『ドクター・ハウス』俳優がアガサ・クリスティーの小説をドラマ化!最近の新作ドラマ6選

『ドクター・ハウス』俳優がアガサ・クリスティーの小説をドラマ化!最近の新作ドラマ6選
拡大する(全5枚)
人気ドラマシリーズの更新&打ち切りだけでなく、新作ドラマの製作ニュースも続々と報じられているので、ここ最近で決定した新作ドラマ6作品をご紹介。人気医療ドラマ『Dr.HOUSE ―ドクター・ハウス―』に主演したヒュー・ローリーが、アガサ・クリスティーの小説をドラマ化し、その他にも注目の新作ドラマが登場します !

『殺人を無罪にする方法』ヴァイオラ・デイヴィスが恋愛コメディドラマをHuluでプロデュース!

『ドクター・ハウス』俳優がアガサ・クリスティーの小説をドラマ...の画像はこちら >>

LOS ANGELES, CALIFORNIA - FEBRUARY 08: Viola Davis attends the premiere of the series finale of ABC's "How To Get Away With Murder' at Yamashiro Hollywood on February 08, 2020 in Los Angeles, California. (Photo by Paul Archuleta/Getty Images)

米ABCの人気サスペンスドラマ『殺人を無罪にする方法』で、6シーズンにわたり弁護士のアナリーズ・キーティングを演じたヴァイオラ・デイヴィスが、仮題となる恋愛コメディドラマ『Unf$?%ables』をHuluで製作することが発表されました!

本シリーズの主人公は、意に反して一緒に暮らすことになった親友同士のアジア系男性と黒人女性。まったくモテない2人が、「これ以上、“ヤレない相手”として見られるは懲り懲り!」と現在の状況から抜け出そうと決心し、そんな2人が繰り広げる恋愛模様が描かれます。

ヴァイオラが夫と一緒に製作総指揮を務める!

『Unf$?%ables』は、ジョン・ストラウスと共同脚本を務めるアジア系のジェレミー・フスの実体験が軽く下敷きになっており、映画やドラマで主人公として描かれることが少ないペア、アジア系&黒人の恋愛を綴る少し趣向が変わった作品になる模様。

フスがクリエイターも兼任するシリーズで、ヴィオラは夫で俳優のジュリウス・テノン(『クリミナル・マインド FBI行動分析課』)で共同製作総指揮を務める予定。

現時点では、ヴィオラが出演も兼ねるのかどうかは不明です。

‘Unf$?%ables’ Comedy Series In Works At Hulu From Juvee Productions – Deadline

ヒュー・ローリーがアガサ・クリスティーの原作をドラマ化!

『ドクター・ハウス』俳優がアガサ・クリスティーの小説をドラマ化!最近の新作ドラマ6選

LOS ANGELES, CA - APRIL 20: Actor Hugh Laurie arrives at Fox's "House" Series Finale Wrap Party at Cicada on April 20, 2012 in Los Angeles, California. (Photo by Gregg DeGuire/FilmMagic)

大ヒット医療ドラマ『Dr.HOUSE ―ドクター・ハウス―』で8シーズンにわたりグレゴリー・ハウス医師役で主演したヒュー・ローリーが、アガサ・クリスティーの小説「なぜ、エヴァンズに頼まなかったのか?」をドラマ化することが発表されました!

小説の主人公は、ゴルフの最中に崖から転落した男を見つけた牧師の息子、ボビイ・ジョーンズ。、その男がボビイに、「なぜ、エヴァンズに頼まなかったんだ?」と謎の言葉を残して息を引き取り、ボビイはその言葉と彼のポケットに入っていた女性の写真を手掛かりに、事件を解決しようと奔走する…というストーリー。

ヒューは脚本家&監督としても活躍!

ヒューは、「子どもの時から、小説「なぜ、エヴァンズに頼まなかったのか?」が大好きだった」とコメントしており、現時点では全3話となるドラマ版に出演することは考えていない模様。まずは、脚本に専念することが最優先だと述べていました。

これまでにヒュ-はドラマや映画に出演するだけでなく、80年代には数多くのドラマシリーズで脚本を担当。『There's Nothing to Worry About!』や『A Bit of Fry and Laurie』でペンを執り、『ドクター・ハウス』やミニシリーズ『Fortysomething』ではエピソードを監督を務めています。

Hugh Laurie To Adapt Agatha Christie’s ‘Why Didn’t They Ask Evans?’ – Deadline

『グッド・ワイフ』の脚本家がオードリー・ヘプバーンのTVシリーズを製作

『ドクター・ハウス』俳優がアガサ・クリスティーの小説をドラマ化!最近の新作ドラマ6選

Portrait of British actress Audrey Hepburn. 1965 (Photo by Pierluigi Praturlon/Reporters Associati & Archivi/Mondadori Portfolio via Getty Images)

米NBCの人気リーガルドラマ『グッド・ワイフ』で脚本を務めたジャクリーン・ホイトが、映画『ローマの休日』や『ティファニーで朝食を』などでコケティッシュな魅力を振りまいた名女優、オードリー・ヘプバーンを描く新作ドラマを手掛けることが報じられました!

現時点でタイトル未定のドラマシリーズは、オードリーの息子ルカ・ドッティとイタリア人ジャーナリストのルイージ・スピノラが共同執筆した著書「Audrey at Home」をもとに製作されるとのこと。

その著書はオードリーのインタビューや逸話、彼女のレシピ、未公開の写真などで構成され、伝記と料理本を兼ねた内容になっています。

ドラマ版では本のどの部分が焦点となるかは明かされておらず、キャスティングも未定。一体、誰がオードリーを演じるのか気になりますね!

米HBOが援助交際の世界を描くドラマ『Sugar』を製作

『ドクター・ハウス』俳優がアガサ・クリスティーの小説をドラマ化!最近の新作ドラマ6選

https://deadline.com/wp-content/uploads/2021/04/MCDSHBA_EC038.jpg?w=681&h=383&crop=1

数々の傑作を生み出している米ドラマ界の重鎮HBOが、援助交際の世界を描く新作ドラマ『Sugar』の製作を発表しました!

アメリカでは、お金や贈り物の代わりに年上男性とデートをする若い女性が“シュガー・ベイビー”と呼ばれ、日本でいう援助交際がアメリカでも存在しています。

『Sugar』の主人公は、ニューヨークに暮らす女子大生。ユダヤ系の彼女は神経質な家族と向き合いつつ、シュガー・ベイビーとしてバランスを取りながら大学生活を送っている…という設定。

本シリーズは同じテーマを扱った短編映画『Shiva Baby』が下敷きとなり、映画版を手掛けたカナダ出身のエマ・セリグマンと、HBOの『キング・オブ・メディア』やNetflixの『デッド・トゥ・ミー ~さようならの裏に~』で製作総指揮を務めたアダム・マッケイがクリエイターを務めます。

パイロット版では、セグリマンが脚本&監督も手掛ける予定です。

Sugar Baby Comedy In The Works At HBO From Emma Seligman & Adam McKay – Deadline

『Queer as Folk』がリブート!

米NBCが、1999年から2シーズンにかけてイギリスで放送されたLGBTQドラマ、『Queer as Folk』をリブートすることを発表しました!

オリジナル版では成人男性のスチュアートとヴィンス、15歳のネイサンというゲイ男性3人の生き方が描かれ、LGBTQドラマの草分け的な作品として話題を集めたシリーズ。

15歳のネイサン役を、『サン・オブ・アナーキー』に主演し、大作アクション映画『パシフィック・リム』などで活躍するチャーリー・ハナムが演じ、瞬く間に注目俳優に。そして、米Showtimeが米版リメイクを製作し、2000年から5シーズンにわたって放送されました。

米地上波局がLGBTQドラマをリブートする試みは非常に画期的!

NBCが製作するリブート版では、悲劇の余波で人生が一変したニューオーリンズに暮らす多様な友人グループが中心となり、青春映画『さよなら、ぼくのモンスター』を手掛けたスティーヴン・ダンがクリエイター&脚本&製作総指揮を担い、数話で監督も務める予定。オリジナル版のクリエイター、ラッセル・T・デイヴィスも製作総指揮に名を連ねています。

これまでにアメリカでは、ケーブル局や配信サービスではLGBTQキャラクターが大半を占めるドラマ作品が製作されていますが、地上波局では主要キャストの一人が同性愛者という設定が目立ち、NBCが『Queer as Folk』をリブートするとはかなり画期的な試みだと言えるでしょう。

この流れを汲んで、今後も地上波局でLGBTQドラマやキャラクターが増えることを願いたいですね!

‘Queer as Folk’ Reboot Ordered to Series at Peacock Streaming | TVLine

オスカー候補の脚本家が手掛ける実話をもとにした連続殺人鬼のドラマ !

『ドクター・ハウス』俳優がアガサ・クリスティーの小説をドラマ化!最近の新作ドラマ6選

https://deadline.com/wp-content/uploads/2021/04/New-Project-2.jpg?w=681&h=383&crop=1

映画『ホテル・ルワンダ』と『父の祈りを』でアカデミー賞脚色賞にノミネートされたテリー・ジョージと、「ふたつの海のあいだで」の原作者でエジプト出身の作家マリウム・ナオウムが、実話をもとに連続殺人鬼を描くドラマシリーズ『The Alexandria Killings』で共同脚本を手掛けることが明らかに!

1920年のエジプトはアレクサンドリアを舞台にしたシリーズでは、イギリスの統治下にあったエジプトに実在した、ラヤとサキナという姉妹の壮絶な人生が綴られます。

激動の時代に殺人を繰り返した姉妹の実話が描かれる!

アレクサンドリアの貧しい地域出身の姉妹は、エジプトやイギリスの将校や情報提供者、政治家といった権力を持つ人々を利用し、魅惑的な売春宿を経営して貧困から脱します。しかし、帝国の栄枯盛衰により姉妹は軽い窃盗を繰り返すようになり、その流れで起きた犯罪で17人の女性を殺害するに至ったとのこと。

ジョージはペンを執るだけでなく、トーステン・シューマッハー(『人生はシネマティック!』)らと共同で製作総指揮も務める予定です。

‘Hotel Rwanda’, ‘Between Two Seas’ Writers Team On Serial Killer Show – Deadline

この記事の画像

「『ドクター・ハウス』俳優がアガサ・クリスティーの小説をドラマ化!最近の新作ドラマ6選」の画像1 「『ドクター・ハウス』俳優がアガサ・クリスティーの小説をドラマ化!最近の新作ドラマ6選」の画像2 「『ドクター・ハウス』俳優がアガサ・クリスティーの小説をドラマ化!最近の新作ドラマ6選」の画像3 「『ドクター・ハウス』俳優がアガサ・クリスティーの小説をドラマ化!最近の新作ドラマ6選」の画像4
「『ドクター・ハウス』俳優がアガサ・クリスティーの小説をドラマ化!最近の新作ドラマ6選」の画像5
編集部おすすめ

当時の記事を読む

海外ドラマboardの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

海外セレブニュースランキング

海外セレブランキングをもっと見る
お買いものリンク