中の家電量販店の従業員・神田光喜(金子大地)の緊急オペが決まる。
しかし、オペの不安からか、神田は食欲不振に…。

そんな神田に対し、天堂は投薬療法を見直し、食欲増進を図ろうとする。
七瀬は院内で開催するスペシャルイベントに神田を誘うことを思いつくのだった。
七瀬の優しい気遣いに、食欲と前向きな気持ちを持ちなおした神田は、退院後に七瀬へオススメの炊飯器を提案することを約束する。

笑顔を取り戻した神田の表情に安心する七瀬だが、オペの前に神田の容態が再び急変し…。

出典元:https://www.tbs.co.jp/koitsudu_tbs/story/ep2.html

ネタバレ

神田が急変したと知った七瀬は、急いで手術室に駆けつける。
しかし初めての状況にあたふたすることしかできず、神田はあっけなく亡くなってしまう。

神田の死後、神田の片思いの相手が病院にやって来る。
彼女が持ってきたのは、オススメの炊飯器情報がびっしりと書かれたパンフレット。
神田は七瀬との約束を守るために下調べをしていたのだった。

今まで生きていた人が突然いなくなってしまう、七瀬は喪失感と日々の疲れから自宅前で倒れてしまう。

七瀬が目を覚ますと、目の前には天堂がいた。
自宅前で倒れこんだところを天堂の姉・流子が運んでくれたのだ。
(第1話の最後に出てきた謎の美女の正体は、天堂の姉・流子)

落ち込み、泣きじゃくる七瀬。
そんな七瀬を見た天堂に、「みんな落ち込んでいるから」と優しい言葉をかけ突然抱きしめるのだった。

第3話:『恋はつづくよどこまでも』

1月28日放送
視聴率:10.2%

あらすじ

佐倉七瀬(上白石萌音)が倒れたと聞き心配でお見舞いにきた来生晃一(毎熊克哉)と、七瀬の部屋に忘れた鞄を取りに来た天堂浬(佐藤健)が鉢合わせ、その状況に七瀬は動揺を隠せずにいた。

来生は自分が七瀬を看病するから天堂には帰っていいと促すも、なんと七瀬は部屋で天堂と一晩2人きりに…。
翌日、目が覚めると天堂の姿はなく、病院ではいつも通り天堂に厳しく指導される日々が始まる。

しかし天堂を意識してか、針を得意としていた七瀬は、入院患者の巣鴨をはじめ、立て続けに注射の針刺しに失敗してしまう。
患者からの目も同僚からの目も厳しくなる中、天堂には研修医時代を一緒に過ごした恋人がいたという過去を知ってしまい…。

複雑な思いを隠しきれない七瀬だが、一人前の看護師として認めてもらうため、注射の練習を始めると、来生が腕を貸し練習台に。
同じく研修医時代に仲が良かった来生から、当時の様子を聞いた七瀬は…。

一方、仁志琉星(渡邊圭祐)は映画館で出会って一目ぼれした流子(香里奈)と院内で再会することに。
実は仁志の上司である結城沙世子(片瀬那奈)と犬猿の仲だったことが発覚!?
仁志の恋の行方に暗雲が立ち込め…。

出典元:https://www.tbs.co.jp/koitsudu_tbs/story/

ネタバレ

来生は七瀬に天堂の恋人、若林みのりの話をする。
大雪の日家が遠い中出勤するなど、底抜けに明るく強くて優しい女性だったとのことだ。
しかし、研修中に拡張型心筋症と診断されたのち亡くなってしまったのだと言う。

天堂の過去を知り、複雑な思いを持ちながらも看護師として立派になろうとする七瀬。
失敗続きの採血を克服するために、夜中に一人で練習を繰り返すのだった。

一方退院を要求している巣鴨のカルテを見た天堂は、七瀬が書いた「グリーンエナジー療法を勉強している」という一文を読み、巣鴨が毎日自主的に飲んでいる青汁が原因で、投与している薬が効かなかったことに気づく。

反省する巣鴨。
実は自分の病気のせいで妻に負担がかかっているのではないか、と心配していたのだと言う。
早めの退院を要求したのはそのためだったのだ。

その夜、循環器内科の新人歓迎会が行われた。
天堂も呼ばれており、周りからちやほやされる七瀬。
そこで改めて天堂への憧れと、立派な看護師になる旨を宣言するのだった。

ビールのせいで酔っ払った七瀬。
同じマンションに住む天堂は、七瀬を送っていくことになる。
その途中ベンチで一休みすると、天堂は七瀬に「立派な看護師になりたいのなら、俺が育てる」と言う。

そんな天堂に七瀬は、「大事な人を亡くして辛いなら、私が笑わせます、先生を!」とニッコリして肩に寄り掛かり寝てしまう。
そんな七瀬を見て天堂は微笑むのだった…。

【2020年冬ドラマ】視聴率ランキング&一覧(ネタバレ・あらすじ付き)【1月~3月版】 | 海外ドラマboard

他のドラマの視聴率ランキングはこちら

第4話:『恋はつづくよどこまでも』

2月4日放送
視聴率:10.6%

あらすじ

循環器内科の仕事にも慣れてきた佐倉七瀬(上白石萌音)が患者の退院を見送った矢先、心不全の患者・鶴岡恵子が緊急搬送されてくる。
馴れない緊急対応に成す術なく落ち込む七瀬だったが、デスク業務に戻るとそこには七瀬を労うメモが…。
皆に優しい来生晃一(毎熊克哉)からのメモだと思っていた七瀬だが、来生は自分が書いたメモではないという。

しかし、自宅のポストにまでメモが残されていることから、天堂浬(佐藤健)の姉でマンションの管理人も務める流子(香里奈)はストーカーの仕業ではないかと指摘。
流子が七瀬の身を案ずる一方で、七瀬を心配するそぶりをまったく見せない天堂。
そんな天堂の姿に、来生は七瀬のボディガードを買って出るが……。

一方、心不全で入院中の恵子の手術が決まる。
しかし恵子は手術は受けたくないと拒否し、そんな恵子の態度に戸惑う七瀬はその理由を探ることに。
そして七瀬は、恵子と心を通わせ、ある望みを託されるのだが...。

出典元:https://www.tbs.co.jp/koitsudu_tbs/story/ep4.html

ネタバレ

七瀬は恵子から生き別れた娘の結婚式を間近に控えており、どうしても出席したいという願いを聞く。
恵子の思いを知った七瀬は「自分が常に付き添うことを条件に、恵子を結婚式に参加させてあげる」という提案を出す。

“新人ナースには危険だ”と始めは反発を受けてしまう七瀬。
しかし天堂が付き添いを申し出てくれたことにより、承諾を得るのだった。

そして結婚式当日。
恵子は、天堂と七瀬の外出支援のもと式場に訪れ、長年会っていなかった娘との再会を果たす。
涙を流して再会を喜ぶ恵子は、七瀬と天堂に強い感謝の想いを伝えるのだった。

結婚式も無事に終わった帰り道、七瀬は式場に忘れ物を取りに行く。
そこに待ち受けていたのは、七瀬が担当していたかつての患者・田沢だった。
(ストーカーの正体は田沢)

田沢から七瀬を守ろうとする天堂。
そんな中、上から落ちてきた資材から天堂を守る際七瀬がケガをしてしまう。

救急車に運び込まれる七瀬は、「先生とキスしたり、デートしたりしたかった」と言ってから、返事をしなくなってしまう。それを見た天堂は、「キスもデートもしてやるから、生きろ!」と七瀬を励ます。

しかし実は、七瀬は数日の疲労から寝落ちしただけだった。
何とも間抜けなオチに呆れる天堂。
頭は打ったものの、救急車内での会話を覚えていた七瀬は「キスしたい!デートしたい!」と天堂にせがむ。

冗談だと一瞬スルーする天堂だったが、「これは治療だ」と前置きをしながらも、七瀬に突然キスをするのだった…。

第5話:『恋はつづくよどこまでも』

2月11日放送
視聴率:9.6%

あらすじ

佐倉七瀬(上白石萌音)のストーカー・元入院患者の田沢伸(森廉)と天堂浬(佐藤健)がもみ合いになり、ケガを負った七瀬は救急車で搬送される。

意識が朦朧とする七瀬は、「先生とデートしたり、キスしたりしたかった…」と胸の内を告白し、意識を失う。
そんな七瀬に必死に声をかけ続けた天堂は、「乗り切ったら、願いを何でも叶えてやる」と約束し、「彼氏になってやる」と告げる。

公私混同したくないという天堂に交際の事実を周囲に明かさないように口留めされるが、5年越しの片想いが実り舞い上がる七瀬は…。

一方、循環器内科の主任ナース・根岸茉莉子(平岩紙)の長男・真司が不整脈治療のため、入院してくる。
年齢も近い七瀬は、真司の不安を軽減できたらと自らアブレーション治療の介助に加わりたいと名乗り出るが、七瀬の未熟さを知る茉莉子は息子を思うあまり、天堂に対して七瀬を介助メンバーから外してほしいと告げ…。

出典元:https://www.tbs.co.jp/koitsudu_tbs/story/ep5.html

ネタバレ

七瀬が天堂の彼女となり浮かれる一方、先日流子への告白が成功した仁志。
しかし、七瀬が開いた同期会にて実は流子が天堂の姉であり、元カレが小石川だということを知り落ち込んでしまう。

七瀬は、時間を惜しむ間もなく来る日も来る日もアブレーションの勉強をしていた。
その姿を見ていた根岸は、再度天堂に主任としてではなく、母親として経験豊富な看護師を付けてほしいと泣きながら頭を下げるのだった。
その後、根岸からアブレーションの介助担当はベテランの看護師2名になったと報告がされる。
悔しい気持ちでいっぱいの七瀬は、その思いのまま天堂に「私を一人前として認めてはくれない。公私混同しているのは先生だ。」と言ってしまう。

後悔する七瀬を慰める来生。
来生のアドバイスから、今からでもきちんと話そうと天堂の元に向かう七瀬は、真司の容態が変わったため天堂が緊急アブレーションを行っていることを知る。

すぐさま手術室に向かう七瀬は、以前真司が咳込んでいたことから、造影剤の副作用で喘息の症状が出ていることを天堂に伝える。
七瀬の発見のおかげで、真司のアブレーションは無事に成功し、根岸も七瀬に感謝するのだった。
その後、天堂に昨日の言動について謝る七瀬。
天堂は、七瀬のアブレーション治療について「初めてにしてはまあまあだった。」と褒める。
そして、七瀬にクリームパンを差し出し2人でお疲れパンをするのだった。

来月のシフト調整をする看護師達。
七瀬は8日の日曜出勤をお願いされる。
するとそこに天堂がやって来て、その日は七瀬と食事をするから空けとくよう告げる。
この言葉に周囲がざわつくと、天堂は「俺の彼女だから。」と七瀬を引き寄せ答える。
突然の公言に皆が歓喜に沸く中、天堂の元カノ・みのりそっくりな女性が「天堂先生!」と駆け寄るのだった。

第6話:『恋はつづくよどこまでも』

2月18日放送
視聴率:10.9%

あらすじ

循環器内科のナースステーションで、佐倉七瀬(上白石萌音)の予定をあけてほしいと頼んだ天堂浬(佐藤健)は、理由を尋ねられると「一緒にメシ食います」「俺の彼女だから」と公言。
その言葉に七瀬や来生晃一(毎熊克哉)、同僚たちも驚き、歓喜に沸く。

しかし、そこへ現れたのは、天堂の亡くなった恋人、若林みのり(蓮佛美沙子)に瓜二つの、若林みおり(蓮佛美沙子・二役)。
天堂と来生は、突然現れたみのりにそっくりな、みおりに言葉を失う。

そんな中、天堂が七瀬と合わせた休暇の日に、急遽天堂へ大阪でのセミナーの登壇依頼が来てしまう。
さらに、そのセミナーには、みおりも参加すると聞き、2人の動向が気になる七瀬は天堂のあとをつけ、大阪へついていくことを思いつくが…。

一方、循環器内科では酒井結華(吉川愛)が患者・和田の対応に追われていた。
元看護師である和田に厳しい自分の母を重ね、苦手意識を感じる結華だが、突然、和田の容態が急変し…。

出典元:https://www.tbs.co.jp/koitsudu_tbs/story/ep6.html

ネタバレ

迎えた当日。
天堂の後をこっそり追う七瀬は、大阪に着いた途端に見失ってしまう。
落ち込む七瀬だったが、道で財布を探す堤という男性と出会い、優しさから一緒に財布を探すことになる。
無事に財布が見つかり喜ぶ堤だったが、その突如倒れてしまう。
すぐさま対応する七瀬の元に、天堂が現れ2人で手当てをする。

堤の手当て後、大阪を観光する2人。
天堂は七瀬が尾行していたことはわかっていたらしい。
その夜、天堂と七瀬の泊る部屋が一緒だということが判明。ご丁寧にダブルベッドまでが置いてあった。
七瀬が焦る一方で、いたって冷静な天堂。

お風呂から七瀬があがると、すでに天堂は寝ている。
「おやすみなさい」と囁き、ベッドで眠りにつく七瀬。
すると狸寝入りしていた天堂は静かに目を開き、彼女の方に向き寝顔にキスをするのだった。

翌日、天堂が登壇するセミナーに参加した七瀬は、突如みおりに話しかけられる。
そこで彼女から、姉とは正反対の七瀬が天堂先生と付き合っていることは意外だと言われてしまい落ち込んでしまう。

東京に戻ってもどこか浮かない様子の七瀬。
すると和田の容態が急変したとの報告が入り、天堂と来生が手術を行う。
その場にはみおりもおり、天堂と息の合った連携プレイを見せるのだった。

この天堂とみおりの見事なチームプレイについての噂を聞いてしまう七瀬。
更に彼女は、みおりが天堂に告白している場面にも遭遇してしまい、ますます自信を無くしてしまう。

その日の仕事帰り、一人でお酒を飲む七瀬の元に来生がやってくる。
場を和ませ、お酒を制してくれる来生に思いの全てを泣きながら話す七瀬。
そんな七瀬を見た来生は、彼女を抱き締め「泣くなよ。俺がいるから。好きだよ。」と告白するのだった。

【最新】2020年冬ドラマの視聴率ランキング&一覧(ネタバレ・あらすじ付き)【1月~3月版】 | 海外ドラマboard

他のドラマの視聴率ランキングはこちら

第7話:『恋はつづくよどこまでも』

2月25日放送
視聴率:11.9%

あらすじ

天堂浬(佐藤健)の元恋人の妹・若林みおり(蓮佛美沙子)が天堂に告白したことで、自分が天堂に釣り合うのかと不安な気持ちになった佐倉七瀬(上白石萌音)。 みおりの告白を目撃し、不安な胸中を天堂や流子(香里奈)に打ち明ける。

そんな七瀬の気持ちをくみ取った流子は、天堂との遊園地デートを提案。
七瀬は初めての遊園地デートに心浮かれるが、追い打ちをかけるようにみおりから宣戦布告をされ……。

一方、日浦総合病院には、七瀬とひょんな出会い方をした上条周志が、VIP待遇で特別室に入院してくる。
七瀬の純粋な姿に好感を抱いた上条は、七瀬を専属で看病するように指名。
さらに、天堂が七瀬の彼氏だと知ると、まるで天堂を挑発するかのような行動を次々と起こし……。

出典元:https://www.tbs.co.jp/koitsudu_tbs/story/ep7.html

ネタバレ

来生の突然の告白に、動揺するもきちんとお断りする七瀬。
そんな七瀬に、来生は優しく「天堂ときちんと話した方がいい。また明日。」と微笑むのだった。
家に帰るとばったり天堂に会う。
自分は釣り合わないと言う七瀬に対して、「俺とお前が釣り合わないことなんて百万年も前から分かってる。」と告げ、キスをする天堂であった。

その後、流子のはからいで2人で遊園地に行くことになる七瀬と天堂。
はしゃぐ七瀬とは違い、どこまでもクールに振舞う天堂だったが、七瀬の口についたソフトクリームをキスで拭き取るなど終始甘々。
そんな天堂に七瀬も幸せいっぱいである。

翌朝、特別室に入院する上条に呼び出され、七瀬が向かうと彼は発作を起こしていた。
天堂がすぐさま駆けつけたことにより無事だったが、上条の精神は突発的な発作へ心配から不安定になってしまう。
その不安から、七瀬を抱き締める上条。
そんな上条を突き放すことができない七瀬は、背中をなでてあげる。

するとその場に天堂がやってきてしまうが、何事もなかったかのように診察をし去っていく。
その様子を見た上条は、翌日天堂に「七瀬のどこが良かったの?」とまるで七瀬のことをバカにしたかのような言葉を放つ。
突然上条の病室から大きな物音が鳴り、みおりたちが中に入ると上条は天堂に支えられていた。
何か中であったらしいが、誰も何が起こったかはわからないのだった。

その後、天堂が体調不良により早退してしまう。
七瀬は仕事帰りに天堂の部屋に寄り、お粥を作る。
世話を焼く七瀬に天堂は、「専属ってなんだ。とても気にくわない。」と上条に嫉妬しているかのような発言をする。
その言葉に喜ぶ七瀬は、狸寝入りする天堂に優しくキスをするのだった。

翌日、天堂が復帰し七瀬と共に仕事をしていると上条がやってくる。
彼は突然、天堂を患者に対する暴力、および精神的苦痛で訴えるとの旨を伝えるのだった。

第8話:『恋はつづくよどこまでも』

3月3日放送
視聴率:12.1 %

あらすじ

佐倉七瀬(上白石萌音)に好意を持つ入院患者・上条周志(清原翔)は、天堂浬(佐藤健)から暴力と精神的苦痛を受けたとして、訴えを起こした。
上条の容態を見られなくなったことが気がかりな天堂は、代わりに七瀬にその想いを託す。
循環器内科では七瀬だけではなく看護師たち皆で、上条の看病と精神的な支えになれるように協力し合うことを決意。

そんな中、入院中の杏里(住田萌乃)のオペが可能となり、心臓外科と循環器内科で合同チームが発足されることになる。
しかし、上条から訴えられてしまった天堂は、表立ったオペに参加することが厳しくなってしまい…。
七瀬は上条をなんとか説得しようと試みるが、条件を出されてしまう。

考え抜いた七瀬は、誰にも何も告げずにある行動に出て‥‥。

出典元:https://www.tbs.co.jp/koitsudu_tbs/story/ep8.html

ネタバレ

実際には、暴力など振るっていなかった天堂。
天堂の態度に腹が立った上条が殴りかかり、天堂はそれを支えただけであった。

その夜、天堂の部屋に二人きりになった七瀬は、張り切って料理や家事をしようとするが、失敗ばかり。
そんな七瀬に、「お前に世話してもらいたくて付き合ってるんじゃないんだよ」と声を掛ける天堂。
訴えを起こされたことで容態を見ることができなくなった上条のことを、七瀬に託すのであった。

上条との件により、天堂が杏里のオペに参加することが難しくなってしまったことを知った七瀬は、上条に直接説得をしに行く。
そこで上条が出した条件は、「一緒にシンガポールに行くこと」であった。

翌日、悩む七瀬は天堂をボーリングデートに誘う。
「先生、賭けをしてもいいですか?もし私がここでスペアが取れたら、ずっと一緒にいてください」と言う七瀬の笑顔はどこか切なかった。
デートおわりに手を繋いで帰る二人。
七瀬は、天堂にバレないよう涙を流すのであった。

訴えが取り下げられ、手術に参加することができるようになった天堂。手術は無事成功。
その一方、七瀬は退職をし、日浦総合病院を去ってしまっていた。
上条から出された条件であったシンガポールへは行かず、天堂の元から離れることを選んだのだ。

その後、上条と天堂は和解し、上条は退院することができた。
日常が戻ってきた病院であったが、七瀬の姿はなくどこか寂しい雰囲気。

そんな中、地元・鹿児島の病院でナースとして働き始めていた七瀬の元に、流子から電話が。
「何考えてんだバカ」
電話に出てみると相手は天堂だった。
今の生活は大丈夫だから、心配しないでほしいと強がって話す七瀬。
そこに後ろからハグをして現れる天堂。
「勝手にいなくなるな」と力強く抱きしめるのだった。

第9話:『恋はつづくよどこまでも』

3月10日放送
視聴率:14.7%

あらすじ

鹿児島の小さな診療所で、看護師として新たな生活を始めていた佐倉七瀬(上白石萌音)を迎えに来た天堂浬(佐藤健)。
ひょんなことから、家族に天堂を紹介することになるが、結婚の挨拶だと舞い上がる佐倉家をよそに、「先生に好きって言ってもらったことがない」と気づいた七瀬は不安な気持ちに。

そんな中、七瀬は、診療所の院長を務める中沢(モロ師岡)の医師としての志に心動かされ、天堂と共に東京へ戻り、患者の命と真摯に向き合う決意を新たにする。

日浦総合病院の副院長・小石川六郎(山本耕史)の計らいもあり、循環器内科に復職することができた七瀬。
再び看護師として奮闘しながらも、なかなか気持ちを伝えてくれない天堂に不安を覚え、どうにかして誘惑しようと躍起になって…。

出典元:https://www.tbs.co.jp/koitsudu_tbs/story/ep9.html

ネタバレ

「好き」と言ってもらったこともなく、付き合ってから何も起きてないことを気にする七瀬は、病院で沼津に相談をしてみることに。
そう言う悩みを持っている友達がいるんですけど…と相談。色気を感じないのではないかと言うアドバイスをうけ、さらに不安になった七瀬は、色気を出そうと様々なことを試みるのであった。

その夜、帰ってきた天堂を、黒いレースのワンピースで迎え、クリームシチューなどクリーム三昧の晩御飯を用意していた七瀬。

「暑いなー」などと無理に色気を出そうとする七瀬に対し、天堂は「下手くそ」とバッサリ。
しかしその後、「俺がどんだけ我慢してると思うんだ」と言いながら七瀬に近づき、ベッドでキスをする天堂だった…。

そこへ突然現れた、酔っ払った様子の流子と沙世子。
ロマンチックな雰囲気は一気に崩れた。

翌朝、二人で出勤中、道を歩いていると、暴走する車による事故に遭遇。
小学生をかばった七瀬は頬に傷を負ったが、周りには重症患者が複数いた。
七瀬を心配し休んでいろと言う天堂に対し、「私は看護師です。先生が育ててくれた看護師です」と言い処置を続ける七瀬。

しかし、怪我人たちを病院に見送り安心した七瀬は意識を失い、搬送された。
緊急手術を受けたが、術後も意識が戻らない状態が続いたのだった。

寂しい雰囲気の病院。
そんな中、一晩中そばにい続けた天堂に反応し、七瀬は目を覚ました。
「先生お久しぶりです」と笑顔で言う七瀬の姿を見ると、天堂は後ろを向く。
七瀬の好きなところを一つずつ声に出し伝える天堂の目には、涙が溢れてた。

「笑った顔が誰よりも可愛い」と言い、「好きだ」と伝えた。
俺のそばを二度と離れるな、と手を握る天堂だった。

【最新】2020年冬ドラマの視聴率ランキング&一覧(ネタバレ・あらすじ付き)【1月~3月版】 | 海外ドラマboard

他のドラマの視聴率ランキングはこちら

第10話:『恋はつづくよどこまでも』

3月17日放送
視聴率:15.4%

あらすじ

出勤の準備をする佐倉七瀬(上白石萌音)と天堂浬(佐藤健)の前に突然、着物姿の流子(香里奈)と仁志琉星(渡邊圭祐)が現れる。
なんと仁志は、流子をお見合いの席から連れ去ってきたというのだ。
詳しい理由を聞いた七瀬は、天堂も避けるほどの“ドS”な父・万里(村上弘明)を説得するべく、流子と共に天堂の実家へ向かうことに。

一方で、より看護師として成長したいと考えていた七瀬は、流子や若林みおり(蓮佛美沙子)をはじめ、身近な人たちの向上心に触発され始めていた。
七瀬は、看護師長の茉莉子(平岩紙)から看護留学を勧められるが、天堂と離れたくない気持ちから踏み切れずにいて…。

出典元:https://www.tbs.co.jp/koitsudu_tbs/story/

ネタバレ

実家に現れた天堂は、「俺の彼女だよ」と七瀬のことを家族に紹介。
七瀬は場を取り乱してしまうくらい喜んでいた。
帰り道に二人で寄った公園でも、「先生、もう一回言って?」とウキウキしていた七瀬だった。

一方、天堂の実家の病院を継ぐことになった流子の元へ、仁志が面接にやってきた。
流子に想いを伝える。
二人は強く抱きしめ合うのであった。

周りに留学を進められていた七瀬は、天堂と離れるのが寂しいという想いもあり、その一歩を踏み出せずにいたのだが、本当は行きたいんだろう?と天堂に言われてしまう。
「俺はもうお前に厳しくすることはできない、お前を可愛がることしかできない」と七瀬に伝える天堂。
七瀬は一年間スウェーデンに留学することを決断した。

出発前夜、二人でディナーをすることになっていたが、緊急の患者の対応のためディナーはできなかった。

そしてついに、出発当日。
出発時間を勘違いしていた七瀬。
そのせいで、天堂が見送りできないことになりそうだったが、急いで空港に向かい、なんとか間に合った。
空港で抱き合う二人。
「戻ってきたら、俺と結婚しろ」と言い、七瀬の指に指輪をはめる天堂。
向こうで浮気するなよと言う天堂に対し、「バーカ」といい、もう一度抱き合った。

一年後、七瀬は留学から帰ってきた。

バスを降りるとそこには天堂が。
「相変わらず俺のことが好きでたまらないって顔してるな」と言われると、「ただいま、先生」と笑顔で言う七瀬。

病院の仲間たちの提案で、病院で天堂と七瀬の結婚式が行われることに。
みんなに祝福され幸せそうな二人だったが、沼津の弟が突然倒れてしまい、結婚式は中断。
その後、ただのストレスであったことがわかった。

ナースステーションに戻ってきたみんなの前で、「そういえばまだ聞いてなかったな、誓うか?」と問う天堂に対し、「誓います」と答える七瀬。
「私のことが好きでたまらないって顔してますね」と言う七瀬に、「身の程知れ岩石!」と笑顔でいい、キスをする二人だった。

【最新】2020年冬ドラマの視聴率ランキング&一覧(ネタバレ・あらすじ付き)【1月~3月版】 | 海外ドラマboard

他のドラマの視聴率ランキングはこちら

作品情報

『恋はつづくよどこまでも』

TBS系/毎週火曜夜10時
主演:上白石萌音、佐藤健、香里奈、毎熊克哉
原作:円城寺マキ「恋はつづくよどこまでも」コミックス全7巻

公式ホームページ

火曜ドラマ『恋はつづくよどこまでも』|TBSテレビ

あわせて読みたい

海外ドラマboardの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月18日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。