【新型コロナウイルスの影響】『ウォーキング・デッド』シーズン10最終話の放送延期が決定

現在『ウォーキング・デッド』シーズン10後半が放送中ですが、最終話となる第16話が新型コロナウイルスの影響により放送延期となることが決定しました。放送スケジュールや、年内後半に予定している特別なフィナーレについてお伝えします!

『ウォーキング・デッド』シーズン10フィナーレが放送延期に。公式が発表

現在、シーズン10後半が放送中のゾンビサバイバルドラマ『ウォーキング・デッド』。
世界で蔓延している新型コロナウイルスの流行により、シーズン10後半の撮影が中断している状態であります。
この事情によって映像制作が遅延しており、『ウォーキング・デッド』シーズン10の最終話となる第16話の放送延期が決定したと公式ツイッターで発表されました。

4月6日までの放送は通常通り。

公式ツイッターによると、シーズン10は4月6日(月)(全米では4月5日)の放送を持って一旦終了。
フィナーレとなるはずだった第16話は2020年後半に、特別なエピソードとして登場することも明かされました。
海外ドラマFOXチャンネルの公式ツイッターによれば、4月6日(月)夜10時から放送の第15話までは通常通り放送予定とのことです。

2020年後半に“特別なエピソード”としてフィナーレを放送予定!

『ウォーキング・デッド』プロデューサーでありVFX(映像技術)の第一人者であるグレッグ・ニコテロは、自身のインスタグラムで遅延した理由について説明。

「放送されるエピソードには、VFXや音楽、サウンドミキシングなどの映像編集が必要ですが、今現在キャストと共にスタッフも自宅待機となっています。皆さんがガッカリしているのは痛いほど把握していますが、いつか放送される特別なエピソードは絶対に失望させません。皆さんどうか安全に過ごしてください。」

最も重要であるフィナーレが放送延期という前代未聞の事態となり、『ウォーキング・デッド』の視聴者たちにとっては残念なお知らせとなってしまったようです。
ですが、年内に放送されるという特別なフィナーレには期待したいところですね。

『ウォーキング・デッド』スピンオフにも新型コロナウイルスの影響

【新型コロナウイルスの影響】『ウォーキング・デッド』シーズン10最終話の放送延期が決定

(C)AMC

https://img.netzwelt.de/dw1600_dh900_sw1920_sh1080_sx0_sy1167_sr16x9_nu0/picture/original/2020/03/the-walking-dead-world-beyond-keyart-271914.jpeg

また、『ウォーキング・デッド』のスピンオフ作品『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド(Fear The Walking Dead)』の撮影も一時中断。

全米で4月12日にアマゾン・プライム・ビデオで配信予定だった新スピンオフドラマ『ウォーキング・デッド:ワールド・ビヨンド(The Walking Dead:World Beyond)』のプレミアも放送延期が決まっており、新型コロナウイルスの感染拡大が『ウォーキング・デッド』ユニバースにも大きく影響しています。
一日も早く感染拡大の収束と、キャストやスタッフ達の安全を願うばかり。

あわせて読みたい

海外ドラマboardの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月25日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。