『エミリー、パリへ行く』を見たフランス人が「あり得ない!」と思った設定 5選

       
『SATC』のダレン・スター製作×リリー・コリンズ主演で話題のNetflixドラマ『エミリー、パリへ行く』。きらびやかなファッション&ライフスタイルが魅力的な本作ですが、フランスの人々がどう思ったかは気になるところ。以下より、NY Timesの調査で分かった実際のフランスではあり得ない設定を5つご紹介します!

Netflix新作ドラマ『エミリー、パリへ行く』

【あらすじ】
シカゴで働くアメリカ人のエミリー(リリー・コリンズ)は、突如 上司の代わりにフランスのパリにあるマーケティング企業へ転勤することになる。最初は文化の違いや言葉の壁に戸惑うエミリーだが、新天地でキャリアを積み、新しい女友達や魅力的な男性たちと関係を深めていく……。

おしゃれアイコンのリリー・コリンズ&ダレン・スターのタッグと聞いただけで、ファッション好きなら間違いなくマスト案件。 
それもファッションの都パリで、美し過ぎるキャストたちが、『SATC』『プラダを着た悪魔』のパトリシア・フィールドが手掛けた衣装を着こなしているのだから、もはや眼福の極みだ。

そんな本作を見ると猛烈にパリへ行きたくなるのだが、一方で「本当にフランス(人)ってこんな感じなの?」と疑問に思う場面がたびたび登場する。渡仏経験のない筆者だが、どうやらこの引っかかりは的外れではなさそうだ。

ニューヨーク・タイムズによると、実際に本作の予告編がリリースされた後、フランスの人々はすぐさまネタにし始めたよう。仏ラジオ局RTLは、「ベレー帽やカクテルドレス、完璧なストリートまで、パリジャンたちが自身の日常生活だと認識するのは困難であった」と、ドラマと現実がかけ離れていることを強調した。

また、ニューヨーク・タイムズは22歳~81歳までのパリジャン/パリジェンヌ12人以上に、本作のエピソードを見せて調査を実施。すると、案の定「クリシェ(ありきたりな表現)」や「ステレオタイプ」といった意見が圧倒的に多かったようだ。

以下より、そんなパリ市民たちが「これはあり得ない!」と判断したシーン/設定を順番に見ていこう。

①ファッションがパリの街並みに合わない!?

主人公エミリーは、毎回違うピンヒールの靴を履き、高級なアンサンブルを着て登場する。この惚れ惚れするファッションが最大の魅力ではあるのだが、実のところパリの街並みには全くマッチしないのだそう!さらに、シャネルやルブタンなどハイブランドを多く所有しているため、彼女の予算に収まるはずがないとの指摘も出ている。

②翻訳アプリでコミュニケーションは無理

フランス語を話せないエミリーは、英語話者のヘルプがない限り、スマホの翻訳アプリに頼りきり。しかしパリっ子いわく、現実世界でコミュニケーションをとる場合、「あんなもの全く機能しない」とのこと。(フランスに限ったことではない気も…?)

③オフィスで「ビズ」はあり得ない

フランスの企業のディレクターが、初対面のエミリーにビズ(キスするように両頬を合わせる挨拶)をする。定番のフランス式挨拶とはいえ、オフィスでプロフェッショナル同士がビズをするのは常識外れだそう!

④許可を得ず喫煙はしない

さらに、そのディレクターの喫煙に関してもツッコミあり。喫煙のイメージが強いフランス人だが、許可を得ずにタバコを吸うことはあり得ないのだそう。さらに、屋内は全面禁煙のため、フランスのオフィス内で喫煙することはできない。(※写真はエミリーの上司シルヴィー。)

⑤「性的な表現」に寛容ではない

女性モデルを起用した香水の広告キャンペーンについて、「性差別」か「セクシー」かでエミリーと企業側の意見が対立する。
あたかもアメリカでは受け入れられない性的な広告が、パリでは問題ないかのように描いているが、もちろん事実ではない。2017年の#MeToo運動以降、フランスの広告主やマーケターも「性」を利用することに慎重になっており、このシーンを見た仏コンサル企業のエグゼクティブからは「フランス人であることは関係ありません。このようなキャンペーンは炎上するでしょう。」との意見が出ている。

ドラマはすでに多くのファンを獲得!

こうして次々ツッコミの入る本作だが、パリ市民たちは完全にばかにしているわけではなく、クリエイターたちが「明らかにクリシェを楽しんでいる」と見なしているよう。

ドラマ自体は純粋に楽しめる作品であり、すでに多くのファンを獲得。視聴者たちは本作が描くパリの姿とファッションに陶酔し、劇中でエミリーが使っていたアイテム(カメラ型のiPhoneケース)は、米Amazonで完売してしまったそう!(筆者も実際に検索した1人である。)

パリという街への理想やクリシェを集めた『エミリー、パリへ行く』は、まさに夢のような世界。自由に海外旅行できなくなった今、気軽に現実逃避するにはピッタリではないだろうか?

『エミリー、パリへ行く』シーズン1全10話は、Netflixで独占配信中!

〇原案:ダレン・スター
〇キャスト:
リリー・コリンズ(エミリー・クーパー役)
リュカ・ブラヴォー(ガブリエル役)
フィリピーヌ・ルロワ=ボリュー(シルヴィー役)
アシュリー・パーク(ミンディー役)
カミーユ・ラザ(カミーユ役)
サミュエル・アーノルド(ジュリアン役)
ブリュノ・グエリ(リュック役)

エミリー、パリへ行く | Netflix (ネットフリックス) 公式サイト

参照:

‘Ridicule’: The French Reaction to ‘Emily in Paris’ - The New York Times

How to shop fashion from 'Emily in Paris' Netflix show - Insider

あわせて読みたい

海外ドラマboardの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月6日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。