『SUITS/スーツ』ハーヴィー役 ガブリエル・マクトの履歴書

『ホワイトアウト』(2009)

公開:2009年
製作国:アメリカ
監督:ドミニク・セナ
出演:ケイト・ベッキンセイル/ガブリエル・マクト/コロンバス・ショート/トム・スケリット/アレックス・オローリン/ショーン・ドイル/アーサー・ホールデン/バシャー・ラハル ほか

連邦保安官のキャリー・ステッコ(ケイト・ベッキンセイル)が、帰国直前にある殺人事件が発生してしまい、南極という隔絶された場所で、調査をすることになるのだった・・・。

凍てつく極寒の地の空気感が伝わってくるサスペンス・スリラーである同作で、ガブリエル・マクトが演じるのは、怪しげな雰囲気を漂わせた、ロバート・プライス役。
悪役めいたキャラクターを演じるマクトもまた新鮮で面白く、その存在感は抜群だ。
マクトだけでなく、『HAWAII FIVE-0』のアレックス・オローリンが出演しているのもまた、海外ドラマファンとしては見逃せない!

『SUITS/スーツ』ハーヴィー役 ガブリエル・マクトの履歴書

https://www.imdb.com/name/nm0532683/mediaviewer/rm3365661952?ref_=nmmi_mi_tt_pos_1

『S.W.A.T.闇の標的』(2011)

公開:2011年
製作国:アメリカ
監督:ベニー・ブーム
出演:ガブリエル・マクト/ロバート・パトリック/ジャンカルロ・エスポジート/クリスタナ・ローケン ほか

ロサンゼルス市警の特殊部隊S.W.A.T.を率いるポール(ガブリエル・マクト)は、FBI仕込みの人質交渉エキスパートであり、その手腕を買われ、デトロイト市警の特殊部隊に実践スキルをたたき込む短期教官として派遣されるが、着任直後に人質立てこもり事件が発生して・・・。

本格的な特殊部隊の訓練シーンなど見どころ満載のサスペンス・アクションである本作で、ガブリエル・マクトが演じるのは、人質救出の第一人者としてデトロイト市警S.W.A.T.部隊のリーダーとなる、ポール・カトラー。
ブロンドの髪をなびかせ、銃を構えるマクトの姿はかなり新鮮で、その演技は素晴らしいの一言に尽きる!
ガブリエル・マクトのほか、『ブレイキング・バッド』のジャンカルロ・エスポジート、『シカゴ・ファイア』のユーリ・サルダロフ、『SCORPION/スコーピオン』のロバート・パトリックなど、海外ドラマでおなじみの実力派キャストが魅せる人間ドラマも素晴らしい!

ガブリエル・マクト最大の代表作であるスタイリッシュ・リーガル・ドラマ『SUITS/スーツ』は、<シーズン7>が、海外ドラマ専門チャンネルAXNにて絶賛放送中!

あわせて読みたい

海外ドラマboardの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月22日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。