第2の『ブレイキング・バッド』!Netflix『オザークへようこそ』にまつわる製作秘話7選

メキシコ麻薬カルテルの資金洗浄に手に染めざるを得なくなった平凡な会計士の運命を描くNetflixの犯罪サスペンスドラマ『オザークへようこそ』は、第2の『ブレイキング・バッド』とも呼ばれているNetflix製作の犯罪サスペンスドラマ。一度観だしたら止まらなくなってしまう、本シリーズにまつわる製作秘話7選をご紹介!

ドラマはクリエイターが青春時代を過ごした土地が舞台に!

この投稿をInstagramで見る

Nothing depreciates in value faster than good intentions. #OzarkS3

OZARK(@ozark)がシェアした投稿 -

『オザークへようこそ』の主人公は、メキシコ麻薬カルテルの資金洗浄に加担していた同僚の尻拭いをせざるを得なくなった、平凡な会計士マーティ・バード。

マーティは、麻薬絡みの大金を洗浄するためにミズーリ州オザークに目を付け、リゾートを開発することでマネー・ロンダリングを開始するのですが、一見平和そうなオザークにはドラッグ・ビジネスが蔓延り、縄張り争いに巻き込まれたうえFBIの捜査の手が及び、バード一家は窮地に追い込まれる…という展開に。

本シリーズで共同クリエイターを務めるビル・ドゥビュークがオザークを舞台に選んだのは、彼が10代だった時に、同地に今も存在するアルホア・リゾート&マリーナという施設でバイトをしたことがあり、この場所が大好きだからだそうです。

よって、本シリーズはドゥビュークの想い出や、オザークへの思い入れが大きく反映された作品となっているようです。

120万ポンドを強奪した英犯罪者がオザークに身を隠していた!

『オザークへようこそ』は共同クリエイターの想い出の場所が舞台になっていますが、物語は完全なるフィクションです。

しかし、実際に起きた事件に発想を得た可能性があり、1993年に英サフォークのフェリックストーで現金輸送車の運転手をしていたエディ・メイハーという男が、自分が運転していた車から120万ポンド(現為替で約1億6000万円)を盗んでアメリカへ逃走する事件が発生。

最初、メイハーと彼の家族はコロラド州に隠れていましたが、その後にオザークヘ所を移して逃亡から20年も身を隠し続けていたとのこと。

最終的に、2013年にメイハーの息子の妻が当局に通報して犯人の逮捕に至り、なんとメイハーはホラーの帝王と同じ“スティーヴン・キング”と名前を変えて暮らしていたそうです。

もしかしたら、この事件を耳にしたクリエイターが、『オザークへようこそ』を製作するうえでインスピレーションを受けた可能性はありそうですね。

『オザークへようこそ』をテーマにしたレストランもオープン!

『オザークへようこそ』の成功により、ミズーリ州オザークに注目が集まるのは自然な成り行きだったようで、シリーズが配信開始されてからというもの現地は観光客で賑わうようになり、かなりドラマが村おこしに一役買ったようです。

オザークには、主人公の名前を冠した「Marty Byrde's Bar and Grill」というレストランがオープンし、そこではルース(マーティの右腕的存在の少女)のスモークしたチキンウィングや、ウェンディ(マーティの妻)のフィリー・ステーキ・サンドイッチなどがメニューにあるそうです。

すっかり観光スポットとなったオザークですが、実際にドラマの撮影はジョージア州アトランタで行われています。

出演を望んでピーター・ミュランに熱烈アピール!

第2の『ブレイキング・バッド』!Netflix『オザークへようこそ』にまつわる製作秘話7選

https://images2.minutemediacdn.com/image/upload/c_fit,f_auto,fl_lossy,q_auto,w_728/v1555463069/shape/mentalfloss/555132-netflix3.jpg?itok=vvVy0GSS

製作総指揮も務めるマーティ・バード役のジェイソン・ベイトマンとクリエイターは、脚本さえ仕上がっていない段階で出演してもらいたくて必死になってアプローチしていたのが、シーズン1&2でジェイコブ・スネル役を演じたピーター・ミュランだったのだとか。

オザークで蔓延る犯罪を仕切っているジェイコブを演じたピーター・ミュランは、米HBOのSF大作ドラマ『ウエストワールド』や、Netflixの新作ファンタジードラマ『ニミュエ 選ばれし少女』などで活躍しているイギリス出身の俳優です。

ジェイソンは、犯罪サスペンスドラマ『トップ・オブ・ザ・レイク ~消えた少女~』に出演していたピーターを観て、絶対に『オザークへようこそ』に出演してもらいたいと熱望し、熱烈なアピールが功を奏して出演契約を取り付けることが出来たそうです。

製作チームがFBIから資金洗浄について学ぶ

この投稿をInstagramで見る

Singles only.

OZARK(@ozark)がシェアした投稿 -

シリーズでは、主人公マーティ・バードがメキシコ麻薬カルテルのドラッグマネーをいかに洗浄するかが物語の中心となるため、どのように現実世界で資金洗浄が行われているかを学ぶために、クリエイターがFBIに協力を求めたとのこと。

そして製作チームは、実際にマネー・ロンダリングを捜査しているエージェントを呼び寄せ、一日中コンサルティングを受けて脚本の執筆に備えたそうです。

ジェイソン・ベイトマン主演のコメディドラマ『ブル~ス一家は大暴走!』のイースターエッグあり!

主人公マーティを演じるジェイソン・ベイトマンは、米FOXで放送されたファミリー・コメディドラマ『ブル~ス一家は大暴走!』に主演していました。

本シリーズは、家族経営の会社で社長を務める父親ジョージ・ブルースが不正会計で逮捕されて一家の資産が凍結されてしまったため、次男マイケルと彼の息子ジョージが変人ばかりの家族を養おうと奮闘する姿が、ブラックユーモアたっぷりに描かれます。

そして、ブルース家が不正をして手にした金の一部となる25万ドルが、冷凍バナナ・スタンドの壁に隠されているのですが、『オザーク』でもマーティがロッジの壁に資金洗浄したお金を壁に隠すシーンがあり、ちょっとした『ブル~ス一家は大暴走!』へのオマージュとなっていました。

主演のジェイソンが監督賞を受賞する快挙を果たす!

マーティ役で主演するジェイソン・ベイトマンはカメラの裏側でも大活躍し、『オザークへようこそ』では製作総指揮を務めるだけでなく10話にわたり監督も務めています。

そして、2019年に開催された第71回エミー賞では、米HBOの大河ファンタジードラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』や『キング・オブ・メディア』、Huluの『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』といった傑作シリーズのエピソードでメガホンを取った強豪監督を蹴散らし、ジェイソンが監督賞を受賞!

主演俳優が監督を務めたエピソードがノミネートされるだけでも快挙なのに、見事に受賞を果たしたジェイソンは、授賞式で自分の名前を聞いて「信じられない」といった表情を浮かべていました。

'Ozark' Netflix TV Series Facts | Mental Floss

あわせて読みたい

海外ドラマboardの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月11日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。