黒蜜飴玉が選ぶ2020年海外ドラマベスト10+ベスト部門賞

黒蜜飴玉が選ぶ2020年海外ドラマベスト10+ベスト部門賞
拡大する(全16枚)
年間67作を鑑賞した黒蜜飴玉が独断と偏見によりチョイスした『2020年海外ドラマベスト10作品とベスト部門賞』をご紹介します。年始、外出自粛(ステイホーム)のおともにぜひ参考にしてくださいませ。ネタバレはほぼなし、シーズン2以降の内容に触れない安心設計です【BEST TV SHOWS OF 2020 -Where is my milk?- 】

2020年海外ドラマベスト10

コロナ禍に始まりコロナ禍に終わった2020年、いや正確には終わっていない、これからもしばし続くであろうニューノーマルな巣ごもり(ステイホーム)需要に応える機会と捉え、筆者が2020年に鑑賞した日本上陸済み海外ドラマの中からベスト10をご紹介する記事です。順不同となります。予めご了承ください

1.ジェイコブを守るため

黒蜜飴玉が選ぶ2020年海外ドラマベスト10+ベスト部門賞の画像はこちら >>

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BNWE1NWM1ZDgtN2JiMi00ODc2LWJiZmItOTllZmEzMzQ3N2IwXkEyXkFqcGdeQXVyMDM2NDM2MQ@@._V1_.jpg

AppleTV+オリジナルミニシリーズ。ウィリアム・ランディの同名原作を元に「猿の惑星」シリーズ、「ウルヴァリン: SAMURAI」の脚本で知られるマーク・ボンバックが製作総指揮したドラマ。息子が殺人容疑をかけられてしまった地区検事補アンディの姿を描く。

アンディ役を演じたのはクリス・エヴァンス。彼が俳優として知られるきっかけとなったのはTVシリーズであったが、以後映画の道を歩み、彼にとっては20年ぶりのTVシリーズ復帰作にして代表作となった。


この記事の画像

「黒蜜飴玉が選ぶ2020年海外ドラマベスト10+ベスト部門賞」の画像1 「黒蜜飴玉が選ぶ2020年海外ドラマベスト10+ベスト部門賞」の画像2 「黒蜜飴玉が選ぶ2020年海外ドラマベスト10+ベスト部門賞」の画像3 「黒蜜飴玉が選ぶ2020年海外ドラマベスト10+ベスト部門賞」の画像4
「黒蜜飴玉が選ぶ2020年海外ドラマベスト10+ベスト部門賞」の画像5 「黒蜜飴玉が選ぶ2020年海外ドラマベスト10+ベスト部門賞」の画像6 「黒蜜飴玉が選ぶ2020年海外ドラマベスト10+ベスト部門賞」の画像7 「黒蜜飴玉が選ぶ2020年海外ドラマベスト10+ベスト部門賞」の画像8
「黒蜜飴玉が選ぶ2020年海外ドラマベスト10+ベスト部門賞」の画像9 「黒蜜飴玉が選ぶ2020年海外ドラマベスト10+ベスト部門賞」の画像10 「黒蜜飴玉が選ぶ2020年海外ドラマベスト10+ベスト部門賞」の画像11 「黒蜜飴玉が選ぶ2020年海外ドラマベスト10+ベスト部門賞」の画像12
「黒蜜飴玉が選ぶ2020年海外ドラマベスト10+ベスト部門賞」の画像13 「黒蜜飴玉が選ぶ2020年海外ドラマベスト10+ベスト部門賞」の画像14 「黒蜜飴玉が選ぶ2020年海外ドラマベスト10+ベスト部門賞」の画像15 「黒蜜飴玉が選ぶ2020年海外ドラマベスト10+ベスト部門賞」の画像16
編集部おすすめ

当時の記事を読む

海外ドラマboardの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

海外セレブニュースランキング

海外セレブランキングをもっと見る
お買いものリンク