東京・上野で開催中の「キング&クイーン展」に行ってきました!

東京・上野で開催中の「キング&クイーン展」に行ってきました!
拡大する(全7枚)
2020年10月10日~2021年1月11日まで、上野の森美術館でおこなわれている、“ロンドン・ナショナル・ポートレートギャラリー所蔵『KING&QUEEN展』-名画で読み解く英国王室物語-”へ行ってきました。イギリスのロイヤル・グッズ・コレクターである私。ぜひ行かねば!と、とっても楽しみにしていた展示です。

ポートレートとは?

ポートレートとは、肖像画や肖像写真のことです。今回の展示は、ロンドンにあるナショナル・ポートレートギャラリーの所蔵品の中から、約500年の間に描かれた90点の肖像画と肖像写真が来日、展示されています。

東京・上野で開催中の「キング&クイーン展」に行ってきました!...の画像はこちら >>

ポートレートは何のために描かれた?

イギリスでは16世紀以降に、肖像画の制作が始まったそうです。時の権力者や貴族などの威光をあらわす意味や、家族へ受け継ぐ生きた証の意味もありましたが、写真が発明されていない時代には、お見合い用にも使われたそうです。
 とくにロイヤル・ファミリーの場合、政略結婚も多かったので、実物より若干盛った状態で描かれることもよくあったとか。肖像画を見て結婚を決め、いざ本人に会ってみたら「こんなはずでは!」という悲喜劇もよく起きたそうです。

東京・上野で開催中の「キング&クイーン展」に行ってきました!

音声ガイド・ナレーションは、元宝塚の明日海りおさんが担当

テューダー朝から、現在のウインザー朝まで

展示室は王朝別で、1485年に始まったテューダー朝から、現在のウインザー朝まで6室に分かれています。
テューダー朝の王様といえば、有名なのがヘンリー8世(1491-1547)。6度の結婚を正当化するために、ローマン・カトリック教会から分離し、イングランド国教会を設立しました。
 若いころはやせていて、長身のイケメンだったそうです。とても魅力的な人物で頭もよく教養もあり、スポーツも万能。カリスマ性のある王様でした。
 しかしハンス・ホルバイン(原作:1536年)の有名な肖像画(展示品は17世紀作?)からは、それを感じることは難しいです。
ヘンリー8世は贅沢好きだったため、国の財産を浪費し、国庫は困窮していきました。イングランド国教会を作ったのも、ローマン・カトリックの教会や修道院が持っていた財産を奪うためだったともいわれています。彼の晩年は、肥満による病気と、精神的の不安定に悩まされ、あまり幸せではなかったようです。

 もう1点、この展示室では、ヘンリー8世の娘であるエリザベス1世の肖像画(1588年頃、作者不詳)も有名です。「エリザベス・カラー」という独特な襟、ゴージャスな真珠のネックレス(重たそう!)などなど、衣装も見どころ満載です。


この記事の画像

「東京・上野で開催中の「キング&クイーン展」に行ってきました!」の画像1 「東京・上野で開催中の「キング&クイーン展」に行ってきました!」の画像2 「東京・上野で開催中の「キング&クイーン展」に行ってきました!」の画像3 「東京・上野で開催中の「キング&クイーン展」に行ってきました!」の画像4
「東京・上野で開催中の「キング&クイーン展」に行ってきました!」の画像5 「東京・上野で開催中の「キング&クイーン展」に行ってきました!」の画像6 「東京・上野で開催中の「キング&クイーン展」に行ってきました!」の画像7
編集部おすすめ

当時の記事を読む

海外ドラマboardの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

海外セレブニュースランキング

海外セレブランキングをもっと見る
お買いものリンク