悲惨なニュースを読んだ時に陥りがちな3つの勘違い

悲惨なニュースを読んだ時に陥りがちな3つの勘違い


 日々飛び込んでくる、災害、事件、事故などの目をそむけたくなるような現実を伝えるニュースは心に重くのしかかる。米テレビ局、NBCで番組制作をしていたネイサン W. パイル氏は、常に悲惨な現実に直面していかなければならなかったという。

 そのうちパイル氏は、そういった悲しいニュースに目をするとき、陥りがちな3つの間違いに気が付いたそうだ。

【1. いつまでも読み続け、深追いしてしまう】

 悲惨な話の大筋をつかんだ後でも、ノートパソコンの画面を閉じたり、TVを消すことができない。続編や、そのニュースにまつわる意見記事を読み続けてしまう。例えば、 " いったい誰の責任なのか?” もしくは、" なぜこんなことが起こったのか?" 深追いをせずにはいられなくなる。

 すでに才能溢れる人々がこれらの疑問に取り組んでいると思いながらも、まだそのニュースを読み尽くさなければ気が済まない。無意識に、"どんなにささいなものだっていい。情報収集に向けられる私の絶え間ない努力は何かの役に立つ。"と、思ってしまう。

【2. 身近にある現実は見て見ぬふり】

 朝、自宅近くでやっている"食料の配給"を求め、飢えに苦しむ人々が作る長い行列を何気なく通り抜けながら、携帯で悲惨な話題のニュースに没頭する。自分の周囲にある苦しみのことをすっかり忘れてしまい、遠くの悲惨なニュースにばかり気を取られているのだ。

 遠隔地の出来事として悲惨な事件や悲しい話題を考えるとき、自分が直接影響を及ぼすことができる世界、つまり実際の生活圏にある現実を拒否してしまう。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2014年7月29日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。