NHK大河ドラマ『麒麟がくる』第11話キャスト&あらすじ紹介 将軍の涙にやるせなさを感じる明智十兵衛 

麒麟とは、穏やかな世を作る者だけが連れてこれる不思議な生き物。そう語る第13代将軍、足利義輝の目には涙が光る。戦に明け暮れ領土を広げようとする武士たちが生きる戦国時代。平和な世を作ることができない将軍の悲しみを感じ、一人涙する十兵衛の姿が切ない『麒麟がくる』第11話。

「麒麟がくる」と言っていた第12代将軍、足利義晴

交渉人としての能力を買われているのか、今回は3度も重要な交渉を行う明智十兵衛。謎に包まれている十兵衛の若い頃の話なので、全て創造されたストーリーですが、斎藤‐織田、斎藤-土岐、土岐‐足利と当時の主な4つの武家の間を取り持つ仲介人として大活躍でした。

さらに、将軍、足利義輝との会話では、再び「麒麟」という言葉が登場。駒ちゃんを助けた侍は、明智家の人物ということはすでに判明していますが、足利義輝は、父親から「世を平らかにすれば麒麟が舞い降りる」という言葉を聞いて育ってきたと言っていました。義輝の父親は、第12代将軍の足利義晴。義晴と、駒ちゃんを助けた明智家の人物の関係性が気になります。息子の義輝同様に、将軍義晴から「麒麟」の話を聞いていたであろう明智家の人物とは一体だれなのでしょうか?

第11回『将軍の涙』あらすじ

今川と織田の争いが激しくなる中、竹千代と織田信広の人質交換が行われた。織田信秀は、敵国に捕まったふがいない信広と、相撲に興じている信長を想い、織田家の生末を案じている。斎藤家では、帰蝶が輿入れした織田方に、援軍を差し出すかどうか議論が協議していたが、道三の息子利政たちは、織田のために兵は出せないと道三に迫る。その決定を織田方に伝える使者に抜擢された明智十兵衛は、帰蝶と信長の元へ出向き、「父上が兵を出さねば私は磔じゃ」と言う帰蝶に対し、「京の将軍家に和睦のとりなしをお願いしては?」と進言するのだった。

第1回からのストーリーはこちらのリンク先をチェック!

NHK大河ドラマ『麒麟がくる』第一話ネタバレなしでキャスト&あらすじ紹介 明智光秀が悟る麒麟の意味は?  | 海外ドラマboard

第11回キャスト紹介

明智十兵衛光秀(長谷川博己)

今回、十兵衛は交渉人として大活躍。まずは、斎藤道三から織田への使者に抜擢され「援軍は出せない」と伝え、織田信長と帰蝶からは、「将軍に仲裁をお願いしてくれ」と頼まれます。それを道三に伝えると「勝手にやれ」と言われてしまい、土岐頼芸を頼り、資金を出してもらい将軍、足利義輝の元へお願いに行く十兵衛でした。

帰蝶(川口春奈)

信長の資質に不安を抱えつつ、斎藤家から織田家への人質としての立場もあり肩身の狭い思いを抱く。十兵衛が、斎藤家からの使者としてくることが楽しみなのでは?

織田信長(染谷将太)

家来たちと相撲を楽しんでいる信長。相撲を愛好していたといわれている信長は、各地から力士を集めて、相撲の試合を開催し、勝ち抜いたものを家臣にしたと伝えられています。

土岐頼芸(尾見としのり)

十兵衛をつれてお願いに来た斎藤高政に、「父親を殺せるか?」とささやく頼芸。まっすぐな高政を手名付けて操る様子がずる賢いです。

竹千代(岩田琉聖)

人質交換で、織田から今川にやってきた竹千代。今川義元と太原雪斎を相手に堂々と「わたしはいつ三河へ帰れますか?」と聞いていました。織田と今川に挟まれた領地三河の人々。どちらに付くか、それとも征服されてしまうのか、幼いながら一国の運命を背負った竹千代です。

今週の注目キャスト:足利義輝(向井理)

室町幕府第13代将軍である足利義輝。権威が衰えてきた将軍家を何とか盛り返そうとするのですが、京都で勢力を持つ三好長慶らと争い、都を追われ、また戻るを繰り返します。武士として再び尊敬を得ようと、剣豪、塚原卜伝から剣術を習い、「剣豪将軍」とも呼ばれている義輝。1565年永禄の変で亡くなるのですが、その散り際は壮絶なので注目していてください。

『麒麟がくる』視聴率

タイトル視聴率ストーリー第1回 光秀、西へ 19.1%光秀、斎藤道三の許しを得て京へ。三淵藤英、松永久秀、望月東庵、駒と出会う。第2回 道三の罠(わな)17.9%光秀、美濃に戻り斎藤道三と織田信秀の戦いに参戦し、戦いの虚しさを知る。第3話 美濃の国16.1%光秀、斎藤高政に美濃をどう変えれば良い国になるのか話し合いたいと伝える。第4話 尾張潜入指令13.5%光秀、尾張に潜入し、織田の館で竹千代(徳川家康)に出会う。第5話 伊平次を探せ13.2%光秀、再び京へ。本能寺で足利義輝、そして後に盟友となる細川藤孝に出会う。第6話三好長慶襲撃計画13.8%光秀、三好長慶への襲撃計画を知り阻止するが、傷を負い駒と東庵に再会する。第7話帰蝶の願い15.0%光秀、尾張に嫁ぎたくないという帰蝶と、嫁がせたい道三との間で板挟みになる。第8話同盟のゆくえ13.7%光秀、帰蝶に尾張行きを助言し、斎藤道三と織田信秀の同名に一役買う。第9話信長の失敗15.0%光秀、妻木氏の娘、熙子と再会する。帰蝶、信長と出会い父への思いを知る。第10話ひとりぼっちの若君16.5%光秀、道三に命じられ織田の情勢を探るために帰蝶の元を訪ねる。第11話将軍の涙14.3%光秀、交渉人として足利義輝に会い、今川と織田の戦を仲裁してもらう第12話第13話第14話第15話第16話第17話第18話第19話第20話

出典元:ビデオリサーチ参照

あわせて読みたい

海外ドラマboardの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月31日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。