NHK大河ドラマ『麒麟がくる』第15話キャスト&ネタバレあらすじ 長谷川十兵衛の長所は冷静さ短所はしつこさ

仏門に入り隠居した道三を質問ぜめにした明智十兵衛。丁寧に答えてくれた道三って意外と懐が広いと思わせるしつこさでした。十兵衛の影が薄いという噂もあるけど長谷川博己演じる十兵衛の長所は、中立地帯に立ち、冷静に状況を判断すること。『麒麟がくる』第15話ネタバレあらすじ紹介。※第1話からの視聴率も一挙紹介中。

第15回「道三、わが父に非(あら)ず」あらすじ

斎藤道三は、仏門に入り家督を息子の高政に譲る。しかし、高政は自分が側室の子であるということから、正室の子である弟の孫四郎が、家督を狙っているのではないかと疑心暗鬼になってしまう。さらに、妹の帰蝶が尾張に嫁いだことにより、道三にとっては義理の息子となった織田信長を父が高く評価していることも気に入らなかった。そのころ、尾張の守護である斯波義統は、家臣に暗殺され、「うつけ」という評判だった織田信長が頭角を現し、諸国には驚きが広がっていた。

オープニングで佇む明智光秀は何を考えているのか

明智光秀が主人公の大河ドラマ『麒麟がくる』の一番の見どころは、「本能寺の変」がなぜ起こるのかを、どのように描いていくのかということでしょう。そのヒントになるかもしれないのが、オープニングの映像です。まず、ジョン・グラム作曲のテーマ音楽と共に、本能寺の変を思わせる戦闘の映像が流れます。その後、森の中で甲冑姿でひとり佇む明智光秀の後ろ姿。さらに光秀は、馬と共に湖のような場所に現れますが、その表情がとても穏やかです。何かを成し遂げたからなのか、逆に諦めたからなのか?

明智光秀は、本能寺の変で織田信長を倒した後、山崎の戦いで羽柴秀吉に敗れてしまいます。オープニングに登場する湖で佇む光秀は、秀吉に敗れた後の姿なのではないでしょうか?だとしたら、あの穏やかの表情はやはり、何かを成し遂げた達成感のようなものを抱いているのかもしれません。麒麟を呼ぶことができた安心感のようにも感じました。本能寺の変まであと8か月、確かめることができる日まで道のりは長いですね。

第1回からのストーリーはこちらの記事にリンク先をまとめています

NHK大河ドラマ『麒麟がくる』第一話ネタバレなしでキャスト&あらすじ紹介 明智光秀が悟る麒麟の意味は?  | 海外ドラマboard

今週の注目キャスト:明智十兵衛(長谷川博己)

斎藤道三の家臣でありながら、出生したいという野心もあまり感じないので、影が薄いと感じる人もいるかもしれません。ですが、十兵衛の持ち味はそのニュートラルさにあるように思います。中立した立場に立つことによって、いつも正しい道を探しているように感じるのです。十兵衛にとって正しい道とは、争いのない世の中にすることなんじゃないかな?武将として影は薄いのかもしれませんが、冷静に周囲を見ることができる才能を、道三も信長も認めているのではないでしょうか。

斎藤高政(伊藤英明)

斎藤道三から家督を譲られて守護代になった高政。高政は、感情にながされるままに行動してしまうタイプとお見受けします。また、側室の子であるということをコンプレックスに感じているので、正室の子である弟たちが、「怪しい動きをしている。」と感じると、すぐに家臣に命じて、弟の孫四郎と喜平次を暗殺してしまいました。このことが父親の道三の怒りを買い、美濃は道三派と高政派に分かれて戦うことになっていくのです。

斎藤道三(本木雅弘)

剃髪して仏門に入り、隠居生活を送ることになった道三。十兵衛のしつこい質問攻めにも丁寧に答えてくれて、良い上司じゃないかと思ってしましました。少々ケチですが、才能のある武将である道三に対しても、不満がある十兵衛は、いったいどんな完璧な上司を望んでいるのかと心配になります。道三は、息子の孫四郎と喜平次を高政に殺されてしまい、怒り心頭となり、国を二分した戦いに進んでいくことに。

織田信長(染谷将太)

尾張の織田家というのは親戚筋がたくさんあり、出遅れていた感がある信長ですが、思わぬチャンスが舞い降りてきました。守護の斯波義統が暗殺され、その息子の義銀が信長を頼って那古屋城にやってきたのです。これで、斯波の後釜を狙っている織田彦五郎を討ち取る大義名分ができた形です。討ち取る正当な理由がある(大義名分がある)ということが、下克上や国盗りをする際の大切なポイントになってきます。

織田信光(木下ほうか)

初登場の織田信光さん。信長の父、信秀の弟で信長の叔父にあたる人物です。『麒麟がくる』では、帰蝶と話し合ったあと、清州城の織田彦五郎を討ち取ります。これは信長にとっては大変ありがたい出来事でした。清州城を手に入れ、尾張の中で頭角を現した信長ですが、彼のために手柄を立てた信光は、その後、信長の名によって暗殺されたとも言われています。

『麒麟がくる』視聴率

タイトル視聴率ストーリー第1回 光秀、西へ 19.1%光秀、斎藤道三の許しを得て京へ。三淵藤英、松永久秀、望月東庵、駒と出会う。第2回 道三の罠(わな)17.9%光秀、美濃に戻り斎藤道三と織田信秀の戦いに参戦し、戦いの虚しさを知る。第3話 美濃の国16.1%光秀、斎藤高政に美濃をどう変えれば良い国になるのか話し合いたいと伝える。第4話 尾張潜入指令13.5%光秀、尾張に潜入し、織田の館で竹千代(徳川家康)に出会う。第5話 伊平次を探せ13.2%光秀、再び京へ。本能寺で足利義輝、そして後に盟友となる細川藤孝に出会う。第6話三好長慶襲撃計画13.8%光秀、三好長慶への襲撃計画を知り阻止するが、傷を負い駒と東庵に再会する。第7話帰蝶の願い15.0%光秀、尾張に嫁ぎたくないという帰蝶と、嫁がせたい道三との間で板挟みになる。第8話同盟のゆくえ13.7%光秀、帰蝶に尾張行きを助言し、斎藤道三と織田信秀の同名に一役買う。第9話信長の失敗15.0%光秀、妻木氏の娘、熙子と再会する。帰蝶、信長と出会い父への思いを知る。第10話ひとりぼっちの若君16.5%光秀、道三に命じられ織田の情勢を探るために帰蝶の元を訪ねる。第11話将軍の涙14.3%光秀、交渉人として足利義輝に会い、今川と織田の戦を仲裁してもらう第12話十兵衛の嫁14.6%光秀、熙子を嫁にもらい母と叔父を安心させる。第13話帰蝶のはかりごと15.7%光秀、道三に土岐頼芸との戦をやめるように願う。その後、聖徳寺に供をする。第14話聖徳寺の会見15.4%光秀、道三と高政の考え方の対立に意見を求められ、高政に同調する。第15話道三、わが父に非ず14.9%光秀、美濃の守護代となった高政と隠居した道三の争いに巻き込まれる。第16話第17話第18話第19話第20話

出典元:ビデオリサーチ参照

あわせて読みたい

海外ドラマboardの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月27日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。