実はフランス語が得意?!「エミリー、パリへ行く」リリー・コリンズの意外な真実8選

実はフランス語が得意?!「エミリー、パリへ行く」リリー・コリンズの意外な真実8選
拡大する(全3枚)
シーズン2の配信が待ちきれない、Netflixオリジナルドラマ「エミリー、パリへ行く」。今回は、ポジティブでキュートな主人公エミリー・クーパーを演じる、リリー・コリンズのちょっと意外な一面や、興味深い素顔を 集めてみました。

1.リリー・コリンズはイギリス出身

「エミリー、パリへ行く」では、アメリカ人を演じるリリー・コリンズですが、実はイギリス生まれの英国人。

リリーの父親は、英国人ミュージシャンのフィル・コリンズです。

リリーが5歳のときに両親が離婚し、アメリカ人の母親とともにロサンゼルスへ引っ越しています。

いまでこそバリバリのアメリカ英語を話していますが、リリーのもともとの発音はイギリス英語。

アメリカの学校でイギリス英語をからかわれ、必死でアメリカ英語の発音を練習したのだとか。

今でも、ときどきイギリス英語の発音に戻ってしまうことがあるそうです。

映画「あと1センチの恋」では、完璧なイギリス英語を披露していましたね!

こちらの動画は、アメリカ英語でイギリス英語のスラングを解説する、不思議なシチュエーション(^^)

2.リリー・コリンズはフランス語が話せる

「エミリー、パリへ行く」のエミリーは、フランス語が壊滅的に話せす、どこでも英語で突き通す典型的なアメリカ人。

パリ行きが決まったとき、恋人にフランス語ができない問題はどうするのかと聞かれても、

「Fake it till you make it!」
(本当にできるようになるまで、できるふりをしろ!)

と、アメリカ人らしい楽天的な返事をして、パリでえらい目に合ってしまいましたが…

実生活では、リリー・コリンズはフランス語が話せるそうです。

学校ではフランス語を話し、スイス人ハーフの弟とはフランス語で会話。

一時期は、夢もフランス語で見ていたほど流暢だったのだとか!

しかし、弟の英語が上達すると、徐々にフランス語を使う機会はなくなったようです。

「エミリー、パリへ行く」の撮影には、「スタッフとの会話は完全にフランス語で!」という意気込みで臨むも、フランス語ができないエミリーを演じているうちに、リリー本人のフランス語も下手になってしまったと語っています(^^;)

3.リリー・コリンズはインスタグラム派

実はフランス語が得意?!「エミリー、パリへ行く」リリー・コリ...の画像はこちら >>

https://www.imdb.com/title/tt8962124/mediaindex?refine=nm2934314&page=1&ref_=tt_mv_close

「エミリー、パリへ行く」のエミリーの仕事は、ソーシャルメディア・マーケター。

ドラマ内でも、インスタグラムにスマホで撮影した写真をアップするシーンが度々登場しますよね。

リリー・コリンズ自信も、プロポーズの瞬間をアップするなど、SNSが大好き。

ただし、Twitterはあまり好きではなく、エミリーと同じくインスタグラム派なんだそうです。

リリーのプライベートな写真をチェックするなら、インスタグラムですよ(^^)

ちなみに、「エミリー、パリへ行く」でエミリーが使っているカメラのスマホカバーは、ドラマ効果で完売状態。

リリー本人も買えないほどの人気ぶりとなっています。

なぜこのスマホカバーなのかというと、「セックス・アンド・ザ・シティ(SATC)」のキャリー・ブラッドショーといえばチュチュ、というように、エミリーにもアイコニックな小道具が必要だと話し合っているときに、たまたまスタッフが使っていたスマホケースを見て「これだ!」となったそうです。

4.リリー・コリンズは2歳で俳優デビュー

リリー・コリンズは、なんと2歳でデビューしたベテラン俳優。

初出演作は、イギリスBBC1のドラマ「Growing Pains」(『愉快なシーバー家』のイギリス版)でした。

しかし、セレブ一家に生まれ、早くから芸能活動をスタートし、何かと誘惑の多い世界にいた関わらず、私生活ではお酒も飲まず、ドラッグもやらない、夜な夜なパーティーに出歩くのは自分のスタイルではないという、とてもしっかりした考えの持ち主。

アルコール依存で命すら落としかけたという父親のフィル・コリンズが反面教師になっているのかもしれませんね。

5.リリー・コリンズは10代の頃摂食障害に悩まされた

実はフランス語が得意?!「エミリー、パリへ行く」リリー・コリンズの意外な真実8選

To the Bone

https://www.imdb.com/title/tt5541240/mediaviewer/rm1329016576/

Netflix映画「心のカルテ(原題:To the Bone)」で、拒食症の主人公を演じたリリー・コリンズ。

映画そのものの評価もよかったのですが、とくに高く評価されたのが、リリーの演技でした。

実は、リリー自信も、10代の頃に摂食障害に悩まされた経験を自伝で告白しています。

ちょうど摂食障害の経験について執筆した1週間後に、この映画の脚本がきたそうです。

告白をする決意をしたのは、若い人の間でタブーとなっている話題をオープンにして、話し合うきっかけにしてほしかったからと語っています。

6.リリー・コリンズはジャーナリストになっていたかもしれない

リリー・コリンズは、南カリフォルニア大学(SCU)でアネンバーグ・コミュニケーション・ジャーナリズムを専攻。

10代の頃には、イギリスの雑誌「Elle Girl 」に「NY Confidential 」というコラムを連載していたほか、with「Seventeen」、「Teen Vogue」 そして「the Los Angeles Times」に寄稿していたと実績を持つ才女です!

2017年には、自伝も出版しています。

7.リリー・コリンズは眉毛は自前で自分でお手入れ

リリー・コリンズといえば、立派な眉毛ですよね!

眉毛は自前で、毎日自分でお手入れをしているそうです。

“I do it all myself - I simply look in a magnifying mirror, get the tweezers and follow the line. I don’t let anyone touch them. I really think less is more and I like to mess them up. But to be honest, I do maintenance every night,” Lily told us. They are a work of art, after all.”

(お手入れは全部自分でやってるわ。といっても、ただ拡大鏡を見ながら、毛抜きでラインを整えているだけだけど。
他の人には触らせない。できるだけ手を加えずに、ボサボサにしておきたいの。
でも、本当のところ、毎晩お手入れをしているわ。)

引用元:Lily Collins reveals the secrets behind her famous eyebrows | Glamour UK

凛々しい眉毛は、リリーが憧れるオードリー・ヘップバーンのスタイルを取り入れているのかもしれませんね。

リリー・コリンズのスキンケア&メイクアップルーティーンは、こちらの動画でチェックできます(^^)

すっぴんも美しいですね! (すっぴんでも、立派な眉毛!!)

ちなみに、リリー美肌の秘訣は、寝る前に必ずメイクを落とすことと睡眠(Beauty sleep)。

1日に8時間以上は睡眠を取るように心がけているそうです。

8.リリー・コリンズの楽しみはリアリティー・ショー鑑賞

リリー・コリンズの、休日の楽しみはテレビのリアリティー・ショー番組を観ること。

リリーのお気に入りは、「リアルハウスワイフ」、「プロジェクト・ランウェイ」 、「トップ・シェフ」。

こんなに人気のセレブなのに、意外と庶民的(^^)

実はフランス語が得意?!「エミリー、パリへ行く」リリー・コリンズの意外な真実8選

http://www.beautifulballad.org/2016/12/31/237543/

そして、趣味は読書。

とくに、J.K.ローリングの大ファンとして知られています。

リリーのハーマイオニー役を見てみたいですよね!

この記事の画像

「実はフランス語が得意?!「エミリー、パリへ行く」リリー・コリンズの意外な真実8選」の画像1 「実はフランス語が得意?!「エミリー、パリへ行く」リリー・コリンズの意外な真実8選」の画像2 「実はフランス語が得意?!「エミリー、パリへ行く」リリー・コリンズの意外な真実8選」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

海外ドラマboardの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

海外セレブニュースランキング

海外セレブランキングをもっと見る
お買いものリンク