アーユルヴェーダ式白湯の作り方

アーユルヴェーダ式白湯の作り方
アーユルヴェーダはインドの伝統的な予防医学で、同医学で体によいと言われてきた飲み物が白湯です。ただのお湯が、なぜ体によいとされるのでしょうか。独自の概念を交えながら、白湯の特長や作り方をご紹介します。
飲んだら心地よくなれる&体のバランスを整える「白湯」って何?インドの伝統医学・アーユルヴェーダで「最もバランスのとれた飲み物」と言われているのが白湯です。というのも、アーユルヴェーダの概念では人間の体や自然界は水、火、風から成り立っていると考えられており、白湯は3つの要素を満たす完璧な飲み物と言われています。
白湯を飲むことで体内のバランスが整えられ、最終的には幸福感を感じることができると言われているのです。しかし白湯を飲むだけで、本当に体内のバランスがとれたり心地よくなるのでしょうか?
白湯がもたらす働きアーユルヴェーダでは、お風呂で体を洗うと汚れが落ちて心地よい気分になれるのと同様に、「白湯を飲むと体の中を掃除してくれる」「白湯の熱で消化器官の働きが活発になり代謝がよくなる」などと考えられています。
腸内環境が白湯で温められ代謝が高まることで、吹き出物ができにくくなったり便秘がおさまることもあるのだそうです。さらには体内の調子が整うと、気分もすっきり、心地よい感覚に包まれるという嬉しい副産物も期待できます。
簡単!アーユルヴェーダ式白湯を作りましょうそれではインドの伝統医学が提唱する白湯を作る方法をご紹介します。...続きを読む

あわせて読みたい

KamiMadoの記事をもっと見る 2015年6月20日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。