映画版「ダウントン・アビー」大音量で聴くテーマ曲がたまらん!オープニングから気分が高揚して涙出た。

映画版「ダウントン・アビー」大音量で聴くテーマ曲がたまらん!オープニングから気分が高揚して涙出た。
全てのキャラクターが愛おしい~。舞台は、ドラマの最終回から1年半後。映画「ダウントン・アビー」の感想と小ネタです。*メイン・ストーリーのネタバレはありません。

20世紀初頭のイギリスを舞台に、貴族と使用人の日常を描いた大人気ドラマ「ダウントン・アビー」がシーズン6で完結したのは2015年。

あれから数年経ちました。

みんな年をとりました、4つも5つも!

その間、コツコツと製作が進んでいた映画版「ダウントン・アビー」が、ついに完成~。
日本でも2020年1月10日より大公開されましたよ。
ああ、こんな日が来るなんてねぇ。
しみじみとした気持ちで、上映館の座席を予約しましたけども。

字幕版と共に、吹き替え版も上映されています。
「ドラマは日本語で観る派」のわたくし、当然のように「吹き替え版」をチョイス。

いざ劇場に入ってみると、僕と同じく、ドラマ版を吹き替えで観ていたであろうお客さんたちが大集合~。
「どうも、どうも、同士たちよ!」…心の中でそんな挨拶をしながら着席いたしました。

「ダウントン・アビー」のファン層って、どんな人たちか分かりますか?
映画館の席から周囲を見渡してみたところ、ほとんどのお客さんが女性でした。
男性客は、僕を含めて数える程度。
「なるほど、こういう方々が作品を応援しているんだね」と思いながら上映開始を待ちました。

映画本編が始まる前に、劇中で料理人のパットモアさん役を演じているレズリー・ニコルがスクリーンに登場。
別に、役の扮装をしているわけではありません。

素で出てきたんですよ!

なんと素のレズリー・ニコルが、「ダウントン・アビー」のキャラクター紹介をしてくれたのでした。
この映画版で初めて「ダウントン・アビー」の世界を知るお客さんもいることでしょう、「付き合いで映画館に来た」みたいな人が。
そういう人には、ありがたい配慮ですね。

こちらの写真は、プレミア会場でのレズリー・ニコル。
かわいいです。↓


あわせて読みたい

海外ドラマboardの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月26日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。