Amazonの痛快作『ザ・ボーイズ』にまつわる驚きの製作秘話7選「過激すぎてカットになったシーンとは?」他

Netflixに負けず劣らずの良質なオリジナル・ドラマシリーズを生み出すAmazon Prime Videoで、これまでで最大のヒットとなった異色スーパーヒーロードラマ『ザ・ボーイズ』。本作は筆者がイチオシする1本で、そんな絶対に見逃しNGな痛快シリーズにまつわる驚きの製作秘話7選について紹介してみたいと思います!

原作コミックスの内容が過激すぎて出版社が変更に…!

同名コミックスのドラマ版となる『ザ・ボーイズ』は、名声に溺れた7人のスーパーヒーローで構成されたチーム‟セブン”を、自警団‟ザ・ボーイズ”が成敗していく姿がアクションと血のり満載で描かる痛快ドラマシリーズ。

もともと原作コミックスは、DCコミックスの傘下にあるウィンドストームから第1~6号がリリースされたのですが、ドラッグの使用や強姦、同性愛者に対する嫌悪感などタブーぎりぎりのコンテンツが際どすぎて、ウィンドストームがシリーズをキャンセルしたのだとか。

その後、原作者のガース・エニスとダリック・ロバートソンの元に著作権とキャラクターの権利が戻り、今度はダイナマイト・エンターテイメント社からコミックスの続きを出版し、第72号まで出版されました。

コミックスでモデルになったサイモン・ペッグがドラマ版に出演!

Amazonの痛快作『ザ・ボーイズ』にまつわる驚きの製作秘話7選「過激すぎてカットになったシーンとは?」他

WHISTLER, BRITISH COLUMBIA - DECEMBER 05: (EXCLUSIVE COVERAGE) Actor Simon Pegg poses for a portrait during 2019 Whistler Film Festival at the Fairmont Chateau Whistler on December 05, 2019 in Whistler, Canada. (Photo by Andrew Chin/Getty Images)

原作コミックスを生み出す際にクリエイターのエニスとロバートソンは、キャラクターの一人であるヒューイ・キャンベルが、サイモン・ペッグが出演する英ゾンビ・コメディ映画『ショーン・オブ・ザ・デッド』と、サイモンが脚本を手掛けた英コメディドラマ『SPACED ~俺たちルームシェアリング~』の大ファンだという設定にしたのだとか。

そして、ヒューイの容姿をサイモン似にしたいと考えたクリエイターが本人に掛け合っ了承を得ただけでなく、ドラマ版ではサイモンがヒューイの父親役で出演するというダブルで嬉しい結果になったのでした。

下の画像がコミックスで描かれているヒューイなのですが、サイモンにソックリですよね!

Amazonの痛快作『ザ・ボーイズ』にまつわる驚きの製作秘話7選「過激すぎてカットになったシーンとは?」他

https://static0.cbrimages.com/wordpress/wp-content/uploads/2019/07/10.-Simon-Pegg.jpg?q=50&fit=crop&w=738&h=369&dpr=1.5

コミックスの‟ザ・ボーイズ”の構成は…!?

この投稿をInstagramで見る

Looking diabolical, mate. #FanArtFriday by @maxkennedy.art #theboystv

The Boys(@theboystv)がシェアした投稿 -

コミックスとドラマ版のザ・ボーイズのメンバーは構成が異なっています。

ドラマ版ではビリー・ブッチャーとヒューイ・キャンベル、マザーズミルクとフレンチー、ザ・フィーメイルことキミコがメンバーですが、コミックスではドラマ版のメンバーに加えてザ・レジェンドと、ザ・ボーイズでリーダーだったグレッグ・D・マロリー中佐がいます。

原作でマロリー中佐はCIAに関与していた時に、自分の孫が殺害される現場を目撃したショックから立ち直れず、チームを脱退。その代わりに、恋人をセブンに殺されたヒューイが加わるという筋書きになっているそうです。

セブンのメンバーの性生活を描くスピンオフ『Herogasm』がある!

ウインドストームからダイナマイト・エンターテイメントへ拠点を移した原作コミックスは、本家の「ザ・ボーイズ」だけでなく、6号にわたって出版されたスピンオフ・コミックス「Herogasm」も出版されました。

そのスピンオフでは、落ちぶれたスーパーヒーロー集団セブンが楽しんでいる、淫らな性生活が中心に描かれているのだとか。

世界を救う振りをしているセブンのメンバーがリゾート地で休暇を過ごしている時に、米国副大統領が違法ドラッグの摂取や売春行為を行っていることを知る…という展開になっています。

タイトルの「Herogasm」は、‟Hero(ヒーロー)”と‟Orgasum(オーガズム)”を合わせた造語だと思われ、今のところ、Amazonでスピンオフ版もドラマ化する企画があるのかどうかは不明です。

ホームランダーが〇〇するシーンが過激すぎてカットに…!

この投稿をInstagramで見る

Now streaming on @amazonprimevideo

The Boys(@theboystv)がシェアした投稿 -

ドラマ版も原作に負けず劣らず、か~なり際どいジョークやグロいシーンがテンコ盛りとなっていますが、そんなドラマ版においても、「これは少しマズかったかな…」という過激な描写がカットされたのだそう。

その問題のシーンは、シーズン1第2話のために撮影されたとのこと。スーパーヒーローを生み出す大企業ヴォート社の重役マデリン・スティルウェルと、セブンでリーダーを務めるホームランダーの間で性的な雰囲気が漂い、その後に欲求不満になったホームランダーがクライスラー・ビルの頂上で自慰行為に及び、絶頂に達する展開になっていたのだとか。

シリーズで指揮を執るエリック・クリプキによると、ホームランダー役のアンソニー・スターの演技は最高だったそうですが、Amazonの重役により不適切だと判断されてカットされてしまいました。

最初はCinemaxでドラマ化の企画が進行していた

もともと、『ザ・ボーイズ』のドラマ版は米ケーブル局Cinemaxで進行していましたが、同局では特殊効果を多用するドラマ版を製作するだけの予算が足らず、泣く泣くプロジェクトが見送られることに…。

その後に製作費の調達が可能で、ドラマ化を実現するビジョンもしっかり兼ね備えたAmazonがシリーズを製作することになり、文句なしの痛快作に仕上げたのでした。

ロケ地のカナダで冬が来る前に撮影を終了させる必要があった!

『ザ・ボーイズ』のシーズン1は全8話で構成され、1話の尺は約1時間。スーパーヒーロードラマだけにふんだんにアクションが投入され、それだけの作品を製作するにはかなりの撮影期間が必要となります。

ところが、シーズン1のロケが行われたのは、冬の気候が厳しいことで知られるカナダのトロント。真冬は気温がマイナス20度近くまで落ち込むため、屋外でのシーンを全て5月~10月の間に撮影しなければならず、よってシーズン1は僅か5カ月でロケを終らせる急ピッチで行われたそうです。

10 Facts And Trivia To Know About The Boys Before It Premieres On Amazon Prime

19 Little-Known Facts About The Filming Of The Boys | TheThings

あわせて読みたい

海外ドラマboardの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月25日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。