知っておきたいカラーリング剤の種類と特徴

知っておきたいカラーリング剤の種類と特徴
カラーリング剤には、どのようなものが何種類あるのでしょう?また、ヘアカラーやヘアマニキュアなどの違いは?ここでは、カラーリング剤の種類別に、特徴を解説します。種類の特徴とメリットを知り、自分に合ったカラーリング剤を選びましょう。
カラーリング剤の種類と染毛メカニズムカラーリング剤の種類は大きく下記の4種類分けられ、その4種類にそれぞれ「黒髪用」と「白髪用」のものがあります。
  • 1.ブリーチ(脱色剤) ー【医薬部外品】黒髪用
  • 2.ヘアカラー(永久染毛剤) ー【医薬部外品】黒髪用・白髪用
一般的な「ブリーチ」や「ヘアカラー」には脱色効果があります。「ヘアカラー」は、髪の内部であるキューティクルの内側「毛皮質(コルテックス)」の色素を脱色しながら、染料を髪の内部にまで浸透させることにより色を定着させています。薬事法に基づき、これらのカラーリング剤は医薬部外品に分類されます。
  • 3.ヘアマニキュア・ヘナ(半永久染毛料) ー【化粧品】黒髪用・白髪用
  • 4.一時着色料 ー【化粧品】黒髪用・白髪用
ヘアマニキュアやヘナカラーは脱色せずに髪を染色します。「ヘアマニキュア」は、絵の具のように色を混ぜて調合したものを塗布し、表面のキューティクルとその付近の毛皮質を染めます。内部深くまで染まらないのが特徴です。
また、「ヘナカラー」は植物性の天然染料で、髪のたんぱく質に色をつけます。ヘアマニキュアと違い、キューティクルの内側から染まるため、よりしっかりと染まります。「一時着色料」は、顔料(色味)を毛髪表面に付着させて一時的にカラーリングしたように見せるためのものです。スプレータイプやクリームタイプなどがあります。

あわせて読みたい

気になるキーワード

KamiMadoの記事をもっと見る 2016年1月8日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「髪型」のニュース

次に読みたい関連記事「髪型」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ヘアスタイル」のニュース

次に読みたい関連記事「ヘアスタイル」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら