【描きたい!海外ドラマ】シーズン2の第8話がすごすぎる!『GLOW: ゴージャス・レディ・オブ・レスリング』

【イラストレーターQUESTION No.6が海外ドラマのお気に入りシーンを描きます】実際に80年代に放送されていた女子レスリング番組をベースに描くコメディ『GLOW: ゴージャス・レディ・オブ・レスリング』をご紹介します。

前回の記事では、超おすすめコメディ『コミ・カレ!!』についてがっつりご紹介させていただきました。

【描きたい!海外ドラマ】『ドクター・フー』のパロディが大バズり!ネタ満載のコメディ『コミ・カレ!!』 | 海外ドラマboard

コミ・カレ!!

【描きたい!海外ドラマ】シーズン2の第8話がすごすぎる!『GLOW: ゴージャス・レディ・オブ・レスリング』

原題 :COMMUNITY

アメリカ

more

レギュラーキャストの中でもアニーを演じたアリソン・ブリーは、近年では『GLOW: ゴージャス・レディ・オブ・レスリング』の主演で2018年と2019年のゴールデングローブ賞にノミネートされています。
本作については、以前シーズン1が配信開始された時にご紹介しましたが、その後のシーズンもまあ面白いったらないんですよ!

今回改めて、シーズン2・3の内容も含めてレビューさせていただきますね。

【あらすじ】がけっぷち女優がレスリングで開花!

なかなか役を獲得できない崖っぷち女優のルース。あるとき彼女の元に、起死回生のチャンスとなるオーディションの話が舞い込みます。
それは「ゴージャス・レディ・オブ・レスリング」略して「GLOW」という女子レスリングのテレビ番組でした。
集められたのは、生い立ちも人種も様々な個性的な女性たち。ルースは負けじとアピールしますが、ディレクターのサムからはまるで気に入られる様子がありません。

そこにメインキャストとして抜擢されたのは、ルースの友人であるメロドラ女優のデビー。
実はルースは、デビーの夫と不倫をしてしまっており……2人は練習用のリングの上で、大ゲンカを始めてしまいます!

しかしそれを見たサムには、きらめくリング上で観客を熱狂させるルースとデビーの試合が、はっきりと思い描けたのです。

紆余曲折ありながらも、「GLOW」はカリフォルニアの地方局で放送がはじまり、徐々に人気を博していきます。
ときに理不尽な男社会に番組の存続を阻まれたり、それぞれの家庭事情に心を悩ませることもありますが、ゴージャスなレディ達はそのすべてを、リングにぶつけて輝いていくのです。

レディたちの演じる強烈キャラクターたち

個性派ぞろいの「GLOW」の女性レスラー!彼女達が演じるのは、様々な国や人種をおもしろおかしく誇張したキャラクターです。

善悪にわけられた「GLOW」のキャラクターの中でも、善側のメインキャラクターがデビー演じる「リバティ・ベル」。
アメリカの正義や良心、そしてアメリカの母親たちを象徴しており、彼女が各国の悪役を倒すことで観客を熱狂させます。
とはいえ、家庭の不和によってデビーが精神的に不安定なため、図らずも試合に予測不能な展開をもたらしてしまいます。

一方で主人公ルースが演じるのは、カタコトのロシア語で資本主義を皮肉る、ソ連からの赤い刺客「ゾーヤ・ザ・デストロイヤ」。
女優としてなかなか評価されなかったルースでしたが、悪役として、コメディエンヌとしての才能をゾーヤのキャラクターで開花させました。

他にも、爆弾マニアのテロリスト「ベイルート」や生活保護で優雅に暮らす「ウェルフェア・クイーン」など、今だったら炎上しかねない過激な設定も!?

説得力がちがう!迫力の試合シーン

ドラマ『GLOW』で描かれている女子レスリングは、スポーツとしていうよりも、エンターテイメントとしてのレスリングです。そこで行われる試合には、事前に決められた筋書きや展開があり、場合によっては勝敗も設定されています。
……といってしまうとなんだか興ざめに聞こえてしまうのですが、観てみるとこれが、手に汗握るアツい試合になっているからすごいんです!

というのも『GLOW』のレスリングシーンは、実際にキャストが自ら体を張って演じているんです。

レディ達が観客を熱狂させるべく一からトレーニングを積んでいったように、女優陣たちも同じ努力をそこに重ねているんですよね。それはもう、画面から伝わる説得力が違いますよ。

展開上なんとなく試合の流れが予想できても、それでもひとつ技が決まるたびに「どうなっちゃうの!?」とドキドキするんです!何度Netflixの画面ごしに「おぉーー!!」とか「わーー!!」とか叫んじゃったことか!

80年代の再現度がすごい!

ドラマシリーズ『GLOW』は、実際に80年代に放送されていたテレビ番組『Gorgeous Ladies of Wrestling』をベースにしています。ストーリーやキャラクターはフィクションではありますが、それぞれの設定には実在のレスラー達の要素が取り入れているんですよ。

そんな中でもシーズン2の第8話は、実際の『GLOW』の放送をかなり忠実に再現した、大傑作エピソードでした!

劇中でルースが撮影したオープニングにはじまり、どたばたコントやMV、間にCMがはいるところまで、TV番組風が徹底的に再現されています。アナログクオリティの画質やしょぼいCGも、80sな映像感で完璧なんですよね。
しかも放送の内容が、それまでのエピソードの伏線回収になっているからニクい!

【描きたい!海外ドラマ】シーズン2の第8話がすごすぎる!『GLOW: ゴージャス・レディ・オブ・レスリング』

今回イラストに「描きたい!」と思ったシーンは、「ウェルフェア・クイーン」が自分自身の手作りフィギュアを販売するCMより。「たったの9.99ドル!」の安いテロップが、昔のCMらしくて良いんですよね。

実際の『GLOW』の雰囲気は、ドキュメンタリー映画『GLOW: The Story of the Gorgeous Ladies of Wrestling』で観ることができます。
この予告編からだけでも、ドラマ版『GLOW』がどれほど原作を忠実に再現しているかが伝わるのではないでしょうか。

「3シーズン観るのは長いなぁ…」という方にも、この第8話だけは観ていただきたい!

GLOW ゴージャス・レディ・オブ・レスリング

【描きたい!海外ドラマ】シーズン2の第8話がすごすぎる!『GLOW: ゴージャス・レディ・オブ・レスリング』

原題 :GLOW

アメリカ

more

「映画ドラマboard」で映画レビュー&イラストも描いてます

【描きたい!海外ドラマ】シーズン2の第8話がすごすぎる!『GLOW: ゴージャス・レディ・オブ・レスリング』

QUESTION No.6 | 映画board

関連サイト「映画board」でもレビューとイラストを描いています。記事を気に入っていただけたら、合わせてゼヒご覧くださいませ。

あわせて読みたい

海外ドラマboardの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月11日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。