思った色と違った・・・。 ヘアカラーの失敗はすぐにやり直しても大丈夫?

思った色と違った・・・。 ヘアカラーの失敗はすぐにやり直しても大丈夫?
       
カラーリングを行ったものの、色が思っていたものと違ったり、派手すぎたりといった場合にすぐに染め直したいと思ったことはありませんか。ヘアカラーを失敗してしまった時の染め直しや対処法について紹介していきます。
カラーのやり直しは翌日ではなく数日経ってからヘアカラー剤はアルカリでキューティクルを開いたあとに色素を入れるというメカニズムで髪の毛に色をつけていきます。しかし、実際にキューティクルが閉まり状態が安定するには1週間ほどかかります。さらに、カラー剤は頭皮にも刺激や負担を与えます。
そのためカラーをやり直したい場合、最低でも数日あけて落ち着いてからの方が髪の毛へのダメージが少なくてすみます。染め直す場合は1週間ほど開けたほうがダメージは少なくすみます。
無料で手直しを行う保証期間を設けている美容院もあります。ただし、髪の状態があまり変化しない1週間以内を、保証期間として設定している美容院も多いので、まずは担当美容師と相談してください。
トーンダウンはできるがトーンアップは難しい一旦染めてしまった髪の毛の色を変えたい場合、トーンダウンは色素を足せばよいので施術例も多いですが、トーンアップの場合は色素を抜く必要があるため、希望通りに行かない可能性もあります。染めてしまった色素を抜くためには、ブリーチが必要となる場合もあります。トーンアップは時間もかかり、ダメージも強く難しい施術です。もし現状よりもトーンアップ希望でダメージも気になる場合は、ブリーチなしで対応できるかどうか美容師に相談した方がよいでしょう。色味を変えるのは難しい一口に茶髪と言っても、アッシュ、ベージュ、グリーン、パープル、レッド、ピンク、オレンジ……など、ヘアカラーには様々な色味があります。「アッシュにしたけれどイメージと違っていた。レッド系に染め直したい」という場合の染め直しは、かなり難しくなります。

当時の記事を読む

KamiMadoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月6日の女性コラム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。