【英語を話す「大事な心構え」を学ぶ】『キムさんのコンビニ』のドタバタ家族から目が離せない

韓国人のキムさんはコンビニを経営しています。そこで繰り広げられる、キムさんの家族とお客さんのドタバタコメディ。北米の大手レビューサイトで高評価を獲得し、6,000以上のレビューがある人気ドラマ。英語を勉強している人にもオススメで、英語を話す「大事な心構え」をキムさんから学びました。

※はじめに

カナダに住んでいるアジア人である自分や英語の考え方と、このドラマの「差(区別)」についてレビューを書いています。どこの人種や文化が素晴らしいなどの「優劣(差別)」をつける意図はありません。それを了承して読んで下さると嬉しいです。

どんなお話?

【英語を話す「大事な心構え」を学ぶ】『キムさんのコンビニ』のドタバタ家族から目が離せない

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BODQxMmI3ZGQtOGRlNy00MzI3LWE3ZmItOWRjM2I2YjQyYzgzXkEyXkFqcGdeQXVyMzI2MzYyNzI@._V1_SY1000_CR0,0,811,1000_AL_.jpg

『Kim's Convenience』はカナダのドラマで、韓国人家族が主役。韓国から移民したキム夫婦は、カナダのトロントでコンビニ経営をしています。彼らには、カナダで生まれ育った息子と娘がいます。その家族とコンビニに来るお客さんとのやりとりを描いています。

高評価を獲得している

【英語を話す「大事な心構え」を学ぶ】『キムさんのコンビニ』のドタバタ家族から目が離せない

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BMjQ1ODQxOTYwNl5BMl5BanBnXkFtZTgwMTg2NjgzMDI@._V1_.jpg

ジャンルはコメディドラマ。1シーズン13話から構成されていて、1話30分。現在シーズン4まで放送されていて、あと2シーズン製作されるそうです。アメリカの大手レビューサイト「Rotten Tomatoes」では93%の高評価。「IMDb」では★10のうち8以上の評価で、6,000を超えるレビューがあります。

感想

【英語を話す「大事な心構え」を学ぶ】『キムさんのコンビニ』のドタバタ家族から目が離せない

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BNDViMGVjYTAtMzAyNS00YTg0LWEyYWQtZTA0YjJiZGRmYzJhXkEyXkFqcGdeQXVyMjYxMDY3NjA@._V1_.jpg

「韓国ドラマ」と呼んでいいのか分からないのですが、アジア人が主役になるのはカナダに住むひとりのアジア人として嬉しく思います。これまでのハリウッドやエンターテイメント界では白人の人たちが中心でした。「それが悪い」という意味ではなく、今は人種や文化関係なく、いろんな人が活躍できる場に変化していることを実感します。

『Kim's Convenience』は、爽やかな雰囲気があるドラマ。コンビニを中心に起こるドタバタコメディだから、楽しく観ることができます。毎話心を揺さぶられるような大きな出来事はないのですが、登場人物たちの日常が気になる!どこにでもあるコンビニ、どこにでもいそうな家族の話が素朴で親しみやすいのです。

キムさんと家族

【英語を話す「大事な心構え」を学ぶ】『キムさんのコンビニ』のドタバタ家族から目が離せない

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BZmQ2ODgzMzEtMzc2My00YWNkLThjODEtOTc3NWVlMDY1OTljL2ltYWdlL2ltYWdlXkEyXkFqcGdeQXVyMjg2MTMyNTM@._V1_.jpg

お父さんは、素直になれずに娘や息子に悪態をついてしまうのです。ひと昔前の日本の頑固オヤジみたいな印象。そこにお母さんが上手に間に入ります。ちょっと強引な一面もありますが、家族を想っての行動だから憎めないのです。

芸大に通う娘は韓国とカナダの文化の違いに悩んだり、過保護な両親に苛立ったりして、衝突することも多々あります。それでも両親への敬意を忘れません。

息子は10代の時に少年院に入っていました。今は更生して真面目に働く青年に。だけど実家には寄り付かず、父親とは口を聞いていません。母親と妹だけは、父に内緒で会っています。

英語を話す上で「大事な心構え」を学ぶ

【英語を話す「大事な心構え」を学ぶ】『キムさんのコンビニ』のドタバタ家族から目が離せない

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BMGZkMjcxMWEtMGMwNi00MjRkLWFiMTgtYWY4NjFiNGRhY2Y2XkEyXkFqcGdeQXVyNzA5MzMzNjk@._V1_.jpg

子供たちに比べるとキム夫妻は英語がバラバラだけど、一生懸命話してるのがカッコいい。両親は英語や文化に戸惑うけど、分からないことはハッキリ聞く、英語が変だろうが文法がちぐはぐでも堂々と話しています。このドラマを見ていると、「英語の正しさの前に、真剣に伝えることが大切なのかも」と学びます。筆者はシャイで、英語を話す時に尻込みしてしまうのですが、彼らを見ているともっと声を大きくして、下手でもハッキリ話そうって思いました。

カナダは色んな国から来た人たちが住んでいるから、人種も文化も言葉のアクセントも様々です。筆者も痛感するのは、自分が生まれ育った日本の「常識」が通用しません。自分の「常識」が誰かの「非常識」になってしまい、誤解を生むこともあります。でもお互いの「違い」を話し合うと誤解が解けて、理解が深まります。恋人と同じように話し合っていかないと、相手のことが分からないのです。

このドラマにも、色んな人が登場します。キムさんは思ったことをどんどん口にしてしまうタイプ。キムさんもお客さんの中にも訛りがあって、お互い聞き取れないことで喧嘩することも。

そんなキムさんですが、トランスジェンダーとドラッグクイーンの違いがわからないから、本人に聞きます。他の人が聞きにくい繊細なトピックも彼は堂々と質問するため、彼の裏表の無さを好むお客さんもいます。

疑問を素直に聞くところを、お手本にしたいです。コンビニでのやりとりだけど、家族の物語やお客さんとのハチャメチャで笑えるシーンが楽しいです。見ている人を飽きさせないのが上手なドラマ。

実在する「Kim's Convenience」

この「Kim's Convenience」は、トロントに実際にあるお店です。もともとは「Mimi Variety」という名前でした。コンビニのオーナーはお店の名前を変えることも、外側のシーンを撮影に使うことにも問題なかったそうです。

このドラマのプロデューサーは、撮影に合うコンビニを探し続けたそう。それで見つかったのが、このコンビニ。中に入ってイマジネーションが溢れたんだとか。「Kim's Convenience」は今や、ファンがたくさん訪れる場所になっています。

ちなみにキムさんの息子が務めるレンタカー屋さんとコンビニ内部は、トロントの Lake Shore Boulevard にある「ショウライン・スタジオ」で撮影されています。コンビニの内装も、実際の「Kim's Convenience」を再現しているそうです。

キム夫妻役の人たちは、実は訛りがない?

【英語を話す「大事な心構え」を学ぶ】『キムさんのコンビニ』のドタバタ家族から目が離せない

TORONTO, ON - MARCH 11: Paul Sun-Hyung Lee poses in the press room at the 2018 Canadian Screen Awards at Sony Centre for the Performing Arts on March 11, 2018 in Toronto, Canada. (Photo by Isaiah Trickey/FilmMagic)

ドラマでは訛りのある英語を話すキム夫妻ですが、実際の彼らは訛りがありません。お父さん役のポール・サン・ヒョンジュ・リーは、カナダ生まれのカナダ育ち。両親が韓国からカナダに移民してきたそうです。

【英語を話す「大事な心構え」を学ぶ】『キムさんのコンビニ』のドタバタ家族から目が離せない

TORONTO, ONTARIO - MARCH 31: Actress Jean Yoon attends the 2019 Canadian Screen Awards Broadcast Gala at Sony Centre for the Performing Arts on March 31, 2019 in Toronto, Canada. (Photo by George Pimentel/Getty Images)

お母さん役のジーン・ユンはアメリカで生まれて、カナダで育ちました。驚いたのは、ポールよりもジーンの方が9歳上だったこと。ドラマではポールが年上に見えます。

さいごに

【英語を話す「大事な心構え」を学ぶ】『キムさんのコンビニ』のドタバタ家族から目が離せない

TORONTO, ON - MARCH 11: (L-R) Simu Liu, Andrew Phung, Paul Sun-Hyung Lee, Jean Yoon, Andrea Bang, Nicole Power and Ivan Fecan arrive at the 2018 Canadian Screen Awards at the Sony Centre for the Performing Arts on March 11, 2018 in Toronto, Canada. (Photo by George Pimentel/Getty Images)

まだ最新シーズンに追いついていないのですが、ゆっくり観ていこうと思います。笑いあり、驚きあり、たまにホロリ?なこの家族から目が離せません。楽しいドラマです。

あわせて読みたい

海外ドラマboardの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月9日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。